あやかし温泉街、秋国

20話-1、建物建築・修繕鬼ヶ島の手伝い

 満月の夜から一週間が経ち、当時の悲惨たる記憶が薄れてきた朝八時頃。  花梨達の部屋内に、眠りを妨げる騒がしい目覚ましのアラーム音が鳴り響いていた。  その忌々しい音で目覚めた花梨の右腕が、慣れた手つきでアラーム音を消し、再び眠りにつくように布団の中へと吸い込まれていく。  花梨とゴーニャの寝坊癖が移ったのか、座敷童子の(まとい)もその音では一切目を覚まさずに、花梨の体をギュッと抱きしめて深い眠りについていた。  その光景を睨みつけるように見ている、朝食を持って来ていた女天狗のクロが「纏もとうとう、そっち側に行っちまったか……」と、寂しさを含んだ声を漏らすも、表情は、悪巧みを考えているワンパク小僧のようにニヤついていた。 「さて、久々に私の出番だな。どうすっかな、三人同時に起こすか? ……花梨だけガバッて起きれば、残りの抱きついてる二人も起きるだろう。よし、ここはシンプルに行くか」  そう算段を立てたクロは、一枚の小さなタオルを取り出し、脱衣所に向かってタオルを水で湿らせる。そして、部屋に戻って安らかな表情で眠っている花梨の顔に、そっと覆いかぶせて反応を伺った。  顔に覆いかぶさった濡れたタオルは、花梨の呼吸を容赦なく妨げる。呼吸を出来ていない鼻の部分が、膨れ上がったり沈んだりと繰り返す回数が早まっていく。  少しすると、酸素が供給出来ずに苦しくなってきたのか、両腕がじわじわと天井に向かって震えながら伸びていき、指先は何かを探すようにワキワキと激しく暴れ始める。  そして、限界を迎えたのか花梨が勢いよくガバッと起き上がり、その勢いで顔からタオルが剥がれ飛んで布団の上へと落ち、苦しんでいる花梨の顔が出てきた。  しかし、ゴーニャと纏はそれでもなお目を覚まさずに、起き上がった花梨の体を強く抱きしめ、ぶら下がりながら静かに寝息を立てている。  肩で呼吸をしながら一点を見据えている花梨と、テコでも起きないゴーニャと纏を見たクロは、腹を抑えて笑いを殺しながら口を開いた。 「ふ、二人がものすごい体勢で寝てやがる……。おもしれえ……」 「く、クロさん……、これ、ダメなやつ。死んじゃうやつ……」 「だよな、やっぱりマズイよな」 「……はい、次はやめてください……」 「だったら、目覚ましが鳴ったらすぐに起きんかい」 「ごもっともです……」  花梨が降参して頭を下げると、クロが勝ち誇った笑みを浮かべて「んじゃ、朝食はテーブルに置いといたぞ。今日も一日頑張ってこいよ」と言いつつ、手を振りながら花梨達の部屋を後にする。  クロを見送った花梨は、体にぶら下がって寝ている二人をそっと起こし、ベッドから下りる。私服に着替えると、ゴーニャも花梨から貰ったオレンジ色のTシャツから、青みがかっている白いロリータドレスへと着替えた。  纏も同じく、花梨から貰った黄色いTシャツから黒い和服へと着替え、寝ぼけ(まなこ)を擦ってあくびをついた。その、纏のえずき声が聞こえる歯磨きを全員で終えると、朝食が置いてあるテーブルの前へと腰を下ろす。  今日の朝食は大きなホットドッグのようで、長いパンの間には、同じ長さの太いウィンナーがギッチリと詰まっている。  細かく刻まれた飴色のタマネギも一緒に挟まれており、その上には、ケッチャプとマスタードの線が交差するようにかけられていて、見た目だけでも食欲が刺激されていった。 「ホットドッグだ、久しぶりに食べるなぁ。いただきまーす!」 「いただきますっ!」 「いただきます」  声を揃えて朝食の号令を唱えると、花梨が真っ先にホットドッグに手を伸ばして口に頬張り、ゴーニャと纏も後を追うように手に取り、小さな口であんぐりと頬張った。  ふんわりとした焼きたてのパンの香ばしい風味と、パキッと音を立てて割れたウィンナーから、染み出してくる肉肉しい旨味を含んだ油が口の中に広がり、ケッチャプのほどよい酸味と、マスタードのピリッとした辛さがその後を追いかける。  飴色のタマネギも負けじと言わんばかりに、四つの自己主張し合っている風味を、問答無用で塗り替えるほどの深い甘さを放出し、(またた)く間に包み込んでいった。 「う~ん、アメリカンな味だ。陽気な気分になるなぁ」 「ちょっと(から)いけど、おいひいっ!」 「美味しいねぇ~。ああゴーニャ、口の周りにケッチャプとマスタードがベッタリくっついてるよ。ほら、拭いて拭いて」  花梨がティッシュを二枚取り出して差し出すと、ゴーニャは慌てて受け取り、口周りに付着している赤と黄色のヒゲをゴシゴシと拭き落としていく。  その光景を横目で見ていた纏が、呆れたように鼻で笑い、半分ほど食べたホットドッグを口の中へと入れた。 「ゴーニャだらしない」 「纏姉さんも人の事を言えないですよ。纏姉さんの口周りにも、鮮やかなヒゲが生えてますからね」 「ゔっ」  それを聞いた纏も花梨からティッシュを受け取り、ゴーニャに背を向けて急いで口周りを拭くも、一部始終を見ていたゴーニャは、ニヤニヤとした視線を送っていった。  何度拭いても、口周りに鮮やかなヒゲが生えるホットドッグを完食すると、ヒゲの剃り残しがある纏が「それじゃあ、また夜来るね」と言い残し、窓から飛び降りて花梨達の部屋を後にする。  花梨も入念に口周りを拭くと、剛力酒(ごうりきしゅ)が入ったリュックサックを背負い、ゴーニャと手を繋ぎながら部屋を出て、支配人室へと向かっていった。  二人が支配人室に入るや否や、キセルの煙をふかしていたぬらりひょんが「来たな」と言い、再びキセルの煙をふかした。花梨がゴーニャから手を離し、リュックサックを背負い直しながら口を開く。 「おはようございます、ぬらりひょん様」 「おはようございますっ」 「うむ、二人共おはようさん。それじゃあ早速だが今日は『建物建築・修繕鬼ヶ島』に行ってもらう」  鬼ヶ島という単語を耳にした花梨が、思わず首を(かし)げる。 「鬼ヶ島……、鬼を退治してくればいいんですかね?」 「阿呆、退治してどうする。赤鬼と青鬼が中心になり、建築関係の仕事をしているんだ。奴らは、この温泉街の要でもあるな。と言っても、最近は居酒屋浴び飲みの修繕工事ぐらいしかしていないがな」 「ああ……、酒羅凶(しゅらき)さんに吹っ飛ばされた取り巻きさん達が、壁とか扉を破壊してる姿が容易に想像できるなぁ……」 「ふっ、正解だ。建物建築・修繕鬼ヶ島が無ければ、とうの昔にあの店は崩壊していただろう」  そう語ったぬらりひょんが、キセルの吸い殻を灰皿に落とし、新しい刻みタバコをキセルに詰め始めた。今日の目的地を知った花梨が、胸を叩きながら話を続ける。 「とりあえず建築関係の仕事もやった事があるんで、任せてください!」 「(ぬえ)の所で相当しごかれたようだなお前さんは、それじゃあ行ってこい」 「了解です! それじゃあゴーニャ、行こっか」  ゴーニャと手を繋ぎ直すと、白い煙が充満している支配人室を後にし、空気が澄んでいる外まで出ていった。  そのまま、永秋(えいしゅう)から出て左側の道を進んでいき、薬屋つむじ風の近くにある建物建築・修繕鬼ヶ島へと向かっていく。  最近二人は外を出歩く際、必ずと言っていい程に手を繋ぎながら歩いており、二人はそれについて、何の違和感も疑問も抱いていなかった。  中身の無い会話を楽しみつつ、お互いに微笑みながら建物建築・修繕鬼ヶ島の前まで来ると、歩んでいた足を止め、目的の建物をまじまじと眺め始める。  建物の大きさは、周りの建物に比べると一回りも二回りも大きく、屋根は頑丈そうな艶のある黒い瓦で敷き詰められており、建物全体は、濃い茶色の木材を使用していて平屋を思わせる作りになっている。  大きく口を開いている入口には扉が無く、外からでも中の様子が伺えた。入口の上には、黒い(ふち)に囲まれた白い看板あり『建物建築・修繕鬼ヶ島』と、太くて黒い文字で記されいる。  時折、建物内から心が安らぐ木材の匂いがフワッと漂ってきて、花梨は無意識の内に鼻で深呼吸し、にんまりと笑みを浮かべた。  リズミカルに金槌を叩く音や、ノコギリで木材を切る賑やかな音も建物内から聞こえてきて、物を作るのが好きな花梨の心が躍り、(はや)る気持ちを抑えながら「よしゴーニャ、中に入ろっか」と言い、建物内へと入っていった。 

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 邪気眼ぱいせん

    小柳和也

    ♡700pt 2019年8月30日 7時14分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    グッジョブ!

    小柳和也

    2019年8月30日 7時14分

    邪気眼ぱいせん
  • ジト目ノベラ

    桜乱捕り

    2019年8月30日 21時59分

    牧坂さん。応援スタンプと大量のポイントありがとうございます!m(*_ _)m

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年8月30日 21時59分

    ジト目ノベラ
  • ひよこ剣士

    詩月 七夜

    ♡400pt 2019年11月21日 22時21分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    頑張ってくださいね

    詩月 七夜

    2019年11月21日 22時21分

    ひよこ剣士
  • ジト目ノベラ

    桜乱捕り

    2019年11月23日 21時33分

    詩月さん。応援スタンプとポイントありがとうございます!m(*_ _)m

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年11月23日 21時33分

    ジト目ノベラ
  • ひよこランチャー

    駄ヶ目

    ♡300pt 2019年8月17日 0時05分

    今回は鬼ヶ島ですか。何が起きるかも気になりますが、鬼ヶ島ならではの料理が出るかと期待していたりします。 桃太郎になぞらえるなら、きび団子? あるいはキジ料理? キジ肉のお鍋とか、焼き鳥とか。 まあ、建築関係の仕事なら、料理は関係ないですかね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    駄ヶ目

    2019年8月17日 0時05分

    ひよこランチャー
  • ジト目ノベラ

    桜乱捕り

    2019年8月17日 21時43分

    駄ヶ目さん。コメントありがとうございます!料理は……、出ます!おツマミ程度の物ですが……( ̄▽ ̄;)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年8月17日 21時43分

    ジト目ノベラ
  • 真田幸村

    鉢棲金魚

    ♡300pt 2019年8月16日 21時27分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    続きを楽しみにしてるよ

    鉢棲金魚

    2019年8月16日 21時27分

    真田幸村
  • ジト目ノベラ

    桜乱捕り

    2019年8月17日 21時20分

    鉢棲金魚さん。とても嬉しい応援スタンプありがとうございます!m(*_ _)m

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年8月17日 21時20分

    ジト目ノベラ
  • メイド

    もりもりベース

    ♡200pt 2020年3月31日 2時32分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いいですねっ!

    もりもりベース

    2020年3月31日 2時32分

    メイド
  • ジト目ノベラ

    桜乱捕り

    2020年4月4日 21時16分

    もりもりベースさん。応援スタンプとポイントありがとうございます!m(*_ _)m

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2020年4月4日 21時16分

    ジト目ノベラ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • この世界は狙われている

    ♡38,600

    〇1,130

    異世界ファンタジー・連載中・21話 枇杷アテル

    2020年7月11日更新

    異世界が認知された現代世界。世界各地で異世界転移、転生が多発していた。 多くの人類が異世界へ連れ去れていため慢性的な人手不足に悩まされた人類はこれ以上の異世界への人口流出を防ぐため、友好的な異世界との交流のため『世界異世界対策機関-WDWC-』を設立する。 『WDWC』は異世界からの帰還者が持ち帰った技術を現世界へ取り込み、科学技術を高めると共にそれまで空想でしかなかった魔法といった非化学についても研究を進めていく。 『WDWC』には役割毎に様々な課が設置されており、その中の戦闘課があった。 戦闘課は異世界からの脅威に対して現世界を守るための役割を担っており、戦闘課職員は各自の戦闘スキルから<S>から<C>とランク分けされていた。 これは最近Bランクに昇格したばかりの暁乾斗が周囲に助けられながら異世界からの脅威と戦い、成長していく物語。

  • 熱帯魚を飼うJKたちの極彩色な日常譚

    ♡1,335,700

    〇18,655

    現代/青春ドラマ・連載中・118話 スガワラヒロ

    2020年7月10日更新

    行きつけの熱帯魚ショップを訪れた巳堂琴音は、同じ高校に通う小清水由那を発見する。 まったくの初心者だという小清水を見かねた琴音は、「師匠」として水槽のイロハを教えることに……。 琴音の幼馴染である千尋、清楚なクラス委員長の莉緒も加わって、JKアクアリストたちの学園生活はどんどん賑やかになってゆく!? 姿勢はエンジョイ、知識はガチガチ。 アクアリウムを通して交流を深めてゆく少女たちの、ちょっと百合風味な日常物語。 ※本作は「カクヨム」様にも掲載しています。が、付録はノベプラ限定です。 ※毎週金曜日17:05に本編更新します。 協力/キャラクターデザイン:卯月みそじ様 カバーイラスト:はるあや様 タイトルロゴ:黒井澪様 デフォルメアイコン:桑折様

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 女主人公の学園バトルものです!

    ♡65,600

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・89話 あくがりたる

    2020年7月12日更新

    第3次大戦後に平和の為に全世界で締結された「銃火器等完全撤廃条約」が施行された世界。 人々は身を守る手段として古来からある「武術」を身に付けていた。 そんな世界で身寄りのない者達に武術を教える学園があった。最果ての孤島にある学園。その学園は絶対的な力の上下関係である「序列制度」によって統制され40人の生徒達が暮らしていた。 そこへ特別待遇で入学する事になった澄川カンナは学園生徒達からの嫌がらせを受ける事になるのだが…… 多種多様な生徒達が在籍するこの学園で澄川カンナは孤立無援から生きる為に立ち上がる学園アクション!

  • 倒すべき宿敵は“転生チート主人公”!

    ♡1,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・74話 きさまる

    2020年7月12日更新

    目の前には倒れて死んでいる友人のマロニー。 そしてマロニーに全く似ていないはずなのに、そのマロニーに成りすませていた兄の姿。 その兄は憎悪もあらわに、彼に──ミトラの胸に呼び出した魔剣を突き立てた。 “主人公属性”なるチートを持つ転生者、ミトラに。 「敵は“転生チート主人公”」 だがこれは、その兄の話。兄の視点で語られる物語。 気まぐれに兄を陥れる“主人公”な弟に抗う話。 ◆◇◆◇◆◇◆ 家族の絆? 兄弟愛? そんなの知るかくそ食らえ! 俺はただ、この男の非道が許せなかっただけだ。 “主人公属性”をはじめとする能力(チート)を持つ事で、傲慢な振る舞いを続け周囲を不幸に陥れる、俺の弟が。 お前達は知っているのか? この男の非道を。 知らないなら話してやろう。 語ってやろう。話してやろう。 この男が欲望のままに周囲を弄んだ行為を。 この俺が現代社会に転移してしまった経緯を。 俺の大切な仲間をコイツに奪われた話を。 そしてかけがえのない恋人、フェットチーネを失った話を。 話そうじゃないか。 語ろうじゃないか。 だからどうか、聞いてくれるなら最後まで聞いてくれ。 俺の話を聞いてくれ。 これは、“転生チート主人公”に振り回され続けた兄の話。 そして彼が復讐を誓い、復讐を果たすまでの物語。