4日間限定ショップセール

あやかし温泉街、秋国

読了目安時間:8分

20話-2、姉妹や親子と思われた二人の人間

 木材の匂いが香る建物内に入り込んだ花梨が、再び鼻で大きく深呼吸をしてから辺りを見渡した。  右側を見てみると『居酒屋浴び飲み用ストック』と、書かれた札が貼られている扉と窓が目に入り、よく見てみると約五十セット以上が壁に立てかけられていた。 「と、扉と窓のストックが大量に置いてある……。あの店にかかると、それらも消耗品になっちゃうのか……」  扉と窓の膨大な数に呆気を取られ、口をヒクつかせつつ建物内の奥へと目を移す。そこには、様々な幅や厚み、長さの木材が壁に立てかけられている。  その手前には、全身が緑、黄、ピンク色に染まっている鬼達が、木屑をまき散らしながら木材を切っていたり、金槌でリズム良く木材に釘を打ちつけている姿が伺えた。  右端と左端に奥の部屋へと続く扉があり、右側の扉の上には『材料・物置部屋』、左側の扉の上には『建築図面設計室』と書かれた看板が貼ってある。  建物内の左側に目を移すと、中央付近に花梨の背丈と同じぐらいの高さの椅子に座り、一回り大きいテーブルに肘を突き、悩みを抱えているような表情を浮かべている青鬼と赤鬼が、同時に湿ったため息を吐き出していた。  全長三メートル以上はあろう二人の容姿は似ており、剛毛の天然パーマからは、二つの立派な黄色い角が顔を覗かせている。その天然パーマはもみあげとヒゲが繋がっていて、顎を覆い隠すように伸びていた。  一重の(まぶた)の下には、どこか優しそうなつぶらな黒い瞳があり、鼻の頭は四角く角ばっていて、下顎から二本の太くて鋭い牙がはみ出していた。  服装はとても身軽な物で、もはや鬼の中では正装なのか、強制でもされているのであろうか虎柄のパンツだけを履いている。  二人の姿を見た花梨が、あの二人が、ぬらりひょん様が言っていた鬼さん達かな? しかし、ザ・鬼って感じの見た目だなぁ。と、素直な感想を思いつつ、二人のそばに歩み寄っていった。 「あ、あの~」 「んっ、誰だ?」 「あれ、どこかで見た事がある子だな……。確か、永秋(えいしゅう)でだったか……」  先に赤鬼が花梨の問いかけに反応し、後を追って青鬼も口を開いた。その青鬼の言葉を聞いた花梨は、一度はキョトンとするも、何かを思い出したのか「あっ!」と声を上げる。 「もしかして、永秋で私が131号室の部屋に案内した青鬼さんですか?」 「ああ、そうだそうだ思い出した。あの時はどうもありがとうね。じゃあ、君が秋風さんだね?」 「はいっ! 秋風 花梨と言います! 今日一日よろしくお願いします!」 「よろしくね秋風さん。私が青鬼の『青飛車(あおびしゃ)』で」 「俺が赤鬼の『赤霧山(あかぎりやま)』だ。よろしく花梨さんよ」  青鬼の青飛車(あおびしゃ)が秋風さんと言い、赤鬼の赤霧山(あかぎりやま)が花梨さんと言い、お互いに自己紹介を済ませると、赤霧山(あかぎりやま)が花梨の背後にこっそりと隠れているゴーニャの姿を見つけ、震えているゴーニャに向かって指を差した。 「花梨さんの後ろにいるちっこいのが、ゴーニャさんか?」 「ヒィッ……!? は、初めまして……、ゴーニャ、です……」  ゴーニャが怯えた表情で自己紹介をすると、青飛車もゴーニャに目を向けて喋り始める。 「ああ、君がそうか。よろしくねゴーニャちゃん」 「あれっ? お二人共、ゴーニャの事を知っているんですか?」 「なんだ、秋風さんは知らないのかい? 仲の良い人間の親子やら姉妹やらが、手を繋いで温泉街を歩いていると、いま妖怪達の間で噂になっているんだよ」  その説明を聞いたゴーニャは、怯えていた表情がパァッと一気に明るくなり「ねぇ花梨っ! 私達が人間の親子ですって!」と、嬉しそうに跳ねた言葉で言い、花梨も微笑みながら「姉妹にも見られてるみたいだね、ちょっと照れるなぁ」と、言いながら頬をポリポリと掻いた。  温泉街の妖怪達に公認で人間と認められ、親子や姉妹と思われたが余程嬉しかったのか。ゴーニャは感極まって涙ぐんでしまい、慌てて花梨の足に抱きつき、顔をジーパンに深く(うず)めた。  ジーパンが涙で濡れていくのを肌で感じている中。花梨は、ほくそ笑んでからゴーニャの頭を優しく撫で、青飛車達に目を向ける。 「そういえば、何か考え込んでいたようですけど、悩み事かトラブルでもあったんですか?」  花梨の質問に対し青飛車が「んっ、ああ。永秋のすぐ左側にあった建物が、空き家になったから解体したんだ」と言い、すぐに赤霧山が「その際に、ぬらりひょん様から新しい店でも建てようと提案が入ってな。何の店を建てようかずっと考えていたんだ」と、困り顔で悩んでいた内容を打ち明けた。 「新しい、店ですか」  花梨がそう呟くと、「一応、食べ物を提供する店にでもしようかと思っている」と青飛車が説明し、「温泉街に合った食い物……、何がいいかね?」と、赤霧山が大きなため息をついた。 「う~ん、甘味処、焼き鳥屋、定食屋……。魚市場に農園、牧場……、色々とありますもんねぇ」  二人の悩みの種を移された花梨が、更に思いついた食べ物を羅列していく。 「リンゴ、バナナ、ミカン、スイカ、焼き芋、かき氷……。う~ん、肉、野菜、魚、お米……。牛乳、チーズ、卵……。んっ、卵? 卵、卵……。あっ、卵! そうだっ、温泉卵!」  花梨が急に声を上げて言った単語に、赤霧山が「ああ、温泉卵。そういや、温泉街にも永秋にも売ってなかったな」と手をポンッと叩き、「温泉卵? なんだそれ」と、青飛車が首を(かし)げながら質問を返した。  その質問に驚いた赤霧山が「えっ、知らないのか? 温泉に卵を浸して作る、半熟卵みたいなもんだ」と、答えを返す。  「あのトロッとした濃厚な黄身と、プルプルッとした白身が、また……。うぇっへっへっへっ……」 「そんなに美味い食べ物なのか、是非とも食ってみたいな」  さり気なく言った青飛車の願いに花梨は、どうにかして温泉卵が作れないか思案すると、そういえば、永秋に『地獄の湯』っていう、お湯の温度が六十五度以上ある露天風呂があったよなぁ。温度的には作るのに最適だし……、よしっ! と考え、ニコっと笑みを浮かべる。 「あの~、四十分少々時間を貰ってもいいですか? 温泉卵が作れないか聞いてきます! ゴーニャ、行くよ」  花梨は二人の意見を聞く前に、既に泣き止んでいるも、甘えるようにジーパンに頬ずりしていたゴーニャと手を繋ぎ、永秋へと向かっていった。  混雑している入口をすり抜けて永秋内に入り、ぬらりひょんかクロがいないか探しながら歩いていると、食事処で料理の仕込みをしているクロの姿を発見し、手を振りながら歩み寄っていく。 「クロさーん! お忙しい所すみませーん」 「んっ? あれ、花梨とゴーニャじゃないか。仕事の手伝いに行ってたんじゃないのか?」 「いま、その真っ最中なんですよ。それで、ちょっとクロさんにご相談がありまして」 「相談? ……なんだ?」 「生卵を四つとザル。それと、長い紐が二つほどあれば貸して頂けないかな~っと、思いまして」 「それを仕事中なんに使うかは分からんが……。まあいい、ちょっと待ってろ」  クロは首を(かし)げつつも、コンロの火を止めて調理場の奥へと姿を消した。しばらくすると、木のザルを両手で持ちながら戻ってきて「ほらよ。中に生卵と紐が入っているから、落とさないよう気をつけな」と、説明しながら花梨に差し出した。 「ありがとうございます! ……それと、もう一つお願いがあるんですが……」 「まだあんのか、とりあえず言ってみろ」 「露天風呂に『地獄の湯』があるじゃないですか。そこで温泉卵を作っても……、いいですかねぇ?」 「温泉卵ぉ? あの露天風呂にはほとんど客が来ないし、別に作っても構わんが……。仕事となんか関係でもあるのか?」 「え~っと、実はですね―――」  そこから花梨は、クロに今までの経緯を話し始める。建物建築・修繕鬼ヶ島で新しく店を建てる為に、悩んでいた赤鬼と青鬼がいた事。そこで自分が温泉卵の案を出した事。  青飛車が温泉卵を食べてみたいと言ったので、自分がお節介で行動を始めた事を、嘘偽り無くクロに伝えた。話の内容を理解したクロが、腕を組み「ふ~ん」と言いながら話を続ける。 「なるほどねえ。それじゃあ、その案が通れば永秋の横に花梨が考えた店が建つワケか。面白そうだな、それなら応援するぞ。頑張れよ」 「本当ですかっ? ありがとうございます! それじゃあ、地獄の湯を使わせてもらいますね!」  応援してくれたクロにお辞儀をすると、ゴーニャと共に露天風呂の一つである『地獄の湯』へと向かっていった。  客がいない脱衣所をそのまま通り抜け、風呂場へと入場する。入場してから辺りを見渡してみると誰もおらず、不気味な静寂に包まれており「はえ~、本当に誰もいないや」と言う、花梨の独り言が露天風呂内に反響した。  近づくにつれ体感温度がみるみる上がっていく、ヒノキで作られた大きな風呂前まで来ると、その場にしゃがみ込む。  そして、生卵が入っているザルに二つの紐を固定し、音も無く沸騰している湯の中に沈め、携帯電話で現在時刻を確認し始めた。 「よしっ、後は三十分ぐらい待てばできるかな」 「花梨っ、これで、おんせんたまご? って言うのができるのかしら?」 「そうだよ~。できたらゴーニャにも食べさせてあげるから、楽しみにしててね」 「うんっ!」  新しい食べ物を食べられると知ったゴーニャは、嬉しそうにしながら微笑むと、花梨が「ふふっ」と声を漏らして微笑み返す。  五分ほどすると、ゴーニャが再び「あの青い方の鬼……、青飛車、だったかしら? 私達の事を親子だって言ってたわよねっ! 嬉しいっ」と、体を左右に揺らしながらニコニコと話し、花梨も「姉妹だとも言ってたよねぇ。カワイイ妹が出来ちゃったなぁ」と、照れを交えて言葉を返した。  すると、喜びの感情が爆発したゴーニャが、しゃがんでいる花梨の胸元に飛びつき、顔を深く(うず)め、甘える猫のように何度もを頬ずりをし始める。 「じゃあ私、今日から花梨の妹になるっ! かり~んっ」 「あっはははは。まったく、甘えん坊な妹だなぁ」  そう言いつつも花梨は満更でもない様子で、帽子の上からゴーニャの頭を優しく撫でまわし、小さい体をギュッと抱きしめた。  外から差し込む日差しで、二つの姉妹の影が仲良く一つに重なる。その影はしばらく間、別れる事なく重なり続け、明るい笑い声を露天風呂内に響き渡せていった。

4日間限定ショップセール

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ラーメン屋さん立て直し奮闘記

    ラーメン小説です。

    15,300

    未参加


    2021年9月25日更新

    ある日、ラーメン好きの高校生、鈴池伸一に、同じクラスの大泉弥生が声をかけてきた。 「鈴池くんって、ラーメンに詳しいんだよね? 仲のいいラーメン屋さんっている? よかったら紹介して欲しいんだけど」 弥生の目的は、自分の姉が経営するラーメン屋にお客さんが入らず、ピンチなので、人気のあるラーメンのつくり方を教えて欲しいというものだった。で、紹介してもらったラーメン屋の店主が笑って言う。 「だったら伸一くんに教わるといいよ。この店の売れているメニュー、ほとんど伸一くんが考えたものだから」 ということで、鈴池伸一が、大泉弥生の姉の、大泉皐月が経営するラーメン屋をテコ入れすることに。 「味以前の経営戦略として、チラシでお客さんをひきつけて、ポイントカードで強制的にリピーター化してもらいます」 「それってあざとい気がして」 「そういう言い方もできますけど、やらないのは愚かしいことなんです。それから味のアレンジですけど、いろいろ考えてきました。スープの試飲をしてもらえますか」 「あ、おいしい」 「これは、実はこれを使ったんですよ――」 次々にラーメンスープの味を向上化させる鈴池伸一。結果、店は大繁盛の大成功を収めた。 そしてべつの日。 「私と付き合って」 いきなり大泉弥生に告白される鈴池伸一。 「俺、そういうの、よくわからないんだけど」 「じゃ、今度は私がいろいろ教えてあげるわね。まずは告白にOKするのよ」 鈴池伸一のラーメン好き人生は、これから違う方向へ転がっていくことになりそうだった。 この話は最後まで書き上がっています。全62話。エタりません。

    読了目安時間:3時間54分

    この作品を読む

  • 風船ぶた

    初投稿作品。楽しんで頂ければ幸いです。

    4,700

    0


    2021年9月25日更新

    獣医だった祖父の影響で、子供の頃から動物と一緒に育ってきた|鉄地河原《てつちかわはら》|陸《りく》。 祖父の死後、都内の高校に転校した陸は「私は人間ではありません。私は不潔で醜い豚です」と自己紹介する奇妙な女子、|風花《ふうか》の隣の席にさせられてしまう。 実際に不潔な上に、理解し難い謎の行動をとる風花。 陸は戸惑いながらも、風花の秘密に近づいていく。

    読了目安時間:1時間46分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 風の国のお伽話

    魔法もスキルも無い世界の真面目っ子奮闘記

    740,520

    31,900


    2021年6月19日更新

    むかしむかし、あるところにあったヴィンティア王国という名の風の国の、小さな山村で起きるありきたりかもしれない小さな事件。 だが当人たちにとっては生死にも関わる重大なその事件の前後で、王族の連枝の末の王子ユーキと村長の養子ケンが試練に立ち向かう物語。 他領からの養子である自分を優しく受け入れてくれた村を愛して止まず、我が身を顧みず村人達を率いて戦いに臨むケン。 幼い日に出会った少女の思い出を胸に、国民の幸せを信条としてひたすらに学びに励むユーキ。 魔法は無い。ジョブもスキルもアビリティも無い。そんな世界にもヒーローが必要になる時はある。 それぞれに困難に向き合う二人と、二人を支える周囲の人々を描いていきます。 魔物はほんの少し出て来ますが、その領分を人間が侵さない限りは手を出して来ません。 魔法っぽいものは魔物にしか使えませんので、人間の戦いは剣や弓矢などの武器だけで行われる世界です。 闘争や人が死ぬ描写がありますのでご注意ください。 恋愛部分は糖度高いです。甘々です。 ランキング最高順位(2021/6/27時点) 総合:日間1位、週間1位、月間5位、年間44位、累計188位 ジャンル:日間1位、週間1位、月間2位、年間21位、累計87位 応援有難うございます。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 「小説家になろう」に先行連載しているものに若干の加筆修正をしています。 表紙絵は雪丸ぬん先生作。使用許諾を得ております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間50分

    この作品を読む

  • 幻獣戦争

    SFではなく、ファンタジーロボット戦記

    15,600

    600


    2021年9月25日更新

    自衛軍時代、謎の生物幻獣との戦いにおいて仲間達と共に数々の戦場を勝利に導き、輝かしい戦績を残し英雄と呼ばれていた主人公比良坂舞人。しかし、彼はある作戦で戦友、恋人、敬愛する上司を失ってしまう。仲間を失った悲しみを胸に抱え、尚彼は懸命に戦う。戦友が願った平和のため。が、長くは続かなかった。広がり続けた傷は血を流し続け、流れた血は虚しさという涙に変わり、彼の心を死に至らしめる。戦う意味、目的も失った彼は役目を終えたように自衛軍から退官する。 幻獣との戦いで世界が荒廃し着実に滅びゆく中、退官した彼は、孤独に生きる事を選び会社員生活を送っていた。ある日、転機が訪れる。いつも通り仕事を終えた彼の前に幻獣が出現、彼は偶発的な事故に巻き込まれ意識を失い夢を見る。かつて教え子に退官を留められた夢。それは彼を醒ます呼び水となる。再び目を覚ますと人類が幻獣に対抗するための兵器、通称戦略機が目の前に倒れていた。

    読了目安時間:5時間0分

    この作品を読む