あやかし温泉街、秋国

13話-3、午前の敵は、午後の友

 花梨が釣った大量の川魚を流蔵が丁寧に下処理をし、塩を満遍なく振りかけて串打ちをしていく。  外に設置した簡易的の囲炉裏に、串打ちを済ませた合計二十匹の魚を、火を囲むように刺して焼いていくと、パチパチと音を立たせ、食欲を湧かせる香ばしい匂いが辺りに立ち込め始めた。  その誘惑の強い匂いに、完全に負けて虜になっていた花梨が、ヨダレを垂らしながら囲炉裏にそっと手を伸ばす。 「もう、もうっ……、食べられ、ますよね?」 「まだや、腹から水分の(したた)りが無くなったら頃合や。カリッカリのホックホクになるから、もうちょい待ちい」 「そ、そんなぁ〜……。うっ、ううっ……、う〜っ……」  腹が極限までへっている花梨は、焼けつつある川魚達を凝視するように睨みつけ、悲痛に近いうめき声を漏らし続けた。  その様子を見ていた流蔵は、「なんか、犬に待てって言ってるような気分やな……」と、ボソッと呟き、内心申し訳なさそうにしつつ、ほくそ笑みながら花梨の事を見ていた。  花梨の濃くなっていくうめき声と、囲炉裏から聞こえてくる木炭の弾ける音と、川から聞こえてくるせせらぎの音が混じり合い、永遠とも言える長い時間が過ぎていく。  しばらくすると、うめき声が嗚咽(おえつ)へと変わっていき、見かねた流蔵が囲炉裏に視線を向けると、いつの間にか魚の腹から水分の滴りが無くなっていた。 「お前さん、頃合や! 食ってええぞ!」 「本当? 本当っ!? やったー! いっただっきまーす!」 「おうおう、あんま急いで食うなや。火傷するで?」  花梨は、流蔵の「よしっ」に、似た掛け声と共に、囲炉裏から待望の焼き魚をバッと取り出した。  無我夢中で取り出した焼き魚はアユで、たっぷりと振りかけられた塩が、アユ全体をうっすらと白く染めあげ、外に逃げ出そうとしている旨味を閉じ込めている。  表面はカリカリに焼けていて、所々に美味しそうな焦げ目が付いており、焼きたての脂が混じった香ばしい匂いと、その見た目だけで食欲を沸き立たせていった。  ゴクリと生唾を飲み込み、二、三度息を吹きかけて表面を冷ますと、腹の部分を大口を開けてかぶりつき、ゆっくりと咀嚼(そしゃく)を始める。  ほどよく焦げた皮のほろ苦さと強めの塩気と、ホクホクとした身からジュワッと溢れ出てくる甘みのある脂が、飢え切っている口の中へと広がっていく。  鮮度が高いおかげで生臭さは皆無に等しく、外敵がいないせいか丸々と太っており、身は柔らかいながらも非常に食べ応えがあった。  とろけ切った表情をしている花梨は、鼻で大きく息を吸い込み、焼き魚の旨味を含んだ息を口から吐き出し、身体全体で焼き魚の風味を楽しんだ。 「うんまぁ〜い……。ああ〜、幸せぇ〜」 「ほんっとうに、美味そうに食っとるなぁお前さん。食われとるアユも幸せ者やで。なんか、いつもより焼き魚が美味く感じるわ」 「う〜ん、骨まで美味しいっ! 小さいから、気にしないでどんどん食べられるや」 「もし残すならとっとき。あとで、それもカリッカリに焼き上げてから塩を振って食うんや。煎餅みたいな食感をしててうんまいでぇ」 「余すことなく食べられるというワケですね。それも美味しそうだなぁ」 「はらわたも調理をすれば、ちゃ〜んと食えるで。まあ、手間が掛かるから今回はやらんがな」  和気あいあいとしながら二人は焼き魚を食べ進めていくと、坂道の方から、複数人のガタイのいい妖怪達が、二人の元にゆっくりと歩み寄ってきた。  その不穏な空気と妖怪達に気がついた流蔵は、明らかに不機嫌そうな表情へと変わり、目の前まで来た妖怪達に向かって無愛想に口を開く。 「んー? なんや、客か?」 「さっき橋の上で見ていたんだが、そいつに似た嬢ちゃんと相撲を取っていただろう? 俺達とも是非、相撲を取ってくれないか?」  ガタイのいい妖怪達の予想外の言葉に、流蔵の表情が一気にほころび、嬉しそうに立ち上がりながら妖怪達に詰め寄った。 「おっ、相撲かっ! ええでええで! やろうやろう! なんべんでも付き合ったるで!」 「流蔵さーん、頑張ってくださーい! ここで応援してますねー!」 「おーう! よろしく頼むでー!」  心強い仲間からのエールが届くと、流蔵は嬉々としながら妖怪達と土俵に向かい、相撲を取り始める。  その土俵に熱い眼差しを向けている花梨は、焼き魚を食べつつ「いけーっ! そこだっ! ……やったー!」と、流蔵に士気の上がる声援を送った。  流蔵は相撲に勝つたびに花梨に顔を向け、ニッと笑みを浮かべて親指を立てると、花梨もウィンクをしながら親指を立てて祝福を送る。  そして、その相撲のやり取りを橋の上から見ていた血の気の多い妖怪が、我も我もとぞくぞくと川に下ってきては相撲を始め、迎え撃った流蔵が土俵の外へと吹き飛ばしていった。  相撲を取っている時の流蔵は、全身が漲るパワーに溢れており、最初に出会った時のだるそうにしていた流蔵はどこにもおらず、童心に返りながら相撲を楽しんでいた。  しかし、久々に連続で相撲を取ったせいか、二十戦目以降には疲労が見え隠れし、危なげに勝つ場面が増え始める。  三十戦以降にもなると、全身が汗だくで肩で呼吸をしており、とうとう限界が訪れたのか膝に手を突いた。  が、気がつけば土俵の外には、相撲目的で釣り場に訪れた妖怪達が長蛇の列を作っており、その列を見て驚愕した流蔵が、土俵で対峙している妖怪に「ちょ、ちょっとたんま!」と言い放つ。  そして、滑り落ちるように土俵から下り、フラフラしながら花梨の元へと歩いていき、崩れるようにその場で倒れ込んだ。 「す、すまぁん……。少し、代わってくれぇ……」 「えっ!? 私がですか!?」 「た、頼むっ。十五戦……、いや、十戦ぐらいでええから! あいつら多少の力はあるが、相撲に関しちゃド素人や。ワシと同等ぐらいの力があるお前さんなら、ワケない連中やで」 「ぬう〜っ……、少しだけですよ? ちょっと待っててくださいね、力を解放する儀式をするんで」 「すまんっ、恩に着るで!」  小さくため息をついた花梨は、流蔵に背を向けてリュックサックを開き、儀式の要である赤いひょうたんを取り出した。  長蛇の列を横目で見ると、……長丁場になりそうだから、少し多めに飲むかな。と予想し、剛力酒(ごうりきしゅ)をゴクッと一口飲み、今日二度目である茨木童子の姿へとなる。  再び怪しいスイッチが入った花梨は、倒れている流蔵に「そこで、ゆっくりと休んでいて下さい」と、落ち着いた口調で言ってから土俵へと向かい、体の大きさが花梨の何倍もある妖怪と対峙した。 「さあ、ここからは私が相手をしてあげましょう」 「あっ? ガリガリの小娘じゃねえか。さっきの河童連れて来いや」 「ふっ、私は河童さんよりも強いかもよ? 本気で掛かって来て下さい」 「はっ! 本気を出すまでもねえ。さっさと吹っ飛ばしてやらあ!」  そう叫び上げた妖怪は立ち合いもせず、肩を突き出しながら猛スピードで花梨に向かって突進をしてきた。  しかし花梨は、涼しい表情をしながらその突進を左手のみで受け止め、空いていた右手で渾身の張り手をかまし、向かってきた妖怪を軽々土俵の外まで吹き飛ばしていった。  今の一撃で自信と余裕が出てきた花梨は、更に調子に乗りながら次の相手も同じように吹き飛ばし、次々と勝ち星を上げていく。  途中、相手に動きを読まれ、張り手を避けられて取っ組み合いにもつれ込むも、相手の力は茨木童子と化した花梨の力には到底及ばず、無情にも土俵の外へと投げ出されていった。  二十戦程度で止める予定であったが、三十戦、四十戦と間髪を入れずに勝負が続いていき、徐々にではあるが体力が削られていく。  百戦目近くにもなると、花梨の体力が限界を超えてヘトヘトになってしまい、泣く泣く体力が全快した流蔵とバトンタッチをした。  そこから時折交代しつつ、着々と長蛇の列を薙ぎ倒して短くしていき、川がオレンジ色に染まりつつある夕方頃。  二人はボロボロになりながらも無敗のまま、最後の挑戦者を土俵から吹き飛ばし、終わりが見えなかった交代制相撲対決リレーを完走させた。  疲労が溜まりに溜まった二人の勝者は、仰向けになりながら地面へと倒れ込み、息を切らしつつ勝利の余韻を存分に浸った。  花梨が静かに人間の姿へと戻っていき、燃えるように赤く染まる夕焼け空を眺めながら口を開く。 「ハァハァ、はぁ〜っ……。や、やっと終わったぁ〜……」 「お、お疲れさぁ〜ん……。まさか、三百戦以上するとは思わなんだ……。流石に堪えるでぇ……」 「本当ですよ〜……。でも、楽しかったなぁ」 「ワシもや、花梨やったか。今日は、ほんまにありがとう。最高に楽しい一日やったわ」 「私も、流蔵さんと熱い相撲が取れたり、一緒に食事が出来てとても楽しかったです。こちらこそ、ありがとうございましたっ」  二人は、お礼を言い合いながらくたびれた体を起こし、顔を見合わせてから微笑んだ。不意に流蔵が、何かを探すように辺りをキョロキョロと見渡し始める。 「なんかお礼をしたいんやが、何も無いなぁ……。せやっ! お前さんが使ってた赤い釣竿、あれ持って帰り。伸縮ができるから邪魔にならんやろ」 「いいんですか? ありがとうございます!」 「おう、ツマらんもんやが、お前さんとの出会いを形にしたいからな。持って帰ってくれや」  その言葉を聞いた花梨は、早速自分の物になった赤い釣竿を小さく畳み込み、リュックサックの中へと入れ、流蔵の顔を見てニコッと微笑んだ。 「それじゃあ、そろそろ夜になるから帰れ。また、相撲取ろうや」 「はいっ、次こそは絶対に負けませんからね!」 「言ってろ、最後までワシが勝ち続けたるわ。そんじゃあ、お疲れさんっ」 「お疲れ様でしたー! それではっ!」  そう言って一礼をした花梨は、再び流蔵に向かって笑みを送ると、身体中土まみれになりながら河童の川釣り流れを後にする。  橋を渡っている最中も、ずっと流蔵に向かって手を振り続け、流蔵も花梨の姿が見えなくなるまでの間、ニコニコしながら手を振り返していた。  赤い光を乱反射させている川が見える橋を渡り切り、「次こそは負けないぞっ」と、鼻を鳴らしながら意気込み、重くとも軽い足取りで永秋(えいしゅう)へと戻っていった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 女子高生

    かえる

    ♡1,000pt 2019年7月25日 21時26分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    かえる

    2019年7月25日 21時26分

    女子高生
  • かぼのべら

    桜乱捕り

    2019年7月26日 21時35分

    かえるさん。1000ポイント!?Σ(´□`;)ありがとうございます!m(*_ _)m

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年7月26日 21時35分

    かぼのべら
  • ひよこ剣士

    詩月 七夜

    ♡500pt 2019年12月4日 21時46分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    グッジョブ!

    詩月 七夜

    2019年12月4日 21時46分

    ひよこ剣士
  • かぼのべら

    桜乱捕り

    2019年12月6日 21時29分

    詩月さん。応援スタンプとポイントありがとうございます!m(*_ _)m

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年12月6日 21時29分

    かぼのべら
  • ステラ

    鉢棲金魚

    ♡400pt 2019年7月25日 23時12分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ブラボー!!

    鉢棲金魚

    2019年7月25日 23時12分

    ステラ
  • かぼのべら

    桜乱捕り

    2019年7月26日 21時45分

    鉢棲さん。嬉しい応援スタンプとポイントありがとうございます!m(*_ _)m

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年7月26日 21時45分

    かぼのべら
  • みりたりステラ

    いきろつよし

    ♡300pt 2019年11月6日 12時18分

    ともだちいっぱい(*´ω`)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いきろつよし

    2019年11月6日 12時18分

    みりたりステラ
  • かぼのべら

    桜乱捕り

    2019年11月6日 21時43分

    いきろつよしさん。コメントありがとうございます!会わば全員仲良くなれる。それがあやかし温泉街になります\(´ω` )/

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年11月6日 21時43分

    かぼのべら
  • 探偵

    駄ヶ目

    ♡300pt 2019年7月26日 6時40分

    流蔵と二人で食べるにしても、魚二十匹は多いなあ。さすが花梨さん。 と思っていたら、次は相撲三百戦ですか。 ……人間?

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    駄ヶ目

    2019年7月26日 6時40分

    探偵
  • かぼのべら

    桜乱捕り

    2019年7月26日 22時21分

    駄ヶ目さん。コメントありがとうございます!食欲魔でありますからね、胃袋はほぼ底無しです!人間です……人間です!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年7月26日 22時21分

    かぼのべら