あやかし温泉街、秋国

★38話-8、命乞いの本音を受け止める者

 音も無く地面に降り立った女天狗のクロが、大きく広げていた漆黒の翼をたたむ。慌てて花梨達の元へ向かおうとするも、酒羅凶(しゅらき)(かえで)がいる事を思い出し、その場に踏み止まった。  そして、血の泡を吹いて気絶しているガタイのいい鬼と、その体の影に隠れている細身の鬼に目を移し、口を開く。 「楓、あいつらがそうか?」 「そうじゃ、間違いない」  三人に目を向けられた細身の鬼が「しゅ、酒呑童子と天狐!? それに、ぬらりひょんの右腕である女天狗一族の(おさ)までが、なんでここに……」と、名を馳せた妖怪達の出現に愕然(がくぜん)とし、体を縮こませる。  黒い輝きを放つ眼光で二人を捉えていたクロが、漆黒の翼を広げて宙に飛び、ガタイのいい鬼の体の上に着地した。  妖々しく光る満月を背に、カタカタと震えている細身の鬼を見下し、テングノウチワを仰いで自分の顔に風を送っていく。  その黒く鋭い眼光は冷静を装っているものの、瞳の奥底で渦巻いている嵐のような殺意が、細身の鬼に向かって流れていった。 「よお、覚悟は出来てんだろうな?」 「か、覚悟ぉ? いったい俺があんたに、何をしたっていうんだ……?」  身に覚えがまったくない細身の鬼が、とぼけた様子も無く言葉を返す。しかしクロは目を細め、殺意を更に高めていく。 「ほ~う? 私とぬらりひょん様の愛娘に手ぇ出しといて、しらばっくれるか。ずいぶんと見上げた根性してんじゃねえか」  クロの発言に「えっ、えっ?」とワケが分からぬまま声を漏らし、遠くにいる花梨とゴーニャ、目の前で静かに憤慨しているクロを交互に見返し、目をパチクチとさせた。 「ま、まさか……、あの二人が……?」 「そのまさかさ。これから、まともな人生歩めると思うなよ?」  クロが怒りを露わに瞬間、瞳が赤黒く変色する。それと同時に、瞳の奥底で留まっていた殺意が全身から噴き出し、細身の鬼に目掛けて吹き荒れていく。  暴風の殺意に囲まれ、逃げ場を完全に失い、事の重大に気がつかされた細身の鬼は、遅すぎる後悔の念に駆られて放心状態になり、受け入れられない現実から逃れるように白目を剥いて気絶した。    その細身の鬼の醜態な姿を見たクロは怒りを鎮め、翼をはためかせて宙に飛び、酒羅凶の前に降り立つ。そして、テングノウチワで二人組の鬼を差した。 「悪い、酒羅凶。あいつらを居酒屋浴び飲みに運んで、私が行くまで見張っといてくれ」 「あっ? ここで殺るんじゃねえのか?」  既に、二人組の鬼を殺すつもりでいた酒羅凶が不満を漏らすも、クロは否定するように首を横に振る。 「ここでの殺しや暴力はご法度だってのを忘れたのか? 散々破ってるクセに、まだ破るってか?」  蔑みを含んだクロの説教に、酒羅凶は大きく舌打ちを鳴らす。 「ったく、嫌味ったらしく言ってくれるぜ」  渋々クロの指示に従った酒羅凶は、着ている赤い甲冑を音立たせつつ、血の泡を吹いているガタイのいい鬼と、情けない表情で気絶している細身の鬼の体を両脇に抱えた。 「おい、こいつらを俺の店に連れて行ってどうするつもりだ?」 「そいつらは人柱だ、私なりに脅してから帰す。裏の世界の奴らに、ここにいる人間に手を出したら、黒四季(くろしき)とぬらりひょん様の怒りを買う事になるぞって、知らしめてやるんだ」 「はっ! てめえ自らが嫌悪してる本名まで使うのか、そりゃいい! 脅すのは勝手だが、封印していたそのテングノウチワは使うんじゃねえぞ? 五分も経たない内に温泉街が更地になっちまうからな」  その忠告を聞いたクロは、妖しく口角を吊り上げ、遠ざかっていく酒羅凶の背中を睨みつけた。 「五分? ずいぶんと舐められたもんだな、二十秒ありゃ充分さ」 「おい、マジでやめろよ」  酒羅凶の念を押す言葉に、クロは何も言わずに鼻で笑う。楓を肩に乗せた酒羅凶がススキ畑に消えていくのを確認すると、花梨達がいる方向に目を向け、長いため息を漏らた。  そして、(りん)とした表情を一気に崩し、我が子を心配する母親のような眼差しになると、花梨達の元へ向かい走り始めた。 「花梨! ゴーニャ! 大丈夫か!?」 「ち、近寄るなぁっ!!」 「……えっ?」  地面に倒れ込んでいた花梨の敵意を剥き出しにした叫び声が、クロが足を止める。そのまま呆気に取られて棒立ちしている中。  肩で呼吸をしている花梨が、ガクガクと震えている足でゴーニャの前に立ちはだかり、殺意の濃い龍眼でクロを睨みつけた。  その体からは白い湯気が立ち昇り、再び妖怪の血に取り込まれる寸前まで追い込まれており、威嚇の唸り声を上げている。 「お前も二人組の鬼の仲間だろ! まだゴーニャを(さら)う気でいるんだな!?」  予想だにしていなかった花梨の発言に対し、クロは困惑するも、自分の胸に手を置いて叫び返す。 「落ち着け花梨! 私だ、お前の世話役を任されているクロだ! 見て分からないのか!?」 「嘘だ!! そうやって私を油断させようとしても無駄だ! 後ろに居た大きい奴が、二人の鬼を助けて逃げていっただろ!? そいつがいい証拠だ!」  的外れな発言にクロは、ダメだ、完全に疑心暗鬼になってやがる。その上、目があまり見えていないみたいだな。妖怪の血に取り込まれる前に、なんとかしてやらないと……。と、冷静に思案する。  更に思考を張り巡らさせていくと、……ここはやはり、花梨の目の前まで行くしかないな。という結論に至り、歩き始めた。  白く霞んでいる視界の中で佇んでいた黒い影が動き出すと、花梨は慌てて地面に落ちている石を探しては拾い上げ、力の限りに握り締めた。 「そ、それ以上近づくな! 石を投げてお前の体に風穴を開けるぞ!?」  精一杯の脅しを叫ぶも、意に介していない黒い影は歩みと止めず、黙り込んだまま距離を詰めていく。  得体の知れぬ者に追い詰められ、焦り始めた花梨は、ギザギザな奥歯をギリッと噛み締め、覚悟を決めて持っていた石を放り投げる。  力なく投げられた石は、小さく弧を描いて地面に落ちていき、コロコロと転がってクロの横を通り過ぎていく。 「全然届いてないぞ。もう立ってるのがやっとなんじゃないか?」 「い、今のは威嚇だ! 次は本当に当てるぞ!?」  花梨が落ちている石を拾って再び投げるも、今度は見当違いの方向に飛んでいった。  クロがその石を目で追い、視線を前に戻すと、花梨は為す術を無くしてしまったのか、龍眼に涙を溜めながらクロを睨みつけていた。 「どうした、もう終わりか?」 「う、うるさいっ! それ以上こっちに来るな!」  懇願にも取れる花梨の必死な訴えに、聞く耳を持たないクロは、更に花梨との距離を詰めていく。  残りの距離二十メートル。花梨の表情に余裕が一切無くなり、龍眼に溜まっていた涙が零れ始める。 「来るなっ! 来るなってば!」  残り十五メートル。花梨が流している涙が大粒に変わり、哀れに崩れた表情が絶望色に染まっていく。 「お願いだから……、それ以上近づいてこないで!」  残り十メートル。最早(もはや)叫び声すら上げられなくなった花梨は、後ろに隠れていたゴーニャを守るように抱きしめ、隙だらけの背中をクロに見せつける。 「やだ……、来ないで、来ないでってばぁ……」  残り五メートル。花梨の背中は家族が居なくなるという恐怖から、見るも無残に震えていた。 「イヤだ、イヤだ……、イヤだ、イヤだよぉ……」  残り一メートル。夜風が止み、花梨の弱々しく泣いている声だけが耳に入り込んでくる。更に距離を詰めたクロは、黙ったままその場にしゃがみ込んだ。  ただひたすらに泣いていた花梨が、黒い影が背後まで迫って来たのを察したのか、許しを乞うような口振りで喋り始める。 「私達が、いったい何をしたっていうのさ……。私はただ、大好きなゴーニャと一緒に居たいだけなのに、それすらダメだって言うの……?」 「……」 「私のお父さんとお母さんは、私が赤ちゃんだった頃に火事で死んじゃって……、家族はおじいちゃんしかいないんだ……。火事で何もかも燃えちゃったから、お父さんとお母さんの声も顔も名前も知らないまま、今まで生きてきたんだ……」 「……」 「今まで寂しいって思ってた……。ずっとずっと、お父さんとお母さんに会いたいって思ってた……」 「……」 「そんな中、ゴーニャが家族になってくれた時は、心の底から喜んだんだ……。こんな私にも家族が出来たんだって、泣くほど嬉しかったんだ……。でも、それなのにお前らは、私の大切な家族であるゴーニャを(さら)おうとするんだ……」 「……」 「イヤなんだ……。もう家族がいなくなるのは、イヤなんだよ!!」 「花梨……」 「お願いだから……、これ以上私の大切な家族を、奪わないでよぉ……」  人には決して明かさなかった本音を洗いざらい吐くと、花梨は抱きしめているゴーニャの頭に顔を乗せ、大きく泣き叫び始める。  初めて目にした、花梨の泣き叫ぶ姿。初めて耳にした花梨の本音に対し、クロは己の不甲斐なさを呪うかのように唇を噛み締め、どの感情のせいで震えているのか分からない手を握り締めた。  その握り締めた手を解くと、漆黒の翼を大きく広げ、泣き叫ぶ花梨と抱きしめられているゴーニャを包み込み、背中越しから花梨の体を強く抱きしめた。 「すまん花梨……! 私達がずっとそばに居たのに、お前のその辛い気持ちに気がついてやれなくて……!」 「……く、クロ、さん?」  不意に抱きつかれた花梨の鼻に、懐かしくも安心する匂いが、耳には温かくも震えたクロの声が入り込んできた。  背後にいるせいで本物のクロかは確認出来なかったが、今の花梨には、この二つで背後にいるのは本物のクロだと確信が持てた。 「でも、もう大丈夫だ、安心しろ! お前の本音は、この私がしかと受け止めた! これからもずっと、ずっと、お前の事を守ってやるからな!」 「クロ、さん……。うっ、ううっ……、うわぁぁぁぁああんっ!!」  クロの固い決意により、今まで背負っていた悲しみから解放された花梨は、救ってくれたクロの温かな体温を感じつつ、夜空に向かって号泣し始める。  茨木童子の姿から人間の姿に戻っていく中。心の中に残っていた最後の闇の花びらが、跡形も無く消えていく。  そして、第二の満月から始まった悪夢のような長い夜は、ススキ畑に木霊する花梨の泣き叫ぶ声を聞きながら更けていった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 探偵

    駄ヶ目

    〇100pt 2019年11月6日 23時45分

    花梨さんは能力が高くなんでもこなせる一方で、甘えるのが下手なのでしょうか。 本音をさらけ出せる相手ができてよかった。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    駄ヶ目

    2019年11月6日 23時45分

    探偵
  • かぼのべら

    桜乱捕り

    2019年11月9日 21時12分

    駄ヶ目さん。貴重なノベラポイントありがとうございます!甘えられる家族がおじいちゃんしかいませんでしたからね。自分の気持ちを殺し、表には決して出さず、笑顔を振りまいて生きてきました。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年11月9日 21時12分

    かぼのべら
  • コウテイペンギンさん

    緋いろのそら

    ♡3,000pt 2019年11月9日 15時25分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    緋いろのそら

    2019年11月9日 15時25分

    コウテイペンギンさん
  • かぼのべら

    桜乱捕り

    2019年11月9日 21時28分

    緋いろのそらさん。3000ポイント!?Σ(;´Д`)ありがとうございます!m(*_ _)m

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年11月9日 21時28分

    かぼのべら
  • コウテイペンギンさん

    北のシロクマ

    ♡500pt 2019年11月7日 8時32分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    北のシロクマ

    2019年11月7日 8時32分

    コウテイペンギンさん
  • かぼのべら

    桜乱捕り

    2019年11月9日 21時18分

    北のシロクマさん。応援スタンプとポイントありがとうございます!m(*_ _)m

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜乱捕り

    2019年11月9日 21時18分

    かぼのべら
  • コウテイペンギンさん

    双子烏丸

    2019年11月6日 23時50分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    全俺が泣いた

    双子烏丸

    2019年11月6日 23時50分

    コウテイペンギンさん
  • かぼのべら

    桜乱捕り

    2019年11月9日 21時17分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「ありがとですよ!」氷川Ver.ノベラ

    桜乱捕り

    2019年11月9日 21時17分

    かぼのべら