現代/その他ファンタジー 短編 完結済

この世界においてちっぽけな僕たちは《三話で完結》

作者からの一言コメント

兄妹の当たり前が崩れていく

 一般家庭、平凡、何気ない日々。  それが一瞬にして崩れてしまった非凡な家庭は、平凡に戻ることができるのだろうか。    人並みに勉強ができる兄――明人は母と父と妹と暮らしていた。  高校三年生で第一志望の大学に行くために塾に通い、その帰りは妹と喋りながら帰る。家に帰ると母と父が待っていて、家族団らんをする。  どこにでもある一般家庭。だが、この家庭に生まれてよかった、と思えるほどには充実をしていた。  だが、その時には既におかしくなっていたのだ。    ▽この物語は、日常が崩れてしまった兄妹の非日常を描いた少しシリアスな物語です。  ▼完結済みなので同日に最終話まで投稿させてもらいました。19時と20時と21時です。 ※少し、少し? 気分が落ち込んでしまうかもしれません。 ※私が書いている別作品との関連性はありますが、この作品だけでも十分楽しめるようになっています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 この世界においてちっぽけな僕たちは《三話で完結》
作者名 えっふぇのーと
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス ほのぼの ダークな世界観 受験シーズン 日常 兄妹 女子中学生の妹 男子高校生の兄 若干鬱展開 現代日本
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月16日 19時00分
最終投稿日 2020年9月16日 21時00分
文字数 14,604文字
ブックマーク登録 0件
コメント/スタンプ 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る