ホラー 短編集 連載中

意味が分かると怖い話 白百合の咲く時期に

作者からの一言コメント

分かる人ならすぐ分かるでしょう

読了目安時間:12分

総エピソード数:8話

意味が分かると怖い話    白百合の咲く時期にの表紙

意味怖って本当に色々な種類が有りますよね。 今回扱うのは、とある趣向の持ち主なら直ぐに分かる仕様です。 尚、取材と、アイデアの提供に協力及び合意を下さったフォロワー様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

前へ

1-8

次へ

前へ

1-8

次へ

作品情報

作品名 意味が分かると怖い話 白百合の咲く時期に
作者名 桜撫子
ジャンル ホラー
タグ 意味怖 意味がわかると怖い話 同性愛 レズビアン NTR 現代日本 ノベプラオンリー 勘違い 家庭教師 ワイン ルーマニア 警察 刑事
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年1月12日 23時55分
最終投稿日 2022年1月21日 1時15分
完結日 -
文字数 5,955文字
読了目安時間 12分
総エピソード数 8話
ブックマーク登録 17件
コメント 5件
スタンプ 31件
ビビッと 5件
応援ポイント 6,550pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 無敵の人

    狙われた時点で、人生は詰んでいる。

    40,000

    250


    2022年1月23日更新

    第3章 下田視点執筆完了1月下旬までに順次公開予定。 エピローグ執筆開始! 2022年1月中に完結予定! ある日、古びたマンションに住む青木剛の元に、冴えない風貌をしたトカゲのような顔の、ひ弱そうな訪問営業の男がやってくる。 男の名は 下田直哉。 青木は不可解で粘着質気味な男の発言に不信を抱き、その場で警察に110番をかけた。 警察は二人の事情聴取をし、それでこのトラブルは一件落着をするはずだった。 だが、青木はほんの出来心である行動を取ってしまう。 それが命取りになってしまう事も知らずに・・・。 それを境に青木の日常は、非日常に浸食されていく。 少しずつ、だが確実に・・・。 ※この話の第二話と第三話はつい先日作者が実際に体験した話です。 違う点は青木剛の取ってしまった行動です。 もし、自分があの時青木と同じ行動を取ってしまったら・・・。 そんなIFストーリーを考えてみました。 勘の良い読者の方はお気づきになるかも知れませんが、この話はホラー小説の超名作、貴志祐介大先生の「黒い家」の影響を受けてます。あの作品、作者のトラウマです。はい。 ここ一週間で再び「黒い家」を読破し、慎重に内容がパクリにならないようプロットを練りました。また、「黒い家」読者がその先入観で思わず騙される様な仕掛けもいくつか考えました。 内容としては3~4時間くらいで読破出来る、薄めの文庫本くらいの中編作品を目指してます。 あ、後この作品に興味を持ってくださった方は同じ作者の「寒戸関村の惨劇に対する仮説と検証」も読んでくれると嬉しいです(ダイレクトマーケティング)。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む

  • 秘密の探検隊

    幽霊に会いたい中学生たちの短編連作

    3,800

    0


    2022年1月23日更新

    綺想編纂館様考案の『ノベルバー 2021』参加作品 康平、和斗、怜二は幽霊の目撃情報を集め、心霊スポットの探検をする。 数々の恐怖に晒されながらも、幽霊は見えない。 けれど康平と和斗は諦める気がないらしい。 怜二はそんな二人に引きずられるように、今日も心霊スポットに向かうのだった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • サヴァイヴ・アライブ ―殺戮人形の矜持―

    死人に口なし、生き残れ

    324,127

    2,765


    2022年1月1日更新

    現在……過去……そして未来……様々な時間軸を扱ったサバイバル・ストーリーとなります。 ---------------------------------------------------------------------- ・『未来』あらすじ 第二次大革命を引き起こしたとされるテロリスト「キング」は人質と共に高層ビルを占拠。 かつてのキングの仲間の少女とともに出動した英陸軍特殊部隊「SAS」はキングと対峙する。 少女「ミラ・クラーク」を見たキングはあっさりと降伏する。 ミラとキングの間には悔恨と贖罪の記憶があった――。 ・『現在』あらすじ 巨悪にしてカリスマ、と評されたヴィクター・バーンズが未曾有の大暴動「大革命」を決起してから10年余りが経った。 再建した米国「リ・アメリカ」の主要都市の至るところで暴動の余波と疲弊する公安組織があり、国全体が悲鳴を上げているようだった。 バーンズが中東の某国で細菌兵器の取引を行うことをチャッチした軍事情報組織「A.S.F.」はデザイナー・ベイビーの出自を持つ戦闘人形部隊「ドールズ」を現地へ派遣する。 バーンズの打倒が大革命の沈静化につながると睨んだドールズの人形「カイル・カーティス」は仲間の「ジョン・ヒビキ」、「ミラ・クラーク」とともにバーンズと対峙する。 カイルとバーンズの間には浅からぬ因縁があった――。 ・『過去』あらすじ それぞれの人物の動機が明かされる―― 絶体絶命、孤立無援……生き残れ。 キャラクターデザイン(敬称略):ざわ姐、Rida ※「カクヨム」様でも好評連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間29分

    この作品を読む

  • 朝の露~八洲物語①~

    戦略・情報・決断…。戦わざるを得ない人へ

    136,010

    7,978


    2021年10月31日更新

    極東の果て日出る処(ところ)、人呼んで"八洲(やしま)"と申す大地ありーー。 多様な種族が互いに覇を争う世界で、辺境の大名、三笠義明(みかさ よしあき)は異種族である鬼の侵略に直面する。 圧倒的な兵力と未知の戦術を前にしながらも、義明は祖国を護るため、己の全てを掛けて強大な敵を迎え撃つ。 智謀渦巻き血潮沸く 和風異世界戦記ファンタジー! 〽︎朝露や草葉に消ゆる一雫嵐吹く夜もつひに明けなむーー ※令和3年10月31日(日)、完結に伴い、タイトルを『八洲物語』から『朝の露~八洲物語①~』に変更致しました。 ※なお、作品中に登場するオリジナルの言語については、以下に設定をまとめてあります。ガチめなやつですが、興味のある方はどうぞ。 https://novelup.plus/story/666121302 また、作品に登場する種族について、詳細を以下にまとめてあります。よかったらご参照ください。 https://novelup.plus/story/720508808 更に、作品の舞台である八洲の国や諸地方については、以下をご覧ください。 https://novelup.plus/story/968510406

    読了目安時間:6時間48分

    この作品を読む