完結済 短編

作者からの一言コメント

自作短編集から。『生きる』それがすべて。

中学二年の美玖はクラスでのいじめを苦に自殺を考える。 その日、帰宅すると妹が拾ってきた子猫が居た。 何も語らない子猫が美玖に教えてくれた事とは・・・。 その涙は――生の証。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名
作者名 -kaori-
ジャンル 文芸/純文学
タグ 届け、言葉の力PJ
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月18日 17時14分
最終投稿日 2019年10月18日 17時15分
文字数 3,904文字
ブックマーク登録 3件
コメント/スタンプ 30件
応援ポイント 12,050pt
ノベラポイント 1,750pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 未来に自分がいなくても

    ♡81,731

    〇500

    恋愛/ラブコメ・連載中・41話 桜川凛

    2020年6月3日更新

    大切な妹の春月へ、 あなたが転生者であると聞いて驚いています。 だけども、その事実が智絵里を救うことのためらいをなくしました。 死ぬことが怖くないなんて言わない。 ――ほんとは、生まれてこなかったことになるのだから、 死ぬよりももっと怖いのかも知れないけど。 この世界で智絵里が救われて、みんなが幸せになれば私は消えます。 春瀬美月という人間はいなかったことになります。 それでも、エヴァリーナお嬢様の使用人――不良なルチアはあなたの記憶の中にあります。 私はそれだけで充分です。 誰かの記憶にあるのだから、すなわち生きていると言ってもいいんだ。 ルチアとしての話は語るべくもありませんが、 春瀬美月の話は「ササラ」と名乗っている女の子に聞いてください。 彼女ならばすべて話してくれるでしょう。 繰り返しますが、あなたの記憶の中にわたしがあるのならば、 わたしは生まれてきてよかったと本当に思います。 お母さんとも仲良くしなければ駄目ですよ? 幼なじみの美留ともです。 この世界ではお母さんでもなければ、幼なじみでもないかも知れませんが、 あなたの大好きな智絵里が大好きな二人ですから、きっと仲良くなれるはずです。 マッキーとも、聖歌姉さまとも、仲良くしなければなりませんよ? 一見すると怖いかも知れませんが、聖歌姉さまは7段の掛け算が出来ません、今度いじってあげましょう。 お母さんの妹、パナリィーンもとってもいい子です。 学園長である、アサツキ様もとってもいい人です。 乃絵美とヒナタはついでくらいに仲良くしておけばいいです。 最後に、みんなと仲良くなったあなたは私のことを忘れてしまうことでしょう。 忘れてしまえば、悩むこともありません。 姉はそれを願っています。

  • ■第1話をより読みやすくしました

    ♡238,100

    〇10,550

    異世界ファンタジー・連載中・155話 美風慶伍

    2020年6月3日更新

    【注:序文、第1章第1話をより読みやすく改訂しました】 ■個性的な傭兵たちとのチームワークで少女傭兵ルストが人々のために勝利を掴み取る爽快冒険戦記ファンタジー 《主人公一人称形式:幕間/別幕と表記は三人称視点/1エピソード:1000字〜2500字/毎日午後7時更新》 ■国中を騒然とさせたモーデンハイム家令嬢失踪事件から2年後 ■17歳の少女ルストは屈強な男たちに囲まれながら傭兵として生きていた。だが初の隊長職を一人の不良傭兵に邪魔され、さらには彼女のプライドを傷つける事件が―― 「あたしの誠意とメンツを傷つけたなら、あなたの傭兵としてのメンツを叩き潰してあげる!」 不良傭兵と果し合い勝利したルストは、二つ名『旋風のルスト』の名と新たな任務を手に入れた。 西方辺境・ワルアイユ領。そこでのミスリル鉱石の横流し疑惑の極秘内偵任務。だがルストたちがそこで見たのは、領主の不慮の死と、対立領主からの妨害と、生活に困窮する領民たちの姿―― 塗炭の苦しみの領民たちを救うためルストたちは戦いに身を投じる。だが敵は想像を超えていた。 絶体絶命の窮地を前にしてルストは決意をする。そしてそれは人々を勝利へと導く偉大なる傭兵少女の誕生の瞬間だった。 ―傭兵の少女ルストは今、7人の仲間たちと共に勝利への道を歩み始める― 【本作品では、読者様キャラ化企画で造らせていただいたキャラが多数登場します。各話前文にてアナウンスします】 ■お知らせ 『【旋風のルスト】〜副読本 & ファン交流〜』を開始しました! 作品URL:https://novelup.plus/story/258792089 ・設定等を公開しています

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 盲目のサトリに拾われた幼女のおはなし

    ♡6,900

    〇0

    文芸/純文学・連載中・43話 色数

    2020年6月3日更新

    「ああそうだ、——死んでしまえばいい」 時は江戸。 開国の音高く世が騒乱に巻き込まれる少し前。 その異貌の仔どもは生まれてしまった。 老者のような白髪に、空を溶かしこんだ蒼の瞳。 バケモノと謗られ傷つけられて。 果ては誰にも顧みられず、幽閉されて独り育った。 願ったさいわいへの道往きを、仔どもは自身の死以外には知らなかった。 ——なのに。 腹を裂いた仔どもの現実をひるがえし、くるりと現れたそこは【江戸裏】 まことのバケモノが集いし夜の町。 魂となってさまよう仔どもはその町で、風鈴細工を生業をする盲目のサトリに拾われる。 あたたかな腕は恐怖でしかなく、けれども生まれて初めて、仔どもは愛されることを知ったのだ。 風鈴響く常夜の町で、死にたがりの仔どもが出逢ったこれは得がたい救いのはなし。

  • 第1回ゴリラ小説大賞にチャレンジ

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・連載中・1話 ソメヂメス

    2020年6月2日更新

    私はここで生まれ育ちました。私を育ててくれたヒト達と私の住処に訪れて来る旅をするヒト達。いつも通りの平穏な日々を過ごしていましたが少し違う日々がやってきました……早くいつもの日々に戻らないかなあ。