異世界ファンタジー 長編 連載中

ケモ耳っ娘になったからにはご主人様にモフられたい

作者からの一言コメント

なかなかモフらせてくれない…

─ただの冒険者では居られない、新しい人生─  前世でSランクの冒険者だったリリアンは、獣人として転生する。  前の生で道半ばで果たせなかった目的を遂げる為、また前世での約束を果たす為に、彼女は再び冒険者となる。  昔の経験や知識、伝を使い、強さや新しい力を手に入れていく一方で、自分の前世との思い出と対峙する…  転生して獣人になったリリアンの冒険&恋愛っぽい話です。  -------------------  話が進むにつれ、過去の話や過去と今の関係などが綴られて行きます。  失った過去の大事な仲間たち。そして互いの想い。  今の大事な仲間たちと、想いの行方。  -------------------  ※若干の残酷描写や性的な事を連想させる表現があります。  ※この作品は「小説になろう」「アルファポリス」にも掲載しております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ケモ耳っ娘になったからにはご主人様にモフられたい
作者名 都鳥
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 獣人 女主人公 ケモ耳 転生/転移 前世 恋愛 伏線 冒険 ケモミミ 剣と魔法 獣耳
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年9月20日 21時13分
最終投稿日 2020年10月31日 7時16分
文字数 50,453文字
ブックマーク登録 10件
コメント 0件
スタンプ 17件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 恋か復讐か

    ♡373,822

    〇22,052

    異世界ファンタジー・連載中・51話・139,301字 佐倉 こよみ

    2020年10月25日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、突如現れた悪魔の襲来によって幼馴染以外の全てを失う。 そこへ偶然訪れた【戦姫】アリスによって救われたシオンは、幼馴染のサンドラと共に悪魔への復讐を誓い、王国へ引き取られる事になった。 王国最強と謳われるアリスの元で四年の修行を経たシオンは、悪魔、そして魔王を倒す為の冒険へと出発する。 最初の村で会った記憶喪失の少女・レヴィが、新たな冒険仲間として行動を共にすることになった。 復讐を頼りに生きているシオンだったが、レヴィと様々な地を旅していくうちに、もう一つの生き甲斐が芽生え始める。 しかし、それを嘲笑うかのように燃え上がっていく復讐の因子。それはシオンの内側に植えつけられていた。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 皆様のお陰です、誠に有難う御座います! 週1更新します。

  • メイドさんがビキニアーマーで闘います。

    ♡108,010

    〇38

    異世界ファンタジー・完結済・40話・98,836字 咲蘭

    2020年10月31日更新

    毎年ユッカ連合公国内で開催される闘技大会が今年も予選からはじまった! 今年はスポンサーの意向でビキニアーマー着用が義務化され、カルゾ公国の名物武闘派メイドたちは大パニック! 嫌々、変態メイドの手作りビキニアーマーを着せられ、大会に参戦したメイド軍団の運命はいかに……? ※表紙はますこさんにいただきました。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 嘗て誅戮の限りを尽くした者の異世界冒険譚

    ♡5,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・166話・888,043字 鳥びゅーと

    2020年11月1日更新

    『殺戮の執行者』と呼ばれ、ネットやワイドショーを大いに騒がせた、悪人のみを狙って思うがままに殺戮の限りを尽くしていた人物がいた。 誰にも知られることはなかったが、彼は二重人格でそれぞれの得意分野を活かしながら殺人を繰り返していた。 だが、そんな彼はある日、異世界への転生を果たす。それも、それぞれの人格を分離した別々の一つの存在となって。 転生した彼らは近くにあった街に向かうが、そこでひょんなことから街でも有数な人物であるルミナと出会う。 そして、二人はそこから様々な人物と出会い、自分達のことを受け入れてくれた者達と活動を共にしながら、その世界のことを学んでいく。 だが、転生前から用いていた戦闘技能や暗殺技能はあるが、魔力が存在していて魔法がある異世界は、それだけでどうにかなるようなものではなかった。 転生直後は魔法の知識も無いので、異世界で生きて行くには不安な状態だったが、二人は魔法や魔力を用いた戦闘方法について学んで、着実に実力を付けていく。 これは不条理を嫌い、世界さえも嫌っていた二人の異世界冒険譚。 ※一話当たり4000~7000文字ぐらいです(普通にそれを超えることもあります)。 元々は小説家になろうのみで連載していましたが、こちらでも連載することにしました。 それに際して掲載している分の改稿作業を行い、それが済んだ部分から順次掲載していきます。 そのため、改稿作業が最新部分に追い付くまでは更新量は不定になります。 小説家になろう、カクヨムでも連載しています。 【小説家になろう】 https://ncode.syosetu.com/n3566fk/ 【カクヨム】 https://kakuyomu.jp/works/1177354054934583938

  • 好きだと言ってもらえる主人公を目指します

    ♡7,310

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・10話・27,062字 有坂紅

    2020年11月1日更新

    人類の盾、と称される三人の英雄がいた時代。 個人の力を遥かに凌駕して、種族の限界を超越して、単独で魔竜や魔人と戦う彼らを人は崇め敬った。 だが三人のうち一人は、もっと別のもののために戦っていた。 人類のためではなく。己のためでもなく。たった一つの目的のために。 これはそんな【大魔導師】クロウと、その従者キトラの物語である。 ※この作品は小説家になろうでも『大魔導師クロウ~天才魔法使いがクソヤロウ女神をぶん殴るまでの物語~』というタイトルで公開しています。