二次創作 短編集 連載中

私立ノベプラ女学院

作者からの一言コメント

百合の名を冠した乙女たちの物語

私立ノベプラ女学院。 その生徒会を務める3人は、黒百合、白百合、赤百合と生徒たちから呼ばれ、親しまれていたのだった──。 2020 7/26~ 連載開始。現状、数日おきに更新していく予定です。 表紙画像は実在する教会の庭先にて撮影しました。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 私立ノベプラ女学院
原作
作者名 双六 人生
ジャンル 二次創作
タグ 1周年公式創作フェア コメディ シリアス アクション/バトル 女主人公 学園 ノベプラオンリー 百合 セルフパロ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月26日 18時50分
最終投稿日 2020年10月17日 19時05分
文字数 75,699文字
ブックマーク登録 31件
コメント 16件
スタンプ 304件
ビビッと 0件
応援ポイント 65,617pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • コインのご利用は計画的に

    ♡18,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・43話・132,657字 聖魔鶏カルテペンギン

    2020年9月3日更新

    【挨拶】 日間ランキング130位ありがとうございます。 現在、添削の指導を受けています。 添削完了は017枚目までです。 【あらすじ】 人や魔物などが、何かしらの固有スキルを所持している異世界ロメイヤード。 なにもしらずに召喚された東海林 琴花21歳。 戦う術も武器もなく、見知らぬ森の中を彷徨う。 一方、エルフのエルと赤髪の青年レイは、オクジェイト村で起きた緊急クエストのため、新米冒険者サーシャを仲間に加えて魔物の巣窟であるオクジェイト大森林へと向かう。 冒険者達と琴花が出会うとき、大いなる物語が幕を開ける。 汚れたコインを手にした琴花の旅と恋の行方は……。 原作 聖魔鶏カルテペンギン キャラデザイン かめりここ様 Present by Karutepengin ☆のマークはイラストあり。 深く考えず、頭を空っぽにしてお楽しみください。

  • 我等を舐めるな、〈自称〉現実!!

    ♡128,680

    〇277

    異世界ファンタジー・完結済・120話・1,151,629字 博元 裕央

    2020年10月25日更新

    「ビキニアーマー、だとぉ……!?」「我等《ファンタジー》を舐めるな、〈自称〉現実《リアル》!!」 半裸《ビキニアーマー》の美少女、それは世界で最も恐るべき抜き身の刃! 水で満ちた宇宙に浮かぶ泡の世界・混珠《こんじゅ》。 その片隅で仲間達との冒険者生活を慈しんでいた、かつてとある地球の少年であった転生者の少女リアラの日常は突如崩壊した。 邪悪な異世界転生チート達の秘密結社、新天地玩想郷《ネオファンタジーチートピア》の攻撃に惨たらしく殺される仲間達。 そんなリアラを救ったのは、ビキニアーマーを纏う美少女、チートに抗う力を持つ竜の勇者ルルヤ。 今、敢えて古の道を行く時代遅れな奴等の逆襲が始まる! (表紙は風見屋様に書いて頂いた物、挿絵は同じく風見屋様に書いて頂いた物に加え、忍坂けの様に書いて頂いた物、瑠華様に書いて頂いた物、まふゆとら様に書いて頂いた物、鉄機様に書いて頂いた物です)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お絵描きしたいと数年ぼやいてましたが!!

    ♡389,122

    二次創作・連載中・120話・93,238字 神村 星

    2020年10月27日更新

    ノベルアップ+のイラストコンクールが開催されていますね。(2020/8/31で終了しました) 当たり前に初心者過ぎて下手っぴ過ぎるので、 応募なんてできないけれど、 絵が描ける人がうらやましい~。 自分が書いた小説にイラスト付けられたいいなーなんて妄想したり、描けないよりそりゃ描けた方がいいよねー!なんて思い続け、 数年間…お絵描きしたいと言ってますが 神村、口だけ。 2020年も後半戦!習うより慣れろ! ってことで、ついにお絵描きを始めたいと思います。 本当に初心者なので道具もありません、 当たり前に上手いわけはないので、閲覧注意! とりあえず、一年間目指して頑張ります~!! ※現在はスマホ+手書きで描いています。 アイビスペイント様使用。 (要するに一円の出費もせず、スタート!) ※表紙は3ヶ月経過。 あと9ヶ月頑張ります!

  • 繕われる世界で幕開けたとある弟の聖杯戦争

    ♡0

    二次創作・連載中・1話・4,901字 千菅茅絃(ちづる&えもえもん)

    2020年10月26日更新

    「───もし永遠に、子供の頃のように、姉上と面白おかしく暮らせたのなら。」 とある弟が憧憬と共に思い描いた、たったこれだけの尊き祈り。 それは世界を歪ませ、理を捩じ曲げ、 【尾張の雪原】に亜種聖杯戦争を催すまでに至る。 開戦前、姉弟はまた巡り逢い、聖杯の器も揃った。 だが、彼が欲する【一縷の悲願】を成就させるためには、 聖杯の中身となる『英霊』を用意しなければならず、 しかし同時に、 マスター足りえる存在は彼のみであった。 彼は究極的な措置として、 英霊を一騎ずつ召喚し、最愛の姉と共に、 召喚される英雄豪傑たちと『一騎討ち形式』を以て戦うことを選択し、これを強行する。 本来であれば、マスターが一方に肩入れする時点で、『八百長試合』は免れず、各サーヴァントとの戦いの行く末など、始まる前から決している。 ─────そう、"本来"であれば。 これは、歪みの果ての聖杯戦争。 「百年後には剪定される儚き世界」───そう分かっていながらも、 【百年限りの安寧】を得るため覇を競い合う、夢幻(ゆめまぼろし)の物語。 「───どうかこの、"いつか繕われるユメ"だけは、決して醒めて仕舞いませんように───。」 Illustrator.えもえもん ( https://twitter.com/emoemon0604?s=09 )