異世界ファンタジー 長編 連載中

女神の世直し行脚

作者からの一言コメント

世界に美の神髄を取り戻す

女体の造形こそ、美の神髄である。 美の女神、アフォリスは言い放つ。 しかし、世界はそれをひた隠す。 かの悪逆非道な女王が、大衆から肌色を奪ってしまった。 美が失われているこの世界は腐っている。 女神は決意した。 この女王は必ず除かなければならぬと。 そうして様々な人を巻き込みながら、女神は美のために世直しに突き進むのであった。 全ては美の神髄を人々に知らしめるために! ※ビキニアーマー大賞 参加作品です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 女神の世直し行脚
作者名 筋肉痛
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ビキニアーマー大賞 コメディ ギャグ 女主人公 西洋風 ノベプラオンリー 美の神髄 世直し 女王 女神 神器《補正下着》
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年9月14日 15時19分
最終投稿日 2020年9月28日 9時36分
文字数 18,969文字
ブックマーク登録 8件
コメント/スタンプ 8件
応援ポイント 2,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 『主役は総理大臣』ってアリですか!?

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話・20,378字 猫島 肇

    2020年9月28日更新

    ソルアンジェルス大陸の中央に位置するブルーム=ブバルディア学園は、朝から活気だっていた。 本日は記念すべき400回目の異世界交換生を召喚する日である。生徒たちはざわめき、心は弾んでいた。 本日の召喚生は相馬 龍太郎という人物。潜在魔力が極めて高かったため、今回の生徒に選ばれた。 しかし――。 呼ばれたのは、相馬 太郎(55)。 彼は龍太郎の父であり、そして……日本国の総理大臣である。 *************************** 日本国首相は魔術が発達した異世界でナニを学ぶ!? 魔法? 魔獣? それとも魔道具? いいえ、政治家はやはり、社会を学びます! 魔法なんて便利なものがあると思ったけれど、蓋を開けてみれば行政はあってないようなものだった。 黙っていられないと太郎はソルアンジェルス大陸の改革に乗り出していく。 *************************** ※特定の総理大臣を推薦したり批判したりするつもりはありません。 お好きな首相像でお楽しみください。 ※この作品は「小説家になろう」「カクヨム」「ノベルアップ+」「魔法のiらんど」でも掲載しています。

  • 魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    ♡844,626

    〇15,745

    異世界ファンタジー・連載中・5744話・767,808字 ぽてゆき

    2020年9月28日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 ※〈第1回ノベルアップ+小説大賞〉に応募しているこちらの作品もぜひ! 『伝説の勇者ポイントカード』 https://novelup.plus/story/261249263 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。