完結済 長編

六芒星が頂に〜星天に掲げよ!二つ剣ノ銀杏紋〜

作者からの一言コメント

第1回歴史・時代小説大賞入賞作品

20歳の大学生だった栗岡成輝は、気が付くと戦国時代の近江国の小さな国人領主の子供に生まれ変わっていた。寺倉家の嫡男・淀峰丸として生を受けた彼は、前世で得た知識を使って幼少の頃から少しずつ領内を発展させ、民からは“神童”と呼ばれて尊敬を集めていく。 のちに「寺倉正吉郎蹊政」となった彼の元に集ってくる「寺倉六芒星」や「寺倉十六将星」「寺倉六奉行」と呼ばれる家臣達の力を借りて、正吉郎は『日ノ本の民を豊かにし笑顔の溢れる世を作るべし』と壮大な宿志を掲げ戦乱の世を生き抜いていく。

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 六芒星が頂に〜星天に掲げよ!二つ剣ノ銀杏紋〜
作者名 縞杜コウ(旧:縞守皐駕)
ジャンル 歴史/時代
タグ 和風 転生/転移 戦記 歴史 第1回歴史時代大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月22日 11時04分
最終投稿日 2020年6月19日 13時45分
文字数 1,508,044文字
ブックマーク登録 96件
コメント/スタンプ 837件
応援ポイント 1,032,800pt
ノベラポイント 2,285pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異能×バトル×その他色々

    ♡7,380

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・30話 ネイン

    2020年7月6日更新

    人々が社会生活を営む裏では、異能者が暗躍する世界があった。 世界各国の文化、歴史、思想の違いから様々な異能が生まれた。欧米、欧州では魔術が生まれ、中国では気の力を操り、アフリカ大陸、中東では神霊的存在から力を借りていた。 日本では能力者と呼ばれる異能の力を操る人々が暗躍した。時が経ち能力者の統率を目的として東京に所在する「東京本部能力所」を中心とし、四十二都道府県と特定の政令指定都市に能力所を配置した。能力所には能力者、研究員等が配置され、日本の裏社会で暗躍し続けた。 そして、二〇一二年四月十二日に発信された以下の報告から物語は始まる。 東京本部能力所 中枢部御中 二〇一一年四月十日、「神戸特区能力所」の管轄区域内にて、とある少年に能力の発現が確認されたが発見者である本条啓子は、交戦中で場が混乱していた為に少年の行方と所在が把握出来なかった件について進展があります。 昨日、発見者であった本条啓子が通学帰りに病院へ行った際、少年と再会し本日付けで一時保護する事が本能力所で決定致しました。頃合いを見て正式な能力者として迎え入れます。 急な連絡申し訳ありません。 追記:本人は了承済です。 -------------------------- 神戸特区能力所 所長 楠 瞬也 -------------------------- ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 また、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※カクヨムにて同時掲載中!

  • 熱血全力、ラブ・スペースオペラです!

    ♡349,250

    〇50,740

    SF・連載中・367話 呑竜

    2020年7月6日更新

    多元世界を駆け巡る冒険者になりたかった。 ついでに可愛い女の子と仲良くなれたら最高だなと思ってた。 その夢はどちらも叶った。 ひょんなことから少年は、多元世界すべてを揺るがすような大事変に巻き込まれる。 相棒は妻であるのじゃ系ロリ巫女と、奴隷であるツンデレ眼鏡っ娘と剣道女子。 他にもネコ耳少女やら金髪ボクっ娘やら褐色ネイティブ娘やらレズっ娘メイドやら無口系銀髪っ娘やら、とにかくたくさんの女の子が彼の周りには集ってきて……あ、あれ? ちょっと多すぎない? 「ええーい、こうなりゃヤケだ! 魔女っ娘でも姫騎士でも悪の組織の女幹部でもなんでもいいぞ! ニッチな層もオールカヴァーだ! とにかくどんどん来い! 全員俺が面倒見てやる!」 来る者拒まずのハーレムキングが会社経営やら世界滅亡の危機やらに挑む、全力全開ラブ・スペースオペラ、開幕です! ※この作品には以下のような成分が含まれています。 ・熱血暴走系主人公(極度の女たらし)。 ・濃すぎる武術描写(序盤は薄め。徐々にむせ返るほど濃くなっていきます)。 ・超献身的なヒロインズによる、主人公への全力全開大告白(円満ハーレムを目指します)。 ・フォースみたいな技も使えるようになります。 ・ちょいちょいシリアス成分もありますが、最後はウルトラハッピーエンドです。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る