二次創作 短編 完結済

うどんになったのべらちゃん(スタンプイラスト)

作者からの一言コメント

ペイントとマウスしかないですっ

読了目安時間:1分以内

総エピソード数:1話

うどんになったのべらちゃん(スタンプイラスト)の表紙

スタンプになったらいいな!

前へ

1-1

次へ

前へ

1-1

次へ

作品情報

作品名 うどんになったのべらちゃん(スタンプイラスト)
原作
作者名 ぽんたしろお
ジャンル 二次創作
タグ イラコンスタンプ部門 のべらちゃん
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月14日 13時22分
最終投稿日 2020年7月14日 13時26分
完結日 2020年7月14日 13時26分
文字数 0文字
読了目安時間 1分以内
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 3件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,865pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • パられル総合学園 @エコー作品登場人物ごった煮学園

    📚初見でも読める仕様に頑張った

    16,800


    2021年11月30日更新

    舞台は今未来全てのエコー作品登場人物が登場する謎学園。 学科の数は星の数、専門学校の程をなすこの学園に年齢制限はない。 それでも辻褄が合わないのは【ご愛嬌】!! 学園は今日も大惨事。 思えば色々なキャラクターを出してきた……だから思うの、どう考えても混ぜるな危険。 しかしご安心ください。 創作活動に危険物取扱免許など不要の長物。 論より証拠。 なる様になれば良いなぁという希望的観測。 未来は明るく濁ってる。一寸先は闇。同じ闇なら踊らにゃ孫々。 赤信号、みんなで渡れば怖くはなくても危険大。 むしろ気付こう。集団心理は悪魔の囁き。

    読了目安時間:1時間10分

    この作品を読む

  • 物語展開+

    中二病を卒業した邪気眼ぱいせんの二次創作

    6,800


    2021年11月30日更新

    中学時代、自らの事を異能力者・邪気眼(イビルアイ)であると信じていた中二病患者、漆田風太郎(邪気眼ぱいせん)。 だが彼はとある事件をきっかけに不登校となり、中二病も卒業する事となった。 不登校ながらも真面目に勉強をする事で高校進学を果たした風太郎だったが、突然親の仕事の都合によって、西武池袋線江古田駅から徒歩十分に存在する築四十年越えの古い木造建築アパートにて一人暮らしをする事となり、高校も近くの豊島学園高等部へと転向する事になる。 新たな土地で心機一転、新たな生活を歩もうとする風太郎。しかしそこで再会したのは——かつて自分が不登校になるきっかけを作った女生徒、黒湯里奈(黒百合)であった。 そんな過去の古傷やしがらみに囚われながらも始まった新しい学園生活だったが、しかし事件は学園生活だけに止まらなかった。 ひょんな事から、新興の小説投稿サイト・ノベルアッププラスに事前登録する事となった風太郎だったが、そんな彼の元に一通のメールが届く。 「おめでとうございます。 貴方は【物語展開】に選ばれました。 これより始まる戦いに勝利した者は、異世界への扉が開かれる事でしょう。 皆さまの更なる奮闘と今後の躍進をお祈り申し上げます。」 かつてイビルアイと名乗った中二病患者・漆田風太郎は、大いなる野望を目論む存在達が企てた——物語展開者(ノベルアッパー)の戦いに巻き込まれる事となっていく。 ※ 約2000文字をベースで投稿していく予定となります。 更新頻度は作者の執筆状況により異なる事と思われますので、気長にお付き合い頂ければ幸いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間27分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    剣と銃、幻想と科学が織り恋愛ファンタジー

    455,750

    1,900


    2021年7月27日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間34分

    この作品を読む

  • 国立大学法人東京魔術大学 ─血継魔術科─

    魔術師と言えど、大学生は阿呆である。

    81,100

    10


    2021年11月30日更新

    「人類が魔術という異能を得て幾星霜。──未だに二日酔いは克服できていない」 伊庭八代はパトカーの中で全裸でそう呟いた。 魔術が一般に普及した現代。 科学が発展すると共に少しずつ魔術が衰退している世界で 日本の魔術学校の最高峰、国立大学法人東京魔術大学【血継魔術科】では今日も問題が発生していた。 生徒が逮捕されるわ。テロは起きて最前線に駆り出されるわの慌ただしい日々。 この物語は、そんなたった七人しかいない血継魔術科の怠惰な日常と栄光の日々を描いた物語である。 表紙画像は相内充希(@AiuchiMituki)様から頂いたものです。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間10分

    この作品を読む