恋愛/ラブコメ 短編 完結済

カードゲームが繋ぐ恋

作者からの一言コメント

TCGがきっかけで仲良くなった二人の話

カードゲームがきっかけで知り合った同じ高校の同級生である龍と未来。 そんな二人のちょっとしたお話。 カクヨムでも掲載しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 カードゲームが繋ぐ恋
作者名 巴 遊夜
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 恋愛 ラブコメ? カードゲーム TCG ほのぼの ハッピーエンド
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年6月6日 21時05分
最終投稿日 2019年6月6日 21時39分
文字数 5,572文字
ブックマーク登録 9件
コメント 5件
スタンプ 13件
ビビッと 0件
応援ポイント 8,480pt
ノベラポイント 50pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年11月29日更新

    『ハルアキくん、大きくなったら結婚しに行くから待っててね』 『うん、ヒナちゃんが来るのをボクずっと待ってるから』 ボク――古賀春明は、幼い頃にかわした約束を今でもずっと大事に覚えていた。 いつヒナちゃんが帰って来てもいいように、それなりに頑張って生きてもきた。 そんなボクの前にある日突然、鴻池陽菜(こうのいけ・はるな)というお嬢さまが現れ、なぜか1か月間『お試しお付き合い』をすることに――!? ヒナちゃんとの淡い初恋の「思い出」と、陽菜と過ごす楽しい「今」に揺れるボクは、1か月後どんな選択をしているのだろうか――。 ーーーーーーーーー 「ハルアキくん♪ お・待・た・せ♪」 お洒落な私服に着替えた陽菜がぴょこっと顔を出した。 「えっと今、陽菜はどこから入ってきたの?」 「もちろん隣の部屋からですよ?」 「隣って確か陽菜の寝室だったよね?」 「いちいち廊下に出てから行き来するのでは同棲感がないので、わたしの部屋と寝室、そしてハルアキくんの部屋をつなげてもらったんです」 「ええっ!?」 慌てて陽菜が顔を出したドアから隣の部屋を覗き込むと、 「つ、繋がってる……!?」 「どうです? これで同棲の雰囲気が上がってきませんか?」

  • 攻めギツネとショタヌキ『BLフェア』

    ♡600

    〇10

    恋愛/ラブコメ・連載中・7話・6,481字 eno

    2020年11月29日更新

    ※やや絡みがあります。苦手な方はご注意ください。 ※予告なしで部分改稿することがあります。ご了承くださいm(__)m 江戸時代。 ある廃れたお稲荷様の社の前で、最近人間たちが頻繁に化かされるようになった。 お稲荷様の仕業かと思った村の者たちは、社を掃除し、お供え物も用意した。 すると、次の日の朝になると供えた食べ物は不思議なことに綺麗さっぱりと無くなっている。 もしかしたら野犬でもいるのかと、供え物を食べた犯人を夜通し監視した人間達だったが、皆恐ろしい目にあって帰ってきた。 しかし、実際の犯人はそれらとは違った。 お稲荷様を利用して調子にのった彼は、その社の主の怒りをかってしまった。 捕まえて、懲らしめようとするものと、追われるもの。 さながらそれは【ことろことろ(現代で言う鬼ごっこ)】のようである。