異世界ファンタジー 長編 連載中

月と星のカルテット

作者からの一言コメント

長いお話なので少しずつ語ります

月と星のカルテットの表紙

第四大陸にはたくさんの種族がひしめいていた。 あるものは白い卵から、あるものは黒い卵から生まれ、千年、争っていた。 天使が戦いを止める、その日まで。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 月と星のカルテット
作者名 椎堂かおる(zero)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年10月23日 23時04分
最終投稿日 2020年5月4日 22時00分
完結日 -
文字数 30,317文字
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 13件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • とある世界の願い

    楽しく書いていきたいと思います。

    0

    0


    日時集計中

    突然、見たこともない世界で目を覚ました少年は、自分の名前も生い立ちも忘れてしまっていた。 行く先々で出会う不思議な人達と、呼び起こされていく記憶に導かれて、少年の自分探しの旅が始まる。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 死ねない魔法少女の異世界転生記

    「死ぬことは罪だよ。私は死にたいけど」

    48,300

    0


    2021年4月14日更新

    やぁ。私は赤松玲。二十一歳のお姉さんさ。 いや、この自己紹介はあまり正しくないかもなぁ……正確に言うと私は二十一歳のお姉さんだったのにも関わらず、とある事情から死んじゃって輪廻転生、今は十七歳の美少女になっている。 そして十七年間、今の世界でクシャナ・アルスタッドとして生活をしているのだけれど…… どうにもこの世界に、私と生前因縁があった【アシッド】という怪物が出ているらしくてね。 私はあまり興味ないのだけれど、若い子達を無下に見殺しには出来ない。 とある事情で手にしたマジカリング・デバイス【イリュージョン】を用いて、魔法少女に変身し、戦う事になったんだ。 詳しくは本編を読んでくれたまえ。お姉さんも大歓迎だよ? ※ご覧になる方によっては気分を害する描写等もあります。 予めご了承ください。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※この作品は「小説家になろう!」様でも同様の内容で掲載しております。 ※コメント・スタンプ・レビュー・ビビッと等も大歓迎です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23時間34分

    この作品を読む