異世界ファンタジー 長編 連載中

月と星のカルテット

作者からの一言コメント

長いお話なので少しずつ語ります

第四大陸にはたくさんの種族がひしめいていた。 あるものは白い卵から、あるものは黒い卵から生まれ、千年、争っていた。 天使が戦いを止める、その日まで。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 月と星のカルテット
作者名 椎堂かおる(zero)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年10月23日 23時04分
最終投稿日 2020年5月4日 22時00分
文字数 30,317文字
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 13件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 美少女傭兵の物語、第四章・帰郷編スタート

    ♡580,350

    〇19,771

    異世界ファンタジー・連載中・287話・492,851字 美風慶伍

    2020年10月22日更新

    ★第四章スタート! 【あらすじ】 17歳の銀髪・碧眼の美少女ルストは重い病の母の治療費のために傭兵として懸命に働いていた。そんなルストは女の子故に腕っぷしや武力では屈強な男たちには敵わない。だが優れた洞察力と包容力と指導力、そして精霊科学『精術』を武器に困難な事態を次々に打ち破っていく 気高さに溢れた美少女が、精霊科学の残る悠久の大地フェンデリオル国で砂漠の大帝国と戦い、人々を幸せへと導く爽快なサクセスストーリー戦記ヒロインファンタジー 【ストーリー】 17歳の少女ルストは病身の母のために傭兵として戦い治療費を稼いでいた。努力の末に昇格したルストだが実績のない彼女では良い仕事はなかなか得られない。彼女はそれでも諦めない。親切な老傭兵の助けを借り、大きな任務を掴むことに 新たな任務には隊員として参加するはずだったが、予想外の事態から小隊長を任じられる。命の危険を乗り越え敵軍の偵察部隊を撃破する成果をあげて無事帰還する 成功を喜び仲間を労おうとするルスト。だが一人の不良傭兵が仕掛けた罠が彼女を待っていた。仲間たちの前で晒し者になったルストは傭兵として誇りを守るため、真っ向から果し合いの勝負を挑む 「あたしの誠意とメンツを傷つけたならあなたのメンツを叩き潰してあげる!」 ルストは苦闘の末に見事果し合いに勝利すると、二つ名『旋風のルスト』を勝ち取る 名を挙げた彼女に新たな任務【西方の辺境領でのミスリル鉱石の横流し疑惑の極秘内偵任務】が舞い込む 再び隊長として仲間を率いたルストが任務先の土地で目の当たりにしたのは、領主の不慮の死、対立領主の執拗な迫害、そして苦境に立たされる領民たちの姿だった 姿なき敵がルストたちを襲い、ワルアイユに危機がせまる 悪化する事態の中、解決の糸口を開いたのはルストの強い意志と、ともに闘う仲間たち。そしてルストは人々の命とワルアイユ領再建への道を掴みとるために決起する 「みなさん!これは困難ではありません!千載一遇のチャンスです!」 東から追撃部隊が、西から砂漠の帝国が迫る中、ルストは秘策を胸に人々と決戦の地へと向かう。ルストの乾坤一擲の策が動いたとき大平原で決戦が始まる。ルストは勝利して仲間たちと共に栄光をつかめるのだろうか?

  • 転生の前に広がる、狭間の世界へようこそ。

    ♡217,950

    〇1,488

    異世界ファンタジー・連載中・27話・74,485字 南方 華(みなかた はる)

    2020年10月21日更新

    少年が目を開けると、そこは、薄暗く狭い「棺」の中だった。 身体を起こすと、白髪に赤い瞳の少女「テンシ」が隣に座り、にこにこと微笑んでいた。 彼女は言う。 「ここは突然の事故や病気などで、不幸にも命を落とした方が稀に流れ着く先であり、再び転生する為の様々な準備が出来る、死と生の狭間にある世界なんです」と。 悲しい死の後に横たわる狭間の世界で、少年と少女は出会い、新たなる生へ向け、不思議な日々を過ごしていく。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 転生乙女と現地乙女の百合百合冒険譚

    ♡21,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・119話・352,262字 うー

    2020年10月23日更新

    人並みのゲーム好きである阿久津 有栖は新作RPGを買いに行った際に交通事故に遭ってしまう。 二度と目が覚めないと心の中で思いながら意識が失っていく有栖だった。しかし、彼女は目を覚ました。 まるで「始まりの町」のような雰囲気に困惑する有栖だったがとりあえずポケットに入れていたタバコを吸いながら落ち着くのであった。 そして一丁のマスケット銃との出会いが彼女の運命を大きく左右する事となる。

  • 流行りの異世界ものに付いていけない人に

    ♡3,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・22話・127,549字 征止長

    2020年10月23日更新

    注意! この作品は、神様に便利な力を貰って俺TUEE! 系作品が好きな人が読むと不快になる可能性があります。 その手の作品に、違和感を感じる人や、飽きた人向けです。 ネノカタス大陸にある各国は、魔王軍の侵攻に対するため、1000年前の勇者が来た世界から、新たな勇者を召喚する。 これまで召喚されたのは、自称平凡な高校生、大学生、社会人。 だが、平凡と自称しつつ、脳内はゲームや異世界転移の物語に常識を毒されていた。 弱い魔物を倒せば強くなれる。戦っていれば自然に魔法を覚える。その内、特殊な力に目覚める。 そんな、非常識な現象を信じていた。 しかし、この世界に、レベルアップや、戦い方も知らない人間に力を与えてくれる都合の良い神はいない。 それに気付かず、彼らは自信満々に魔王を倒すと意気込み、ゲームの定番の行動を始める。 全く役に立たない勇者に疑問が浮かぶ中、最後の勇者が召喚される。 彼は、農家であり、猟師であり、武術家であり、戦国時代に憧れる戦闘狂であった。 そして、サブカルチャーに無知であったため、この世界の人々と一緒に軍人として戦争に参加することを決意する。 平和な社会に馴染めず、命のやり取りをしている中世で生きていくのに適した主人公が、その中で人として成長して行く……はず。 追記 小説家になろうにも投稿しています。