SF 長編 連載中

月のない夜、反逆のノーチラス

作者からの一言コメント

少年は銃を手に取り、世界に反逆する

 何もかもが、変わっていく。  明日が、わからない。  変わらないはずの全てが、変わってしまう――。  政府の研究機関、「オルガノ」にクローンが支配される世界。十二歳の少年、朔(さく)はクローンの一人として貧民街で暮らしていた。傍若無人な父親と最愛の双子の世話をしながら、貧しくとも未来を諦めない、慎ましい日々。だがそんな日常は、一発の銃弾によって、呆気なく破壊されてしまう。  共に命の危機に陥った朔を救ったのは、打倒オルガノを掲げる組織、「ノーチラス」のリーダー、シオン。 「君に、ノーチラスに入って欲しい」  オルガノは殺人ウイルスによりクローンの破滅を目論んでいた。  愛する者を奪った世界、そして未来のために朔はノーチラスに加入し、世界への反逆を誓う。  そこに深い思惑が働いていることも知らないまま――。 アクション・SF要素を含みます。 「小説家になろう」にも掲載しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 月のない夜、反逆のノーチラス
作者名 ふあ
ジャンル SF
タグ シリアス アクション/バトル 男主人公 少年 少女 クローン ノーチラス
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月31日 11時48分
最終投稿日 2020年7月2日 23時26分
文字数 57,094文字
ブックマーク登録 7件
コメント 2件
スタンプ 41件
ビビッと 0件
応援ポイント 11,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 手直し入るかもしれませんが、ご愛嬌を

    ♡600

    〇0

    SF・連載中・3話・5,061字 スナフキン

    2020年11月26日更新

    wowシグナルから数十年。 新たに地球に届いたセカンドシグナルに人々は新時代を予感した。 そのシグナルの意味を理解した片田舎に住むジャック。 彼が招待されたのは宇宙からの来訪者の船艦だった。 彼らの目的は? ジャックの運命は? 新時代への幕が開かれる。

    タグ:

  • 社会を揺るがすデスゲーム!

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・2話・4,769字 金童子 集

    2020年11月26日更新

    2054年アジア大陸の南北戦争により世界では大気核汚染を原因とした病気が流行し、国内での報復テロも増加の一途をたどった。そして2068年、世界へ向けた最先端研究特区のモデルケースとなるため東京湾に建設された人工島プリズムリバティ。そこでは施設の設備補修、空気洗浄、人々の健康管理などの仕事を一手に担う汎用型ナノマシン「氷雪」(スノー)が散布され、都市を完全に管理する量子AI「ブレイン」のもとで人々は社会を発展させていった。そんな都市に住む空疑 槍(うつぎ そう)は「氷雪」に自分の脳内の情報までも監視させ売り渡す契約を結ぶことでなんとか収入を得ていた。 そして彼と戦闘用アンドロイドNo.9は都市の根幹を揺るがす殺人事件に足を踏み入れてしまうのだった。