連載中 長編

春の紅葉

作者からの一言コメント

江戸は、何度だって立ち上がるさ――

 文政十二年 三月二十一日。強い北西風が吹き荒れる江戸を、魔火が襲う。  大地震で家を失い親を失い、越後から身一つで江戸へ出てきた澪に降りかかった、再びの悲劇。  江戸は、そして澪は、立ち上がれるのか――  文政の大火のお話です。  江戸三大大火には入っていませんが、三大大火の一つ、文化の大火よりも死者数は多かったとされる、非常に大きな火災でした。  「届け、言葉の力PJ」に参加しています。  水害と火災と、全然違っても、人が苦しむ災害の話なんてもう見たくないよという方もいらっしゃいますよね。本当にすみません。  でも、度重なる大火から何度も立ち上がってきた、江戸の人々の強さが少しでも伝わればと願って―― 参考文献 『春の紅葉』 川崎重恭《かわさきしげやす》 (江戸叢書 巻の八)  被害の状況から、お上の施策や法令の数々。巷の風説、戯れ歌、落首の類まで、非常に詳細に記された、当時の記録です。  一面の炎を紅葉と形容しているのですね。昔の書物とも思えない印象的なタイトルを、そのままお借りしています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 春の紅葉
作者名 あい
ジャンル 歴史/時代
タグ 江戸 江戸時代 時代小説 時代劇 火事 和風 届け、言葉の力PJ ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月23日 18時48分
最終投稿日 2020年3月28日 5時08分
文字数 30,708文字
ブックマーク登録 22件
コメント/スタンプ 154件
応援ポイント 47,300pt
ノベラポイント 922pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 現代異能捕縛劇、必見の挿絵扉絵有り

    ♡42,474

    〇6,055

    現代/その他ファンタジー・連載中・35話 兎野熊八

    2020年8月14日更新

    表紙制作 よのね 様 『乙女達よ、この現実を護り、チートを狩れ』 大正初期、突如として異世界へと人間が転移し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、 【 異世界問題 】 が日本の一学園にて発生。 異世界より帰還した少年少女、授けられた異能、その絶大な力に目を付けた時の政府は、 彼ら彼女らを軍事利用し、日本を世界唯一の列強国へと押し上げた。 大正九年の事である。 ――、それから百年後となる現代日本。 異能者を産む学園は世界各国のスパイ、犯罪組織が集い始めていた。 その無敵とも思われる異能の力を欲し、各国が謀略を企てる中、 日本は異能者の【捕獲】【保護】【管理】を目的とした組織をいち早く発足、 事件の発端となった【御影学園】にて異能者達による 【生徒会執行部】を設立。下部組織に、 【風紀】【清掃】【保健】【図書】を置き、 この現実世界の守りの要とした。 時は2020年、夏――、 過去に2度の異世界転移に巻き込まれ、二つの異世界を救い、二つの異能を授かった少女 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 そのチート能力と異世界を二度も救った功績を買われ、異世界転移者を救出する部隊、 【図書委員】へと所属し、仲間と共に救助活動を行っていた。 同じく、過去に異世界を救った少女、 『獣神の英雄』と唄われる少女、皇之火色《きみのひいろ》こと『ヒロ』 『マッドピーシー』と恐れられる名を捨てた少女『ピーシー』 三人の乙女達は、今日も世界を護るため、 現実と異世界を行ったり来たりの日々を過ごしていた。 然しそんな彼女たちも女の子、想う所は一夏の想いで 巡る季節に募らせるは――、恋心。 この夏、ついに意中の彼への『告白』を決意したメクルでしたが……。 現実世界へと現れた『死者蘇生』のチート能力者を巡り、事件は思わぬ方向へ――。 チートで可愛い乙女達による、 全ての世界《げんじつ》を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、スタンプ、ポイント、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

  • 次回更新日は8/22(土)です

    ♡116,903

    〇738

    詩/短歌・連載中・26話 桃口 優

    2020年8月15日更新

    あなたは自分のことが好きですか? 前向きになれるような、自分を好きになれるような詩をアップしていきます。 どこかにあなたが共感できるものが見つかると嬉しいです 毎日更新から、毎週土曜更新に変わりました。 毎日読んでくれていた方には申し訳ないです。 その分楽しめる作品を書けるよう頑張ります

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 不老長寿の妙薬「虎の肝」を巡る戦国小説

    ♡13,000

    〇52

    歴史/時代・連載中・13話 北白川 司空

    2020年8月15日更新

    老いた権力者豊臣秀吉が不老長寿の妙薬「虎の肝」を探すことを各大名に命じた。 大名の家臣達は「虎の肝」を求めて朝鮮半島の山野を巡り、狩猟の中で命を落とす。 そんな犠牲を払って手に入れて「虎の肝」を秀吉は口にした時…。 権力の他愛もない要求が、それを取り巻く人々の命まで奪っていく不合理を描く。

    タグ:

  • 「桶狭間の戦い」の謎に迫る独自の新説

    ♡1,100

    〇0

    歴史/時代・連載中・30話 日野照歩

    2020年7月19日更新

    日本史上もっとも謎の多い合戦「桶狭間の戦い」 それは、織田信長、今川義元ともに、高度な戦術と情報操作を駆使し、命懸けの決意でぶつかり合った名勝負だった。 決して運や天命などではなく、僅かに戦略で上回った信長が、薄氷の勝利を収めるに至ったのである。 信長は如何にして勝ったのか。 史実に忠実に沿いつつも、歴史書の行間を深読みし、独自の新説でその謎に迫る...