連載中 長編

春の紅葉

作者からの一言コメント

江戸は、何度だって立ち上がるさ――

 文政十二年 三月二十一日。強い北西風が吹き荒れる江戸を、魔火が襲う。  大地震で家を失い親を失い、越後から身一つで江戸へ出てきた澪に降りかかった、再びの悲劇。  江戸は、そして澪は、立ち上がれるのか――  文政の大火のお話です。  江戸三大大火には入っていませんが、三大大火の一つ、文化の大火よりも死者数は多かったとされる、非常に大きな火災でした。  「届け、言葉の力PJ」に参加しています。  水害と火災と、全然違っても、人が苦しむ災害の話なんてもう見たくないよという方もいらっしゃいますよね。本当にすみません。  でも、度重なる大火から何度も立ち上がってきた、江戸の人々の強さが少しでも伝わればと願って―― 参考文献 『春の紅葉』 川崎重恭《かわさきしげやす》 (江戸叢書 巻の八)  被害の状況から、お上の施策や法令の数々。巷の風説、戯れ歌、落首の類まで、非常に詳細に記された、当時の記録です。  一面の炎を紅葉と形容しているのですね。昔の書物とも思えない印象的なタイトルを、そのままお借りしています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
春の紅葉
作者名
あい
ジャンル
歴史/時代
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年10月23日 18時48分
最終投稿日
2019年12月13日 16時36分
文字数
27,115文字
ブックマーク登録
14件
コメント/スタンプ
116件
応援ポイント
35,100pt
ノベラポイント
804pt
応援レビュー
0件