恋愛/ラブコメ 長編 連載中

そのメイド、猛毒につき!?

作者からの一言コメント

清楚で可憐なメイドは触るなキケン!?

主人公、中田塔矢はバイトをクビになり、アパートも家賃滞納で追い出されてしまう。行き場を無くした塔矢は偶然お嬢様である姫野玲奈を助けてしまう。自分を助けてくれた塔矢を気に入った玲奈は自分の家で使用人として雇うというのだった。そこで働く先輩使用人のメイド毒島芽衣。黒髪ロングの上品で可憐な芽衣に一目惚れした塔矢は仲良くなろうと声をかける。しかし返ってきた言葉は「話しかけないでくださいゴキブリ野郎」。芽衣は見た目に反して口を開けば超毒舌メイドだったのだ。それはまるで美しい見た目をした有毒生物のように……。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 そのメイド、猛毒につき!?
作者名 絢爛蟷螂
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ メイド ほのぼの 男主人公 現代日本 日常 ハーレム? お嬢様 ラブコメ 毒舌
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年10月5日 20時04分
最終投稿日 2020年10月13日 0時05分
文字数 10,743文字
ブックマーク登録 3件
コメント 1件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • こちらも楽しんでいただけたら幸いです‼

    ♡200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・10話・11,858字 樋良島柊帆

    2020年11月26日更新

    『幽霊AIプロジェクト』 死んだ人間の記憶を元にデータを作成し、その記憶の持ち主に似た姿をしたロボットを作成して、データ化した記憶を入れる。ただ、会話をしても決まった言葉しか返ってこない。そんな、『幽霊AI』を作成するプロジェクトが少子高齢化が進むこの世の中で実行された。 そんなプロジェクトが実行される前、小学を卒業する前日、俺は彼女を事故で亡くした。 悲しみながらも、苦しみながらも、月日は流れ、高校の二年生になった。 そんな俺の前に、現れたのだ。 「今日は転校生を紹介する」 という担任の言葉と同時に幽霊AIとなった彼女が・・・ 彼女は死ぬ前の記憶しかなかった。それでも、いいんだって、そう思いながら、AIになってしまった彼女と一緒に日々を過ごしていたが、一週間後、悲劇は突然俺を襲う。 「昨日行った海、また行きたいな」 「・・・海?」 と首を傾げる彼女。 俺は必死に訴えるも、首を傾げるばかり。 なんでと、詳しく調べていると・・・ 『幽霊AIは、一週間に一回充電をしないと生きていけない。そして、充電をすると充電する以前の余分なデータ、つまり一週間の記憶が削除される』 とそんな資料が発見をしたのだった。 それでも俺は、簡単に削除できないような思い出を作ろうとするのだが・・・ もし、あなたの大切な人の記憶が一週間で消えるとしたら、あなたならどんな思い出を作りますか?

    タグ:

  • 初めてBL挑戦しました

    ♡3,000

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・1,847字 鈴川ちほ

    2020年11月26日更新

    この夏、はじめて人を好きになった でもそれは誰にも言えない秘密の想い せめて友達としと側にいよう ピシリと、何かが壊れていく音がする それでもこの気持ちはなくならない