異世界ファンタジー 長編 連載中

エクシード・ギア

作者からの一言コメント

記憶喪失の少年とおしゃべりな妖精の冒険譚

記憶を失った少年は、とある村で穏やかで平和な日々を送っていた。 自分は一体何者なんだろう? 何度考えても答えの見つからないもどかしさを抱えていた少年は記憶を取り戻すべく、一振りの剣と、おしゃべりな妖精と共に世界へ旅立つ。 第1章 行き倒れていた少年を救ったのは小さな村の住人達。暖かい村人、自分を慕ってくれる幼い少女。記憶をなくしながらも少年は幸せだった。 しかしその幸せな日々は長く続かなかった。少年は少女を救うべく機械仕掛けの獣、ギアビーストに立ち向かう。 第2章 ハンターを目指す少年は妖精と共に日々魔物狩りをこなしていた。そんな彼らの前に1人の魔術師が現れ依頼を持ち込んできた。 依頼の内容は究極の魔術の完成。魔術師の願いを叶えるべく少年は究極の魔術の完成を阻む悪名高い男達に挑む。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 エクシード・ギア
作者名 ツネキチ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 男主人公 西洋風 異能 機械 チートあんまなし 妖精 記憶喪失 剣と魔法 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年9月18日 1時06分
最終投稿日 2021年2月27日 17時23分
完結日 -
文字数 137,040文字
ブックマーク登録 26件
コメント 1件
スタンプ 52件
ビビッと 3件
応援ポイント 31,800pt
ノベラポイント 140pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2021年2月28日更新

    それは、敵と和解できるVRMMORPG。 ◇ 動物を愛する少女「ケイカ」は、リアルでは動物アレルギーでペットを飼えないため育成ゲームを主に遊んでいた。 しかしあるとき彼女は幼馴染に動物系だからと紹介され、PVを見て気に入った「神獣郷オンライン」というVRゲームを遊んでみることに! そのゲームのコンセプトは「どんな敵とも和解できる」優しい世界であること。 悲しみや憎しみが聖獣を魔獣へと変えてしまう世界。しかし、その逆もまた然り。 負の感情で暴走した魔獣の心は言葉や行動で癒し、聖獣へと浄化し戻すこともできるという。 そんな魔獣を仲間の聖獣として「スカウト」することができる特殊システムを活かし、ケイカは聖獣達と共に暮らす「共存者」となって世界を駆け巡る! 聖獣を愛でるために「器用値」が関わる? ならとりあえず極振りで! 聖獣の進化の為には認知度も関わる? なら配信を始めて「不殺」の「魅せプレイ」を目指してみよう! これは、和装の舞姫となった「ケイカ」の情熱と動物愛を捧げる優しい物語。 ――情熱を心に灯し、不殺の勝利を貫き通せ! 【一話目に表紙付き】 小説家になろうにてブックマーク7800以上! 好評連載中! ◇ 最初の山場は【三匹目!『清らかなる絶対王蛇!』】なのでそこまでお試しで読んでいただけると幸いです! ◇ ※ 現在感想が多くなったこともあり、返信を停止しております。 ただ、感想は全て読み、いいなと思った部分は本編に反映されます。ご了承くださいませ。 *最新話に追いついている皆様には『読者参加型』の企画をして本編に反映することがございます。 また、「時雨オオカミ」の名前でTwitterをやっており、DMは解放済み。そちらに書いたり、@IDをつけてツイートしてくだされば必ず反応いたします。

  • 一人でも刺さるキャラに出会ってほしい

    ♡7,000

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・65話・108,116字 丸ノ内星

    2021年3月1日更新

    主人公・小牧実梨(こまきみのり)は幼い頃からアイドルが大好きなドルオタ女子。 彼女は中三の夏休み、親友・若松絵里子(わかまつえりこ)が芸能科高校にスカウトされる所に居合わせる。その時絵里子が学園側に提示した無理難題のせいで、なぜか自分まで芸能科高校に入学することになってしまう。 入学していきなりアイドルユニットに選抜されてデビューした絵里子に対して、実梨は仕事も目標もない日々を送るが、高校での新たな出会いが彼女を徐々に変えていく。 恋愛あり! 友情あり! 師弟関係あり! 個性豊かなアイドルのタマゴたち(と先生たち)の織り成す人間模様をお楽しみください! ※小説表紙のイラストは「girlysozai.com」さまからお借りしています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2021年3月1日更新

    「何もできない無能な荷物運びはいらん!」と、いわれパーティーを追放された俺はアルク=スピッチャー。だが、少し鈍感なアルクは誰のことを言っているのか分からずに頭を捻っていた。そんなアルクに罵声を浴びせるパーティーメンバーたち。 やっとの思いでアルクに理解させるも最後にアルクの言った一言は「本当にいいのか?」と自分がこのパーティーに必要な存在であると言っているような一言だった。だがこれがよりパーティーメンバーの怒りをかりギルドから追い出されてしまった。 だがこのことはアルクにギフトを与えた者のお告げにあったことでもあった。そしてその者との約束でパーティーを追い出されるまではパーティーメンバーの補助以外で力を使うなと言う約束をしていた。そして今その約束も果たされて全ての力を使うことが出来るようになった。二つのギフト、精霊使役と精霊王。全ての精霊王の力を使うことが出来ると言う物。そして、この力の一部で俺は荷物運びとパーティーメンバーたちを補助していた。だが今その必要はなくなったのだ。 だが、そんなことを知らないパーティーメンバーたちは今までできていたことが一切できなくなり少しずつギルドでの信用を落としていくいき、気が付くとパーティーメンバーたちの居場所はなくなっていた。 そんなパーティーメンバーたちとは逆に、力の全てを使えるようになったアルクは、呪いにかけられた少女を救って惚れられたり、盗賊から村を救ったり、国の危機をいとも簡単に救いお姫様に惚れられたりと夢であった自分のハーレムを作る目標を叶えると同時に、人々からの信頼も得て気づくといろいろな所で英雄と呼ばれるようになっていた。 これは鈍感な主人公アルクが精霊たちの力を使い無双しながら自分の夢であるハーレムを作り上げる物語なのである。

  • ロンゲぇ! ギザ歯ァ! 高身長ォ!

    ♡150,400

    〇390

    異世界ファンタジー・連載中・176話・596,569字 爆散芋

    2021年3月1日更新

    僕神。横領? 気のせい。 要望あるぅ? 「フサフサ! 高身長!」 おk要望は叶える。僕の趣味混ぜるけど() え、ちょ、ま 神様「やっべ、ポップ場所上ズレしてんじゃん、え〜と、対流、成層……中間……熱圏? ハハッ、高ーい」 お約束の勇者? 魔王? 居るには居るが世界情勢関係ないねの適当食う寝る遊ぶ至上主義。 山あり谷ありの手に汗を握る? NO。 山割り谷埋めの手の石砕くのゴリ押し脳筋ファンタジー。 現在大体週一~ランダムペース更新ちう。