異世界ファンタジー 長編 連載中

俺の攻撃力は2乗される〜絶大な火力にひれ伏すがよい!〜

作者からの一言コメント

タイトルは実験的に暫く変動する可能性が…

ある日、マンションの一室から「アクシデント」で落ちてしまった主人公、柊雅史は、目が冷めたら、ある聖堂にいた。 そこには、絶世の美少女がいた。そして、彼は、異世界へと、新たな人生を得る為に生まれ落ちる__ 絶大な攻撃力を誇る、最強の魔術師となりて。 アルファポリス様にも公開させていただいてます! ほぼ不定期投稿ですが、暫くは毎日投稿…を目指します。 *要素 女性キャラが沢山(?)出てきますが、まぁ練習です。 魔法やチートが(きっと)出てきますが、まぁ練習です。 突然文体が変わるかもしれませんが、まぁ練習です。 突如として意味不なストーリーに変わると思いますが、わかりにくいと感じられたら是非感想で伝えてください。 朝7時投稿です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 俺の攻撃力は2乗される〜絶大な火力にひれ伏すがよい!〜
作者名 Super3l
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 魔法 異世界 女神 男主人公 一人称
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月3日 12時24分
最終投稿日 2020年11月18日 7時00分
文字数 26,070文字
ブックマーク登録 6件
コメント 6件
スタンプ 32件
ビビッと 1件
応援ポイント 16,800pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 資金難の主人公がお金を稼ぐ話です。

    ♡2,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・38話・138,227字 山のタル

    2020年11月27日更新

    広大な大陸の中央には、大陸を東西に分断するように高く聳える『ディヴィデ大山脈』という大きな山脈がある。その山脈の東側の麓に、深い緑の森が広がっている場所があった。 人が寄り付かない程に暗く深い森の中に、人知れず建つ一軒の屋敷があった。 名も無きその屋敷では、屋敷の主で“錬金術”と呼ぶ術を研究している『セレスティア』と、セレスティアの屋敷に居候して“魔術”の研究をする『ミューダ』、その二人を日々支える五人の使用人達が静かに暮していた。 日夜各々の研究に没頭する毎日を送っていたセレスティアとミューダだったが、ある日屋敷の資金が底を尽きそうになっている事が発覚する。 「「このままじゃ、研究を続けられなくなる!!」」 研究一筋のセレスティアとミューダは、自分たちの研究を続ける為の資金稼ぎを決意する。そして経済の中心地と言われる『貿易都市』に、資金稼ぎの方法を探しに行くことになる。 しかし、その行動が切っ掛けになったかのように、世界は大きく変動し始めることになるのであった。 ※R-15は保険用です。 ※小説家になろうで投稿していた作品です。こちらでも投稿することにいたしました。

  • 運命の輪は回りだす。

    ♡62,600

    〇1,200

    異世界ファンタジー・連載中・29話・80,756字 ロッシ

    2020年11月27日更新

    冒険 × ラブ × コメディ × 活劇 × ミステリー × 王道ファンタジー 街の悪ガキスクードは、ある時街の外へと遊びに行き、島で一番凶暴な魔物に襲われた。 仲間に見捨てられた間一髪のスクードを救ったのは、名も知らぬ一人の旅人だった! その出来事が彼に大きな影響をもたらした。スクードは更正し、旅人の様な人間になることを望むようになった。 それから九年後、スクードは魔物退治を行い、人助けを行うことを生業とする職業勇者を育てるアカデミーを卒業し、晴れて勇者となる権利を得ていた。 早速、魔物退治の旅に出るための勇者登録を行いに旅人の酒場へと向かうスクードだったが、そこで異次元クラスにぶっ飛んだ旅人の酒場の女主人と出会うことになり…… なぁんて思ってたら、いつの間にか女主人を誘拐した犯人にされてしまって!? 元ヤンで偏屈で陰キャな勇者 & テキトーで大雑把で頭脳明晰な一般人が織り成すミステリー要素のあるファンタジー! 転生なし、チートなしなのでご注意を! 平日、月~金曜日に更新中!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る