現代/青春ドラマ 長編 連載中

社会不適合者として生きていたら、いつの間にか凄腕のバリスタになっていた件

作者からの一言コメント

癖の強いバリスタの物語です。

読了目安時間:62時間40分

総エピソード数:239話

 世界的バリスタである葉月梓は今やコーヒー業界の第一人者と呼ばれるまでになった。  しかし梓がどのようにしてバリスタの頂点にのし上がったのかを知る者は少ない。ファンたちは梓が努力もせず、才能だけで人生を謳歌しているものだと思っている。  今の梓があるのは、数えきれないほどの苦労や試練があったからであるとも知らずに。彼がそう思っていた矢先、梓は生まれてから今までの過去を思い返すのであった。  これは、世間の荒波に揉まれながら、拡大を続けるコーヒー業界の中で成り上がっていく、1人のバリスタの物語である。  他のサイトにも掲載しています。

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

作品情報

作品名 社会不適合者として生きていたら、いつの間にか凄腕のバリスタになっていた件
作者名 エスティ
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 男主人公 現代日本 日常 R15 社会不適合者 社会の闇 バリスタ コーヒー 成り上がり カフェ HJ大賞2021後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年8月1日 0時00分
最終投稿日 2022年1月29日 0時00分
完結日 -
文字数 1,879,940文字
読了目安時間 62時間40分
総エピソード数 239話
ブックマーク登録 22件
コメント 63件
スタンプ 148件
ビビッと 8件
応援ポイント 190,300pt
ノベラポイント 920pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ファーストブレイク‼

    情熱と、友情と。女子バスケ部の物語

    300

    0


    2022年1月29日更新

    飯田陽子、高校1年。 彼女が進学した高校にはバスケ部が無かった。 小学生のとき、父親に連れられて観戦したインターカレッジ(全国大学バスケットボール選手権)で陽子はバスケに魅了される。 しかし、近所にミニバスのチームは無く、中学にもバスケ部が無かったため、バスケ経験者の父親の指導のもと、ひたすら自宅で個人練習に励む日々を過ごしていた。 そして、高校バスケ部デビューの夢が打ち砕かれた陽子は、自らバスケ部創設に動き出す。 正式な部活動としての認可を得る条件は、 ①部員5名以上 ②顧問の先生がいることである。 しかし、創部以上に困難な問題がのしかかる。それは、部を存続していく上で、創部2年以内に全国大会出場を最低条件とした、優秀な成績をおさめなくてはならないというものだった。それが成し遂げられない場合、廃部はまぬがれないという学校理事会側の横暴なルールであった。 「わかりました。私、バスケ部作って試合で勝って、3年間続けます!」 陽子の高校バスケがここから始まる。 青春のすべてをバスケにかける少女たちの物語。

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 夢の続き

    この世界に"運命"なんてものがあるならば

    100

    0


    2022年1月29日更新

    【極北大学陸上競技部にて、如月蒼が語る物語】 走ること――競技に疲れた天才・如月蒼は、陸上競技を辞めるために、独り北の大地へと降り立った。 そこで出会ったのは、逃れ難い青銀の軌跡――。 それぞれの事情を抱えた仲間達と、目指して走るのだ。あの日みた、"夢の続き"を――。 **** 訪問してくださりありがとうございます。 拙作は学生陸上を舞台とした作品となっております。 ※実在の地名や学校名と架空(のつもり)のものが混在しておりますが、実在の人物や団体様などとは一切関係ありません。 至らぬところも多いかと思いますが精一杯やっていきたいと思います。 お楽しみいただけたら幸いです。 灰猫

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る