異世界ファンタジー 長編 連載中

異世界報道官 佐伯伊月の事件簿

作者からの一言コメント

異世界記者が活躍する情報ファンタジー

異世界報道官 佐伯伊月の事件簿の表紙

●異世界×ジャーナリストの情報戦ファンタジー!  佐伯伊月はオカルト雑誌社に勤める3流記者だった。しかしある日、魔女マリベルの勘違いによって出版社ごと異世界に召喚されてしまう。  混乱する伊月と他の社員にマリベルが差し出したのは、伊月達の出版しているオカルト雑誌。マリベルはここに書かれた宇宙人との対談話や、異世界に行った話を読み、伊月達を歴戦の冒険者だと勘違いし、この超ハードなファンタジー世界アマルガムに呼び出したのだそうだ。バカなのかこいつは。元の世界に帰りたいけど戻る手段がない。お金もないし言葉も通じない、生活様式もまるで違うこの世界で明日からいったいどうやって生きればいい? そうだ、記者としてのスキルを活用して、情報収集や出版業を営んでみてはどうだろうか。この世界には新聞やテレビ、インターネットなんてものはない! これはむしろ記者として成功するチャンスなのでは!? 魔王や勇者、王様やモンスターに突撃取材して記事にしてしてしまおう! チートも魔法も使えないけど、記者としての腕だけで、私はこの世界で成り上がっていくことに決めました! ファンタジー世界をペン1本で駆け抜ける異世界記者道。突き進んでみせます!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 異世界報道官 佐伯伊月の事件簿
作者名 青井きりん
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 女主人公 異世界 職業もの 転生/転移 チートなし スローライフ 記者 ジャーナリスト
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月3日 21時36分
最終投稿日 2020年6月21日 21時28分
完結日 -
文字数 123,225文字
ブックマーク登録 54件
コメント 7件
スタンプ 209件
ビビッと 0件
応援ポイント 271,600pt
ノベラポイント 3,405pt
応援レビュー 3件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    400,750

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

  • クリムゾンナイト~傀儡英雄と亡国の予言~

    これは作られた英雄譚

    120,500

    600


    2021年4月17日更新

    峻険な山々と荒海に囲まれた永世中立国モノリス。 それは五世紀も昔のことだ。 とある著名な魔術師が突如として訪れ、数々の奇跡とともに一つの予言を残し去っていった。 ~この国は、五百年後に滅ぶ~ 偉大な魔術師の残した予言に人々は畏怖した。だが長い歳月によって予言は風化し、いつの間にか忘れ去られていく。 その日が迫るにつれ大陸全土を巻き込む不穏な事態が相次ぎ、人々はかの予言を思い出した。そして気づいたのだ。その日がすぐそこまで迫っていることに。 亡国の予言、呪いと言い換えてもよいそれに対抗するため、国王直属部隊として魔術特務師団が急遽編成された。 とある事変を解決した功績が考慮され、若き英雄ヴィンス・アスカムは特務准将という破格の階級とともに師団長に任ぜられたのだった。 深紅の装束は英雄の称号を叙せられた彼だけに着用が許されている。その勇猛さと華麗さから、時に畏敬を込めて、時に嫉妬を秘めて、人々からクリムゾンナイトと呼ばれていた。 さまざまな思惑が渦巻く中、クリムゾンナイトは今日も街を駆け巡る…… ※毎週土曜日13:30更新予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間55分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る