完結済 短編集

リアルで異世界転生失敗した話

作者からの一言コメント

四月にとある病気を致しまして。

四月某日。 シキバヤシコは異世界転生に失敗し、病院での闘病生活が始まるのであった。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 リアルで異世界転生失敗した話
作者名 シキバヤシコ
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 心と身体フェア ノベプラオンリー 闘病エッセイ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月8日 17時11分
最終投稿日 2020年5月9日 11時31分
文字数 12,595文字
ブックマーク登録 12件
コメント/スタンプ 28件
応援ポイント 12,300pt
ノベラポイント 45pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私達はこころがあればどこまでも強くなれる

    ♡26,100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・59話 水野ぴえろ

    2020年7月9日更新

    ※※ふたりぼっちの死霊術師はこんな人にオススメ※※ ・紙の本のように地の文が読みたい人 ・金色のガッシュのように純粋でまっすぐな人に憧れている人 ・日常に疎外感を感じている人 ・わんこのラッキーすけべを見たい人 ・魅力的なキャラに会いたい人 ※※あらすじ※※ この世にある全てのものは世に出回り、認知されることで初めてその存在意義を得る。誰も見向きしなければ価値はない。誰も見向きしないものには価値はない。 そのような考えを持つ中学三年生の少女「足立灯」は常に孤独だった。平凡過ぎて誰も構ってくれない人生を過ごしているが故に、自分の無価値さに苛まれてていた。 無価値である故に発生した「価値がないものは存在してはならない」という脅迫概念やかかわりのない人生から生まれた孤独から逃れる為に、灯は自殺の名所から飛び降り自殺を図った。 しかし、すんでの所で彼女を助けたものがいた。 ――そんな彼女を助けたのは半透明の幽霊だった。 孤独のまま死んだ幽霊は今まで何度も自殺するものを救おうとしてきたが、実体のない体ではそれは不可能だった。そんな彼が唯一救えたのは足立灯だった。 何故灯だけを救えたのか。幽霊はその答えを探し、彼女の孤独を消し去ることを誓い、行動を共にする。 その答えとは、灯たちにかかわりのある「こころ」の問題だった。 こころとは何か? 抽象的で答えのない問いに彼女たちは答えを見つけ出せるのか。 この物語は孤独な少女と幽霊が手を取り合って、こころを駆使して戦い、養いながら、それぞれの答えを見つけ出す現代ファンタジーである。 定期更新日:月・水・金・土曜日 他不定期更新 〘注意事項〙 本作はフィクションです。実在する地名・人物が作品内に登場しますが、実際の地名・人物とは一切関係がありません。 本作には幾つか物理法則が出てきますが、それらは「ふたりぼっちの死霊術師の世界観」でのみ通用する法則であり、現実では通用しない法則・現象が多数出てきます。それを踏まえて、「現実ではありえない」などの誹謗中傷はご控えください。

  • 貴方の書く小説を応援します!!

    ♡32,800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話 颯爽

    2020年7月7日更新

    小説を書いていて、あーーなんかいいワザ名が浮かばないなー 必殺技みたいなかっこいい奴を小説で使ってみたい!!ってありませんか? そんな要望にお答えします。 こういったワザがいいとか要望のある方はコメント下さい。 返信もちろん返しますので。 モンスターや武器の名前とかも紹介していくつもりです。

    タグ:

    応援っ!!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 予知夢を見る作者が予知夢について語ります

    ♡0

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・1話 CMZO

    2020年7月9日更新

    ノベプラで「日常の謎コンテスト」が開催される事になり、私なりに「日常の謎ってなんだろうなぁ」と考えてみました。 なかなか思い浮かばなかったのですが「──あ、そうだ。日常の謎ってわけじゃないけど、長年の謎ならあるな」と思いました。 それが予知夢です。 私は予知夢を見るのですが、ずっと「これってなんなんだろう?」と思っていました。 というのも、世の中には予知夢に関して色んな情報が溢れていますが、その99%は間違いです。 私は予知夢を見る人間として、その事を断言出来ます。 なので、この機会に皆さんと「正しい予知夢の情報」をシェアしたいと思います。 日本語で「予知夢」と検索しても、英語で"prophetic dream”と検索(私は多少英語が出来る)しても的外れな記事しか出てこないので、自分で言うのもなんですが、多分この記事は世界的に見ても貴重な資料になると思います。 普通、ミステリーとは謎と真相がセットで初めて「ミステリー」と呼べるのだと思います。 が、先に言っておくと、このお話は解決しません。 予知夢を見る私自身もこれ(予知夢)がなんなのかまるで分からず、目下超混乱中だからです。 なので、そもそもミステリーと呼べず、きっと賞(?)の選考対象外だと思います。 ですが、私からしたらそんな事どうでも良いのです。 「私は予知夢を見ますよ」という話題提起さえ出来れば100点です。 もしこれを読んで、予知夢に関して何か情報を知っている方がいればコメントで是非教えて下さい。 それは私にとって、amazonの3万円分カードの何十倍もの価値があります。 ──まぁ色々書きましたが、基本的には私が普段投稿している小説と同じように、少しでも楽しんで頂けたら幸いです。

  • 雁のたよりまゐらせ候

    ♡81,700

    〇2,800

    エッセイ/評論/コラム・連載中・78話 夜霧醒客

    2020年7月9日更新

    #RTした人の小説を読みにいく という企画を安直でやったところ、100を越えるRTや依頼が来てしまい、引くに引けなくなってしまいました。 元々こういう批評レビューをやってみたかったので、いい機会と思い、来た作品を切捨て御免、マシュごめんする事にしました。 本作はTwitterの発言を加筆・改稿したものです。 妄言・戯言ご容赦。 ※注意※ 文字数の大小に基本的に差異はありません。誤差の範囲です。引用などすると長くなることがあるので、それで文字数が増えている事がありますが、別に贔屓しているというわけではありません。基本的にすべて目を通して評しております。 ※注意その2※ 読み切れないもの、如何にしても批評できないもの(一度やってしまいましたが宗教関係などでは当方の信条もあるのでスルーの可能性があります)、紹介してほしい作品をテンプレ的に送っているなどの理由で、選考から除外していることがあります。あまりに長い作品は読み切れないので、なるたけ短編にしてください。