異世界ファンタジー 長編 連載中

呪華の詩 III

作者からの一言コメント

紡がれた想いの、その先へ──。

呪華の詩 IIIの表紙

鬼によるレスティア襲撃から三週間。 ライアとセツナの二人は、各々の目的を胸に辺獄地帯へと向かう。 かつての黄金都市ヘイメスは過去の華やかさを失い、今や崩落都市と化していた。 其処で出会った竜族の男と対峙する二人は、以外にも早く終わりへの道標を識る。 その一方で。 空中都市楽園《エデン》へと連れ去られたフィンドラは、囚われている牢獄で一人の竜族の少年と出会う。 その出会いが、彼女の生き方を大きく変える真実へと繋がる。 『貴女も自分の信じる道を進めばいい。私が信じてあげる、私が認めてあげる。貴女という存在を、私が大切にしてあげる』 『……たった今、探し物は見失った』 『大好きだからこそ……せめて、私の手で──』 『誰かが欠けた未来なんて、生きる価値すら無い』 交差する数多の想いは、辺獄地帯で勃発している竜と鬼の戦争へと関わっていく。 戦争のカギを握るのは“月の方舟”と呼ばれる封印された魔法だった。 たった一人を救う為の戦い。 全ては繋がり──物語は今再び動き出す。 ※会話文の「」を『 』にしています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 呪華の詩 III
作者名 葵(あおい)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス ダーク アクション/バトル 女主人公 人外 ノベプラオンリー 異能 ハーレム無し チート無し 剣と魔法 魔力 転生/転移 日常 HJ大賞2020後期 読んでみて!
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年7月28日 5時01分
最終投稿日 2021年2月28日 21時32分
完結日 -
文字数 163,861文字
ブックマーク登録 44件
コメント 89件
スタンプ 143件
ビビッと 15件
応援ポイント 450,600pt
ノベラポイント 810pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 最悪の未来を潰すために戦う異世界冒険

    ♡900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・20話・78,577字 勝燬 星桜(カツキ シオン)

    2021年3月1日更新

    【狂炎のヴェガ】あらすじっ! 自宅から出てきた謎の生暖かい石を掴んだら、突如日本から異世界へと転移させられた炎城 雅久(エンジョウ ガク)。 放り出された異世界は、ゴブリンやオークの闊歩するフィールドに、中世ヨーロッパチックな建物に活気に溢れた大通りで、チートを手にして異世界を謳歌……じゃないだと!? 目の前に広がる廃墟群。路地裏にはラリってしまって廃人と化した人間、広場には毎日毎日、一日中踊ることをやめられなくなった人間たち。太陽の方向がちょくちょく変わるおかしな世界。寒さに震えて一晩を野宿で過ごす雅久に遂に救いの手が!? 「君も仲間にならないか?」 ち、違いますよ?ええ。れっきとした人間からの救いの手。 スタートダッシュがおかしい異世界生活、果たして雅久は無事に平穏な生活を手に入れられるのかっ!ーーかっ! ※なお炎城 雅久くん20歳は、廃墟の街の唯一の正常な人たちに自分の名前を『ヴェガ』と偽って、いきなり出てきた敵に何故か偽名がばれていて、ノリと勢いと、それから覚悟で『炎城 雅久』を辞めて『ヴェガ・アステリュート』を名乗ります。 雅久くんの名前は忘れられても構いません。 今からお届けするのは、日本の青年『炎城 雅久』ではない、この異世界に突然招かれた不幸な青年『ヴェガ・アステリュート』の物語なのですから! 忘れられたらダメか。ダメらしいです。本人が何か言っています。 ということで、いつまで続くか分からない、異世界転移物語をお楽しみください! 挿絵がたまに入ります。タイトルの横に★がついている話には挿絵があります。

  • 夜に紛れぬ一閃。奇才をもつ男性のお話。

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話・1,863字 みんとす。

    2021年3月1日更新

    ひときわ際立つ 一閃をもって敵を断つ。 「その眼に収めたいなら、瞬き禁止ね」 惑(ヨ)はトレイゼ。斗久(トク)の暦800年。 惑には、先天的に奇才をもつ、【奇才核(レアドラー)】の存在があった。 ある青年もまた、細く鋭い線を生成し、戦術を構成していく【奇才核】の一人。 一人で惑を歩く者として、ある存在を追っていた。 【奇子染(ガーベイド)】、後天的に奇才を与えられた人間の存在を。 それを追う理由は、青年の過去に大きく関わっていた。 たどり着く先にあるものを知った時、彼がとる行動は……