緒方隆の廻愁奇譚3

読了目安時間:21分

第二イベント

2

「はい。全員出揃いましたので、集計したいと思います」  遂に集計の時が来た!!  コミュ力が高い楠木さんが本命だろうが、春日さんが男子の票を多く取る可能性もある。  しかし、槙原さんの策略が怖い。あのほんの僅かな時間で、策なんて練れないとは思うけど。 「槙原、春日ちゃん、春日ちゅあん、春日さん…」  誰だ?ちゅあんとか書いた奴は。 「楠木、槙原、美咲、美咲、春日ちゃん…」  おお、楠木さんの名も呼ばれたな。結構拮抗するかも。 「美咲、巨乳、春日響子ちゃん、楠木、槙原…」  巨乳!!絶対男子だろコレ!! 「槙原遥香、春日、楠木、楠木…」  うわあ…マジで接戦だ…  三人とも拝みながら黒板見てるよ…  このクラスは40人。俺は票を入れられないから39票。  三人で均等に票が入ったら13票で割り切れる。  まさかそんなミラクルが起こるとは思わないが、頼む!!この一回で決まってくれ!!決選投票とかマジいやだ!!胃が痛い!!  そう思いながら、俺が胃を押さえて机に伏している訳が黒板にある。  槙原 7  春日 9  楠木 8  均衡し過ぎている!!頼む!!ミラクル起こるな!! 「槙原、まきはら、楠木、春日、楠木…」  槙原さん追い付いた!!と思ったら楠木さん抜いた!!  さっきからこんな感じで抜きつ抜かれる…  春日さんなんか緊張しすぎて真っ青になっているし、楠木さんは黒板なんか一切見ずに拝んでいるし、槙原さんはポーカーフェイス無しで一喜一憂しているし!!  このまま三人同票で決選投票になったとしよう。  そうなれば、唯一票に絡んでいない俺に何かある可能性大!!  花村さんは一応配慮してくれたが、もう一度配慮があるか微妙。お化け屋敷潰されたの、マジで面白く無いみたいだし。 「春日、美咲、槙原、春日…」  うう…胃が痛い…一回で決まってくれよ…  俺も拝みながら黒板を見る… 「緒方君、顔真っ青だよ?」  真っ青にもなるよ!!余裕だな国枝君は!! 「隆、何なら俺が代わるぞ?」  代われよマジで!!本気で!!本当にっ!! 「槙原、槙原、楠木、春日ちゃん…」 「本当に接戦だな…こりゃ歴史に残る名勝負だ!!」  お前は気楽でいいなあ…俺なんか、遂に吐き気までしてきたってのに…… 「………集計結果は、槙原11、春日16、楠木12で春日響子ちゃん!!」  楠木さん、槇原さんが、ガン!!と机に額をぶつけて伏した。  春日さんは状況を把握していないのか、未だ拝んだまま。拍手に湧く教室の中でも、耳に何も入っていない状態だ。 「春日ちゃん、春日ちゃんに決まったよ」  しかし拝んだ形のまま動かない。  つかつかと春日さんの席に来て肩を揺すと、漸く春日さんが顔を上げた。 「春日ちゃんがヒロインに決まったってば」 「……え?」  黒板を見ても呆け、次に槙原さんに目を向ける。槙原さんはフリフリと手を振って「頑張って」と激励。しかしまただ理解していないらしく、ボーッとして頷くのみ。 「だから、春日ちゃんがヒロインなんだってば!」  再び花村さんに言われ、今度は楠木さんを見る。楠木さんもフリフリと手を振って「惜しかったなぁ、負けちゃった」と春日さんの勝利を称えた。しかし、まだ状況を把握していないみたいだった。ボーッとして頷いただけだったから。  花村さんは苦笑いしながら、俺に視線で何とかしろ、と訴えた。しかし,何とかしろって言われてもな……  俺は頭を掻きながら、春日さんの肩をちょんちょんと突いた。 「……?」 「こうなったらやるしかない。頑張ろうぜ春日さん」 「……なにを?」 「なにをって、出し物に決まっているだろ」 「……なんの話?」 「文化祭の出し物の話だろ…」 「……隆君主役でしょ?」 「春日さんがヒロインだろ!!」  言われてもう一度黒板に目をやる。 「……私…?」 「そうだって言っているだろ?」  ガタン、と椅子から離れると、周りの目もなんのその。  俺に抱きついてきた!! 「おおおおおおおうう!!」  思わず叫んでしまった俺だが!! 「何動揺してんの?緒方君とあの三人のやり取りなんか今更でしょ?」  全く興味が無いと言った体で花村さんに突き放される。  過度のスキンシップを度々喰らってる俺にはもう慣れた。と言われているのだが、俺が望んだ訳じゃ無い。いや、抱き付かれたり、おっぱい当たっていたりするのは、嬉しいし気持ちいいんだけど…  俺もゲスなクズになってきたな…マジヤバい、自重しなきゃ。 「はいはい。ムカつくバカップルはほっといて次行くよー」 「……バカップルだって…」 「言っておくけど、馬鹿にされてんだからな?褒められてねーんだからな?」  釘を刺しとかないと、どんどん違う方向にいっちゃいそうなので、ちゃんと教えなきゃ。  つか、花村さん、バカップルとか思っていたのか…他のクラスメイトも絶対思っているんだろうな… 「大和田、主人公と最後激突する番長(笑)ってどんな奴なの?」 「(笑)とか入れんな!!つか台本読んだだろ!?」 「触りだけね。と、言うかアンタのイメージを優先させてあげなきゃって思っている私って天使でしょ?」  ふふんと笑う花村さん。絶対台本まともに読んでないだろ。面倒臭いから大和田君から聞いているだけに違いない。 「そ、それは有難いけど、マジ天使とかは…まあいいや。やっぱ凶悪に強くて…」 「あ、そ。じゃあ敵役、大沢ね」  名指しかよ!!どんだけ面倒になってんだよ!! 「ちょっと待て。いくらなんでもそれは…立候補してないんだしさ?」 「緒方君の時と同じでしょ?それとも何?緒方君は強引に押し切っても良くて、大沢は駄目なの?なんで?その理由を教えてよ?」 「そ、それは…」  捲し立てられ、反論できない大和田君。だがちょっと待って欲しい。  ヒロも満更じゃない表情だ。そこを踏まえて欲しい。  それに、ヒロが相手なら手加減を考えないで済む分気が楽だ。  一応本人に確認取ってみるか…… 「ヒロ、お前俺にぶっ飛ばされてもいいか?」 「はあ!?何でお前にぶっ飛ばされなきゃいけねえんだ!?」 「いや、台本だと、ラストにそうなっているから」  言われてペラペラ台本を捲るヒロ。 「……ホントだ…ぐわあああああ、とかいっていやがるし…」 「だろ?」 「俺がお前に命乞いなんてありえねえ!!」  リアルじゃそうだろうな。ガチバトルになっても絶対ギブアップしない奴だ、こいつは。 「だけど敵役なら、主人公の次に印象に残るキャラだぞ?」 「……そうだよな?」 「で、例のアクションシーンだけどさ、これって殴り合いが主体じゃん?だったらいつもスパーやっている俺とお前なら、うまくやれると思うんだよな」 「まあ、隆のストレートを躱せる奴は、このクラスには俺以外いねえだろうしな」  そう言う問題じゃないんだが…まあいいや。話を続けよう。 「そして番長(笑)はラスボスだ。ラスボスって事は目立つって事だ」 「……そうだよな?」  今度は身を乗り出して来たぞ。目立ちたがり屋でアホな奴は扱いやすいなあ。 「波崎さんもきっと惚れ直すんじゃないかな?自分の彼氏が文化祭の出し物のキーマンだって知ったらさ」 「キーマン?俺キーマンなのか!?」 「そりゃそうだろ。主人公とヒロインだけじゃ話はつまらないだろ。悪役あってこその物語だ。まあ、お前がどうしても嫌だって言うなら仕方な」 「大和田!花村!俺が敵役やってやるぜ!!」  アホで助かった。尤も最初から乗り気な部分があったから、説得には手間がかからないと思っていたけど。  アホの相乗効果で丸く治まったって感じかな。とにかく遠慮しなくてもいい相手が敵のボス(笑)で安心したよ。 「主人公の親友役~」  親友は主人公の相談に乗ったり、主人公にイベントを伝えに来る役。敵役のボス(笑)よりも出番が多い。 「ここはまあ…国枝だろうな」 「僕!?」  まさかの推薦に国枝君が身を乗り出す。 「国枝君はいつも緒方君と一緒にいるよね」 「相談も結構されているようだし、役作りしなくてもいいくらいなんじゃない?」  好き勝手に言っているが、当の本人の気持ちを蔑ろにすんな。嫌かもしれないだろ。 「僕で良ければ頑張るけど…本当にいいのかい?」  あれ?結構乗り気でいらっしゃる?  国枝君がいいならいいんだけど。実際一番やり易いだろうし。  と言う訳で、あっさり決まった主人公の親友役。 「次ー。えっと、ヒロインの友達役ー」 「じゃあ私が」  名乗り出たのは里中さんだ。そこそこ出番があるし、画面にも結構出て来るが、重要なポジションではない。一番美味しいんじゃないか? 「里中に決まりね。次は、サッカー部のマネージャー役~」 「あ、じゃあ私がやるよ」  黒木さんが挙手をして、其の儘決まり。 「黒木に決まりね。次は…ボスの側近()」 「(笑)つけんな!!」  怒る大和田君だが、(笑)は必要だ。俺も付けているからだ。 「……誰もいないの?じゃあこっちで勝手に指名するけど?」  誰も手を挙げない。推薦も無い。此処までくれば誰だっていいんだから。モブ役は誰でも仕方なしに受けるし、とりたて出たい訳じゃないからだ。  配役決定!明日の放課後から演技の練習だそうな。  俺も裏方でセットを作りたかったが、決まったモンは仕方ない。大根なりに頑張るか。  帰り支度をしている最中、春日さんに呼び止められたが、楠木さんと槙原さんが、その春日さんを引き摺ってどこかに行ってしまった。親友役の里中さんの話では、お祝いをするらしい。何のお祝いなのか?まだ何も始まってもいないのに。 「おう隆、俺達もお祝いしに行くぞ」  アホのヒロがそう言って俺の肩を強引に組む。 「何の祝いだ?」 「そりゃ、主役に抜擢されたお祝いだろ」  そう言われて納得した。  春日さんもヒロイン勝ち取ったお祝いで引っ張られて行ったのか。里中さんと黒木さんも役持ったし、一緒のお祝いかな? 「こっちもトリプルだよ」  そう言って苦笑いする国枝君。  主人公の親友役に選ばれたんだったな。そういやヒロも敵のボス(笑)だったな。成程、トリプルのお祝いだ。  つか、そんな事なら女子達と一緒に祝いたかったが…… 「ほら、楠木さんと槙原さんがいるからね」  ……何か含みのある言い方だな…面倒事になりそうだから、回避するのが得策か? 「野郎ばっかでちょっとムサイが、たまにはいいだろ」  まあ、ヒロの言う通りだな。 「で、どこ行く?」 「そりゃあのファミレス…」 「アホか。却下だ」  春日さんが居ないのに、何が悲しくて味が普通のファミレスに行かなきゃなんないんだ。  あのコスは見るのに楽しいから、別にいいんだが。 「じゃあお好み焼きはどうかな?」  ああ…木村とか吉田君とかと行った、あのお好み焼の店か。  そういや、俺って結局天むすしか食べてなかったな。今度こそ絶対にお好み焼き食べるぞ!!  つか、わざわざお好み食べに駅五つ移動するのも面倒だが、もう決まった事だ。しゃーない。  電車に揺られて駅に着く。西高のアホ共が、いちいち俺に頭を下げて来るのが鬱陶しい。 「西高も随分大人しくなったな…木村が負けたのがそんなに驚くべき事なのか?」 「お前のおっかなさが改めて解ったんだろうよ」  おっかなさって…糞はぶち砕くスタンスだっただろ、今更だ。つか、木村と仲良くなっていなかったら、今でも普通にぶち砕いているわ。 「電車の中でも、海浜の生徒が頭を下げていたよね」 「ああ…あの噂の件でちょっと…春日さんにふざけた事言いやがっていたし」 「あからさまに怯えていたよな」  海浜は里中さんの彼氏もいるから、目立った事はあんましたくなかったんだが、過ぎた事だ。仕方ない。  それに、里中さんの彼氏には噂潰しに助っ人して貰ったからな。俺個人はどうのこうの言う気はない。  だからいちいち頭下げるのをやめて欲しい。俺も糞の一員みたいじゃないか。 「噂っていや、その発信源はどうした?お前親父に文句言いに行くって言っていただろ?」  おっかなびっくり訊ねてくるヒロ。お前のせいだろ、と言いたいが、やめてやろう。 「そのつもりだけど、タイミングがなぁ…」  朋美の親父も多分何とかしてくれる(隔離とか)だろうけど、実は向こうも切っ掛けを待っていると思うけど。 「その話は表であまりしない方が良いよ。誰が聞いているか解らないしね」  それもそうだな、と素直に同意する。  さて、話している間に着いたぞ。天むすしか食べた事が無いお好み焼き屋に……  今日はあの日とあの日のリベンジだ。  絶対にお好み焼きを食う!!  暖簾を潜るとソースが焼ける香ばしい香りが鼻に付く。 「ここに来ると何かテンション上がるよな」  ヒロの意見に賛成だ。 「取り敢えず座ろう」  お客がまばらな店内は、直ぐに席を確保できた。  例のファミレスなんかいつもお客が沢山居るのに。やっぱコス目当てなんかな?味は絶対こっちの方が美味いし。  店員さんが早速水を持ってくる。 「俺は…えーっと、エビと豚のミックス」 「僕はイカ玉にしようかな」  え?嘘?マジで?もう決まったのかこいつ等?まだメニューも開いてないってのに!? 「じ、じゃあ俺は…」  慌ててメニューを開く。  豊富なメニューで目移りしてしまって、決まりそうもない!!  店員さんに目を向けると、ニコニコしながらメモを持っている。これに決まったメニューを書いて厨房の方に持って行くんだ。  つまり、俺の注文待ち状態!!なんか申し訳ない気持ちになる!! 「あ、飲み物は俺コーラね」 「僕は烏龍茶にしよう」  マジで!?飲み物も決まっちゃったの!?  ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ!!いや、焦っちゃ駄目だ!!!また天むすは勘弁だ!! 「お客様、お決まりましたら…」  解っている…決まったら呼べって事だろ!?  しかし、それじゃ二度手間で何か可哀想だ…だからと言って… 「天むすは「天むすですね」かんべ……………え?」 「お飲み物はどうなされますか?」 「……………………冷たいお茶を……………」  ………しかたないじゃないか……おにぎりにはおちゃがいちばんあうんだから……  うん…しかたないよ…しかたない…は…ははは…はは… 「お前、前も天むす食っていたよな。ホントに好きなんだな」 「うん。おいしいからな」 「僕もそっちにすれば良かったかな」 「うん。そうしなよ。ははは」 「何かさっきからおかしいなお前?」 「そうか?ぜんぜんおかしくないぞ。ははは」 「何か全体的に平仮名のような気がするよ」 「きのせいだよ。ははは」  おお、自分でも驚いているぞ。たかが天むすで此処までショックを受けるとは!!  実際美味いんだけどな。天むす大好きキャラで行こう!!やけくそだ!! 「つか、結構腹減っているから一枚じゃ足りないかもしんねえな……」 「あ、僕も。二枚頼んじゃおうかな。すいませーん。追加注文いいですか?」  !!その手があったか!!追加注文!!これに乗らない手はない!!  慌ててメニューを開く俺!!  この機を逃したら、俺は一生この店では天むすしか食えないような気がする!!  此処は王道のミックスが吉か?しかし海鮮ミックスも捨てがたい…  餅チーズなんてものあるんだ…これは要チェックだな!!  デザート感覚の抹茶あずきなんかか面白そうだ!! 「はい、ご注文どうぞ」  早いな!!さて、今度は確実にお好み焼きを… 「あ、俺モダン焼き」  モダン焼き!!焼きそばが入っているアレだな!!ボリュームが凄くてお得感満載だ!!流石ヒロ!! 「僕は…軽めのきのこで」  きのことな!!なんてヘルシーな!!体調管理に気を配っているのか!!流石国枝君!!  さて、俺の番だな!!じゃあ… 「あ、こいつ、天むす追加で」  ……………は? 「はい。承りました~」  おい……  おい。  おいいいいいいいいいいいいいいい!! 「お前勝手に決めんじゃねーよ!!マジぶっ殺すぞ!!」  自分でも解った。ガチ切れに近い感情!!!  たかが天むすを勝手に頼まれたくらいで大人気ないと思う。  思うが、いいじゃねーか大人気ないくらい!! 「おう、表に出ろよヒロお……」 「うわ、こいつ泣いてやがる。ドン引きだ」  俺泣いているのか!?ガチ切れよりハズいじゃねーか!! 「まあまあ、要するに、天むすとモダン焼きときのこをシェアしょうって事だよね?」  シェア?ど、どういう事だ? 「まあな。お前の天むす一個くれ。モダン焼き半分やるからって事だ」 「きのこを半分あげるから一つ頂戴って事だよ」  ………それは素晴らしいアイデアだ!!  今の今までそんな事に気が付かなかったとは、自分の愚かさが恨めしい!!    天むすは二個で販売している。ヒロが勝手に頼んだ分と合わせて四個になる。  その内二個と引き換えに、俺はお好みを二種類ゲットできるのだ!!  素晴らしい!素晴らしいぞヒロ!!今までアホだと思って、本当に申し訳ない!! 「こいつ、また泣いているぞ。キメエな」  今度の涙はさっきのとは違うからいいんだ! 「そう言っても、緒方君の許し無しで勝手に頼んだのは戴けないよね」 「いや、いいんだ。と言うかいいんだ」 「同じだぞ。マジでどうかしちゃったんじゃねえのかお前?」  どうかしたのはお前だと言いたい。お前がそんなに友情に熱い男だとは思ってもみなかったからな。  いや、思ってはいたけど、ここまでだとは。 「ぶっちゃけモダン焼きは量が多いから、半分くらいが丁度いいんだよな」 「きのこもだよ。ちょっと飽きちゃうからね」  そうか?天むす四個よりはいいとは思うが…  まあ…単純な善意じゃ無い事は解ったよ。それでいいけど。  相変わらず天むすは来るのが早い。 「ほれヒロ」 「サンキュー」 「はい国枝君」 「ありがとう」  お好みが来るまでの繋ぎに充分だ。  相変わらず小さいエビの天ぷらなれど、美味い。 「これ美味いな…」 「だね。正直侮っていたよ…」  ふふん。その美味い天むすしか食べた事が無いんだぞ、俺は。  俺に感謝して味わうんだな!! 「明日から練習だなぁ…」  ヒロが何の気なしにボソッと呟く。 「つか、マジで、なんで俺が主役……」  思い出して気分が落ちる俺。望んだ事じゃ無い、ほぼ無理やり決まった事に、少しムカつきがある。  と、言っても、渋々ながら納得したんだ。これ以上はグチグチ言わないように心掛けよう。 「まあまあ。とにかく頑張ろうよ。映研に及ばなくても、肉迫するくらいはさ」  まあな。それしかねーからな。こちとら素人集団だし。 「それよりちょっと不安がある」 「不安?」  なんだろう?この図々しい奴が不安を感じるなんて? 「須藤の事だよ」  ああ………そっちか……  ヒロの言わんとする事は解る。体育祭の時に堂々と姿を現したんだ。 「文化祭は…なんつーか、他校の生徒もかなり入って来るだろ?簡単に紛れ込めるだろ?」 「紛れ込むとかじゃなく、普通に入って来られるんじゃないかな?」 「いや、あいつはダブった状態だろ?入院しているから。そんな奴が素直に学校に入れるか?普段なら警備がちゃんと引き止めて、病院なり家なりに連絡入れて帰すだろうが、文化祭はその警備が甘くなる」  簡単に学校に入れる、か。だけど、あの幽霊みたいな姿になった朋美が学校に入れるかどうか……  普通に不審者で通報されそうだが…… 「あの成りじゃ、学校に入ってこれねーだろ。目立ちすぎるしな」  そりゃそうだ、とヒロ。 「僕は見た事が無いんだけど、凄いみたいだね…」 「凄いなんてもんじゃねーよ。怖い、だよ。見た目幽霊だし、おっかねーよ」 「君は幽霊と過ごしていた筈だけど…」  麻美はいいんだ。麻美だから。朋美は駄目だ。朋美だから。 「おまちどおさまです」  店員さんがお好み持ってやって来た。 「おっと、話は中断だ。まず焼いてからだ」 「それに同意するよ」  ヒロと国枝君は、鉄板にお好みの生地を乗せてじゅうじゅうと焼く。  俺もこれがしたかったなあ…今回はお好み食えるから良しとしとこうか。  約束通り、モダン焼きときのこ焼きを半分貰った!! 「美味い…マジ美味い~!!」 「なんで泣きながら食ってんのお前?キメェんだけど…」  引いているアホはほっといて俺は食う。念願だったお好み焼きを!! 「喜んでもらえてうれしいよ」 「いや、このきのこマジうまい!!ありがとう国枝君!!」 「俺のモダン焼きは?」 「まあまあ美味い」 「お前泣きながら焼きそば食っていたじゃねぇか!!」  しかし成程、ヒロが多いと言った理由が解った。お好みに焼きそばはボリュームパネエな。 「聞けよ!!!」 「うっせえな!!今食ってんだろうが!!」  ホント空気読まないなこいつは!!美味しい物が不味く感じるだろ!! 「まあ、それは兎も角だ」  いきなりシリアスな顔になるヒロ。釣られて俺も箸を止める。 「須藤の事、ホントにどうする?」 「だから親父に言って隔離して貰うってば」 「……それ本当に大丈夫かな?」  国枝くんも箸を止めている。真面目モードだ。 「大丈夫も何も…あの親父も朋美を煙たがって…」 「それは緒方君の予想で絶対じゃない。実は溺愛して病院に閉じ込めているのかもしれない。まあ、可能性は薄いだろうけどさ」 「……逆に可能性薄いと思う理由は?」 「簡単だよ。外泊を許可される以前は、あのお父さんはお見舞いにあまり来なかった」  そ、そうなのか?あんまりと言う事は、行ったには行ったんだろうけど……  それにしても良く見ていたな?  俺の表情から読み取ったのか、国枝君が苦笑する。 「春日さんと槙原さんと黒木さんが言っていたのを聞いたんだよ」  槙原さんは兎も角、春日さんと黒木さんも病院を見張っていたのか!?  また俺の思考を読んでか、国枝君が付け足した。 「春日さんは暇を見つけて病院に行っていたそうだよ。黒木さんは木村君から聞いたって」  そういや、木村も気にしてやるみたいな事を言っていたような…それにしても春日さん、そこまでしてくれたのか… 「じゃあ隆の読み通りじゃねえの?」 「いや、自分にとって邪魔なら、須藤さんを療養に専念させるからとか言って、遠くの病院に入院させて、学校も辞めさせると思うんだ。それをしないのが少し気になってね」  言われてみりゃそうだな…流石に実の父。そこまで見捨てられないか…  そうなると、俺の案はちょっと危険だな。いや、危険なのは解っていたけど、思っていたよりも。  だけどこの状況を打破する為には、いつまでも様子見って訳にはいかない。 「やっぱ近い内にあの親父に言って来るよ」 「だから、お前話聞いていたのか?お前の見通しは甘々だって解っただろ?」  解った。やっぱ俺程度の頭じゃそこまでなんだって。 「だけど、此の儘ってのは無理だろ。だから俺は賭ける。親父が見捨てる口実を欲しがっているのを」 「言いたい事は解るけどさ、緒方君の苦情で見捨てる口実になり得るか微妙じゃないかな?人殺しまで揉み消したんだよ?」 「あれは自分の保身の部分もかなりあると思う。いい加減うんざりしている方に賭ける」 「僕には急いでいるようにしか見えないよ?何があったのさ?」  急いでいる、か。確かにそうかも。  俺も色々限界に近いから、動こうと思ったんだろうし。 「やめとけ国枝。こいつはこうなったらテコでも動かない。中学時代に充分過ぎる程思い知ったからな」  呆れて溜息を付くヒロ。俺が糞共を殺す寸前までぶち砕いていたのを止めてくれた。それこそ身を挺して。 「頑固ってか、アホだこいつは」 「そりゃお前、そこまで辿り着くのに、どれだけ虐められたと思ってんだ?麻美が殺された時、同じ思いをさせようと、ずっと思っていたんだぞ?」 「だからって、何も聞かずに鍛えてやったジムのみんなに、迷惑かける事をすんな」  だから我慢しただろ。お前の事も思ってさ。最低病院送りだけは譲らなかったけど。 「……今回はイキがっている不良と訳が違うんだよ?暴力を本職にしている人たちのトップだよ?」  そう。だからこそ今まで我慢していた。  単純に朋美が怖いのもあったが、俺も命は惜しい。ガキの頃に世話になったとはいえ、相手はヤクザ。下手したら命がヤバいと思って躊躇していた。  俺の読みは甘い。認めよう。しかし、誰かに相談したとなれば、絶対に止められる。国枝君だって止めたんだから。  ヒロは諦めているみたいだが、賛成はしていない。  だったら勝手に進めるしかない。こっそりと親父に言いに行って… ―――いいと思うよ  振り向いた。  誰もいない。当たり前だ。居るはずが無い。  だけど、はっきり聞こえた!!空耳なんかじゃない!!  麻美…!!  出てくんなって言ったのに…  解ったって言ったのに!!  俺があんまり不甲斐ないから…!! 「ど、どうした隆?」  聞こえている。だけど俺は向き直らない。まだ首だけで後ろを見ている。 「……そうか…」  国枝君は解ったみたいだ。霊感あったんだったな。 「緒方君、こうなっては仕方ない。僕は緒方君に賛成するよ」  俺は返事もしないでまだ後ろを見ていた。そんな俺に構わず国枝君は続けた。 「いつ言いに行くかは緒方君に任せるよ。タイミングがあるだろうからね。だけど その前に僕に連絡してくれ。メールがいいな」  それは…何かあった場合に証拠になりそうだから、か。 「…じゃあ俺にも連絡寄越せ。一緒に行ってやる…って言いたい所だが、お前、絶対に拒否するだろ?だから途中まで付いて行ってやる」  これも何かあった場合の証拠になるから。ヒロも覚悟をしてくれたようだ。  俺は前を向かずに「ああ」と答えた。  それから後の事は殆ど記憶に無い。  お好みの味もすっかり飛んじまった。ヒロと国枝君が何を言ったのかも耳に入っていない。  電車に乗った事も覚えていない。気付いたらベッドの上だった。  そうなったのも麻美の声を聞いたから。  久し振りだった。聞きたかった。その声、ずっと。  もう出て来なくていいと言ってから、ずっと聞きたかった。いや、会いたかったし、見たかった。存在を認識したかった。  今も俺の傍に居る筈の麻美の存在を、確実に感じたかったんだ…ずっと……  俺はその感情を心の奥に仕舞った。麻美を悪霊にする訳にはいかなかったから。もう一人で大丈夫だと、一人で解決できると言って納得させた。だから出て来る事はもう無い筈だった。  ……それを俺が不甲斐ないから………  情けない気持ちがあった。だけどそれ以上に嬉しさが勝った。  ……この様で、朋美の親父と話するとか、よく言えたもんだ。結局俺は麻美に助けられっぱなしだ。 「……麻美…」  何の気無しで呟いた。  なに?  そう返ってくるような気がしたのかもしれない。  だが、返事は無い。麻美は俺との約束を破った事は無い。出て来るなと約束したから出て来ない。さっきの声は本当につい咄嗟に出した声なんだろう。  麻美に約束を破らせちまったな…だけど嬉しい。そして力も貰った。  麻美がいいと思うんなら、俺の考えは間違っちゃいない。  俺は俺より麻美を信じる。  糞情けない俺より、優し過ぎる麻美の言葉に従う。  簡単に決心って付くもんだなと苦笑した。  次の休みに朋美の家に行こう。  もう、この決心は揺るがない……!!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 認知バイアス

    こういう人はいませんか?

    0

    0


    2021年6月25日更新

    夫の感覚についていけなくなった妻の選択肢

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • アリスが死んだ不思議の国には神が住む

    この国では、言葉の力を持つ者が『法』だ。

    2,100

    0


    2021年6月25日更新

    十八回目の誕生日を迎えた日、私は“お母様”を殺すことにした。 だって、ほら。ねえ?物語の主人公『アリス』に相応しいのは私だけ。そうでしょう? 「ワンダーランドは、地獄行き」 繰り返し見たあの夢は、私に何を伝えていたのだろうか? 「どんな罪でも俺は許すよ。優しいでしょ?」 「白の王を信じてはいけない」 「これは『あの人』が決めたそういうストーリーなんだよ」 「おかしいじゃない! だって、」 ワンダーランドは、アリスにとっての楽園ではなかった。 犯した罪は決して許されず、言葉の力を持つ者が『法』であり、思い込みが人を死へ追いやる。 「さようなら、アリス」 この狂った国から脱出する方法は、 「……赤の王を、殺しましょう」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間41分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    137,300

    330


    2021年6月25日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間48分

    この作品を読む

  • エレス冒険譚 ~竜騎士物語~

    転生ではない、王道系ファンタジーです

    184,800

    50


    2021年6月25日更新

    考古学者として旅していたカシムだが、誘拐された王女を偶然助けたことで、国王から「竜騎士」を目指すように命令される。 それは、この世界で最も恐ろしい十一柱の創世竜の元を巡らなければならない、「死刑宣告」と同義の命令だった。 この物語は、エレスという世界を舞台に繰り広げられる、カシムやその仲間たち、そして、さらに沢山の冒険者たちの物語である。 ※一応セルフレイティング入ってますが、それが主眼の話しではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:26時間10分

    この作品を読む