連載中 長編

ファッションヤンキーちゃんのVRMMO記

作者からの一言コメント

長身女子高生VRMMOでヤンキー堕ち!?

この物語の主人公、高校生の花坂遥(はなさかはるか)は高身長かつ、広島弁で目つきがそれはもうカタギではないと思われるほど鋭かった。もちろんカタギである彼女はそのイメージを払拭すべく、真面目に過ごしていた。しかし同時に「自分が悪ぶったら周りはどんな風に思うのだろう」と思うようにもなった。そんな彼女が、今巷で話題のVRMMOゲーム、「Another fantastic world」通称「AFW」を一日遅れで手に入れた。性別以外を偽れるゲームで遥は自分の欲求を満たすべく、ヤンキーキャラでAFWをかき回す……!? この作品は「小説家になろう」「カクヨム」でも連載しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ファッションヤンキーちゃんのVRMMO記
作者名 銀たろー
ジャンル SF
タグ アクション/バトル 女主人公 近未来 VRゲーム R15 不良少女 (なんちゃって) 広島弁 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年10月31日 10時02分
最終投稿日 2020年7月9日 18時35分
文字数 160,724文字
ブックマーク登録 30件
コメント/スタンプ 185件
応援ポイント 92,450pt
ノベラポイント 1,200pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界ふぁんたじー。

    ♡33,411

    〇711

    異世界ファンタジー・連載中・12話 六海 真白

    2020年7月14日更新

    インドア生活を送っていた高校生、黒川 翔は突然天使に死んだことを告げられた。魂の管理をしているという天使 サリエルにお約束であるはずのチート能力を与えられず、魔王を倒してほしいと異世界に送られる。少年は異世界で出会った自分を神であると名乗る少女 アリアとパーティーを組むことになったのだが・・・。 少年のどこか間違っている異世界冒険が始まる。

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡376,150

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 吹雪の里の兄妹と白い狐型ロボの冒険

    ♡5,400

    〇100

    SF・連載中・14話 月光壁虎

    2020年7月15日更新

    吹雪の里で生まれた兄妹、ルクスとスピカ。 外の世界に憧れる兄のルクスと何事も突っ走りがちな妹のスピカは、白い狐型ジーマのウインターフォックスとの出会いをきっかけに、冒険の旅に出ることとなった。 動物型ロボット『ジーマ』の兵器運用で世界征服を企む帝国との戦いのさなかで、二人は幾多の出会いを経験して数奇な運命を辿ることに。 これは二人の兄妹と白い狐型(フォックスタイプ)の冒険と戦いの物語である。

  • UFOの町ロズウェルが舞台の大冒険小説!

    ♡300

    〇0

    SF・連載中・31話 名月明

    2020年7月15日更新

    アメリカのニューメキシコ州ロズウェルーーそこは、73年前にUFOが墜落したとウワサされる町。 そんな町に、一人の日本人の少女が引っ越して来た。 彼女の名前は、昴七美(すばる ななみ)。弱虫で、ポンコツで、炭酸ジュースを飲んだら超能力が発動してしまうという不思議な力を持った少女である。 ナナミはその力のせいで小学生時代に学校でいじめられていたため、「アメリカの新生活では、透明人間みたいにひっそりと生きよう」と決めていた。 しかし、ロズウェルの町に来た初日から、ミステリアスなアロという少年とUFOに遭遇してしまう。アロは、「73年ぶりに地球に危機が迫っている」とナナミに告げて消える。 「もしかして……あの子、エイリアン!?」 ひっそりと生きたいのに、いきなり不思議な事件と遭遇して頭を抱えるナナミ。そんな彼女が町で出会ったのが、UFOを追い求めて町中を走り回っている悪ガキ三人のチーム『ロズウェル・ユニオン』だった。 リーダー格で、ナナミが淡い恋心を寄せるオリバー。 オリバーの妹で、ナナミに懐きまくるタリー。 ロボットやAIにくわしく、頼れる参謀のアンドレ。 この冒険大好きな三人と友達になってしまったナナミは、運命に導かれるようにして、73年前のロズウェルUFO墜落事件の真実へと近づいていってしまう……! 「この世界のすべてのことは、関わり合っている。偶然なんてひとつもない、すべては必然なのです」 ナナミとロズウェル・ユニオンの仲間たちは、冒険の果てに何を見るのか!? 恋・友情・SFてんこ盛りのロマンチック小説、ここにスタート!!!