完結済 長編

おいしい悪夢《ユメ》のたべかた

作者からの一言コメント

悪夢《ユメ》の食べ方、教えます。

「アナタの悪夢《ユメ》を 食べさせてください」─────── ある日のバイトからの帰り道、 星見ヶ原高校に通う高校二年生の男子生徒 【夜戸守 悠】《やとがみ ゆう》は道端で倒れていたバクを模したパジャマを着た謎の少女 【憑夜】《つくよ》 と出会う。 空腹で倒れていたという憑夜は 「アナタの悪夢《ユメ》を食べさせてください」 といきなり悠にキスをしてきて─────!? これは生まれながらに悪夢に悩む男子高校生と ひょんな事から夢の世界からやって来た少女と 愉快な学校の仲間たちが織り成す ちょっとエッチなハチャメチャラブコメディ! 初めて書く小説ゆえ拙い箇所もあると思いますが どうか温かい目で見守って下さい。 感想など皆様のコメント、お待ちしております!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
おいしい悪夢《ユメ》のたべかた
作者名
白うさぎ
ジャンル
恋愛/ラブコメ
セルフレイティング
性的表現あり
初掲載日
2019年8月7日 12時24分
最終投稿日
2020年3月20日 7時28分
文字数
506,354文字
ブックマーク登録
10件
コメント/スタンプ
102件
応援ポイント
16,450pt
ノベラポイント
0pt
応援レビュー
0件
誤字報告
受け付けています