ミステリー 短編 連載中

あなたは、そのボタンを押せますか?

作者からの一言コメント

こんなゲームアプリあったらどうする?

 都立高校に通う堤慎也は、なんとなく毎日が楽しくなく、病気でもないのに学校を休むことが多々あった。  ある日、クラスメイトがうるさく誘ってきた賞金獲得ゲームアプリをDownloadしてから、慎也の通帳に不思議な名目の報酬が振り込まれる事に興味を持った慎也は、次々とゲームを勧めていく中、クラスメイトが次々と不幸に見舞われ···。 『最期の質問です』がスマホに表示された時、慎也は運命の選択をせばめられた。  誰もが持ってるスマホ。日々新しく出るアプリ。あなたのスマホ、どんなアプリが入ってる?今回は、そのアプリについての、怖そうで怖くない?お話です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 あなたは、そのボタンを押せますか?
作者名 逢坂千紘
ジャンル ミステリー
タグ スマホ ゲーム アプリ クラスメイト ミステリー ホラー要素あり 高校生
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年11月25日 20時56分
最終投稿日 2019年11月25日 20時57分
文字数 1,410文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 日常系現代青春/10.14〜改稿中

    ♡320,735

    〇4,488

    現代/青春ドラマ・連載中・66話・180,683字 なずな

    2020年11月25日更新

    高校一年生の春、君と出逢った。 青空のような澄んだ瞳。春空の下、目があったその瞬間から、僕の世界が変わるようなーーそんな気がした。 いつもの風景、いつもの学校生活。 繰り返す季節と日常の中で成長していく、僕と君の物語。 毎週水土更新

  • 能力者も人外も踊れ

    ♡5,400

    〇25

    異世界ファンタジー・連載中・32話・161,060字 シエル・カプリス

    2020年11月23日更新

    ■注意書き■ 当作品に出てくる登場人物・組織・国家はフィクションであり、実在する人物・組織・国家とは関わりを持ちません。 一部グロ・エロ表現含むことがございます。 ■お知らせ■ 10/12 タイトルと章の表示の仕方を変更いたしました。 ■あらすじ■ 奇形種と呼ばれる生物の脅威に晒された世界。 そこで十年前に人類の敵として討伐された奇形腫は二人の子供を育てていた。 一切の抵抗をせず子供を逃がそうとしたが惨殺され、彼も命を散らした。 死んだ子供達に、 「お前達を愛している」 といい残して。 雨のプラットホーム、主人公のソルトは空を見上げる。 覆われた空の向こうに思いを馳せるように。 駅のホームで出会った巨漢の男は奇形腫討伐組織【紅の空】の第七部隊隊長イクシ・ブロードとの再開で彼の運命は大きく動き出す事になる。 これは強引に第七部隊副隊長に任命されたソルトの活躍を描く物語――ではなく、惨殺された二人の少年が行き着く一つの【空】のお話……に繋がる一つの軌跡。 【奇形種は人類の敵であり、能力者は奇形種に対抗する希望となるだろう。 だが人々はいずれその希望の灯すら、敵と罵り貶める時が来るだろう。 ならば人と奇形種と堺はどこにあるのか…… ――アルベド・ハルベル】 今ここに第一の空の物語が動き始める。 死に逝く空の向こうで奏でられる第一の物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 結末をどう捉えるかはあなた次第です

    ♡900

    〇0

    ミステリー・連載中・6話・9,201字 羽山一明

    2020年11月26日更新

    ある優秀な男がいた。 医者であり科学者であった男は、事故で昏睡してしまった女性を救うべく、ある医療機器の開発に心血を注いだ。 夢を機械的に再現し、患者の脳に働きかける装置、通称『ドリームダイバー』。 すべての計画は順調に進んだ。ついに訪れた発表会の直後、男のもとに連絡が入った。 それは、『娘が事故に会い、昏睡状態に陥った』という報せであった。

  • 古書店店主×幼馴染大学生のBLミステリー

    ♡10,000

    〇100

    ミステリー・連載中・4話・10,838字 長埜恵

    2020年11月26日更新

    古書店店主×幼馴染大学生のBLミステリー。 古書店『現世堂(うつしよどう)』の店主・檜山正樹。三十歳でありながら総白髪と全身に酷い火傷痕を持つ彼は、古書の他に一風変わった背景や事情を持つ“奇書”を鑑定し売買することを生業としていた。 そんな彼を手伝うのは、幼馴染である大学生の慎太郎。恋する彼は押しかけ女房のごとく檜山の家に居候を決め込むも、特に進展する様子は無かった。 しかしある日、いつも通り店を開けた二人の元に、不気味な本を持った客が訪れ……。 ※表紙はヨシモト様に描いていただきました ※不定期更新