ホラー 短編 連載中

参の戻り

作者からの一言コメント

寒い夜はホラーでより寒く

読了目安時間:11分

総エピソード数:2話

大学1年の神領麻里絵は、付き合いはじめてまだ間もない各務翔馬の実家を訪ねていく。翔馬は、病気で狭い部屋に閉じこめられているというメッセージを送ってきたが、何度かけても電話には出ない。麻里絵は仕方なく『参の戻り』というひと気のないバス停で降りて、翔馬の実家に続く不気味な一本道を歩きはじめるのだが……。 ※この作品はすべてフィクションであり、実在の人物や団体等とは無関係です。

前へ

1-2

次へ

前へ

1-2

次へ

作品情報

作品名 参の戻り
作者名 小宮 結葉
ジャンル ホラー
タグ 妖怪変化 魑魅魍魎
セルフレイティング 残酷描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年11月15日 17時30分
最終投稿日 2021年11月18日 22時11分
完結日 -
文字数 5,300文字
読了目安時間 11分
総エピソード数 2話
ブックマーク登録 10件
コメント 5件
スタンプ 19件
ビビッと 0件
応援ポイント 16,600pt
ノベラポイント 200pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【BL】バズる間取り

    売れないアイドルが事故物件に住むBL

    38,500

    0


    2021年11月30日更新

    あらすじ 元人気子役&アイドルだった伊織は成長すると「劣化した」と叩かれて人気が急落し、世間から忘れられかけていた。ある日、「事故物件に住む」というネットTVの企画の仕事が舞い込んでくる。仕事を選べない伊織は事故物件に住むことになるが、配信中に本当に怪奇現象が起こったことにより、一気にバズり、再び注目を浴びることに。 自称視える隣人イケメン大学生狗飼に「これ以上住まない方がいい」と忠告を受けるが、伊織は芸能界生き残りをかけて、この企画を続行する。やがて怪異はエスカレートしていき……

    読了目安時間:1時間55分

    この作品を読む

  • コフィン・イン・ザ・フォレスト

    図書室で出会った新しい友人は……幽霊?

    3,000

    0


    2021年11月30日更新

    代わり映えしない毎日に飽き飽きしていた、夕凪(ゆうなぎ)高校二年生の朝比奈麗美(あさひなれみ)。 五月のある日、麗美は第一図書室で、望月絵美子(もちづきえみこ)という美少女と出会う。二人はすぐに打ち解けるが、この新しい友人には謎が多く、麗美は徐々に違和感を覚えるようになる。また、学校内では次々と不可解な出来事が発生、日常に少しずつ影が差してゆく。 梅雨に差し掛かる頃、麗美は母方の叔母であり、夕凪高校の卒業生でもある星崎百合子(ほしざきゆりこ)と、数年振りに再会する。学校生活でおかしな事はないかと百合子に尋ねられた麗美は、絵美子と不可解な出来事の数々について話す。 「そんな……どうして」 百合子は明らかに動揺していた。 「叔母さん?」 「絵美子は死んだのよ。二〇年前、私の目の前でね」 百合子は語った──二〇年前、夕凪高校で起こった、やはり不可解な出来事の数々を。そしてその裏に隠された、ある衝撃的な真実を。 ※若干暴力的・残酷な描写がございます。 ※他投稿サイトでも公開しております。 ※矛盾点や誤字脱字、その他変更すべきだと判断した部分は、予告・報告なく修正する事がございますのでご了承ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 迷宮主さん、おやつ食べましょう!(仮)【金曜更新】

    最弱女子高生×最強最悪の迷宮主×お菓子

    106,900

    348


    2021年11月27日更新

    現代日本の女子高生、萩野瑠璃。 彼女の部屋に置かれたドア型ミラーは、どういうわけか異世界の迷宮の主、ブラッドガルドの部屋(?)につながってしまっていた? 瑠璃は自室の鏡を直してもらうために。ブラッドガルドは失われた魔力の回復のために。 奇しくも利害が一致した二人のとった行動は……、一緒にお菓子を食べること! 甘くておいしい、ちょっと不穏な非日常系お茶会のはじまり! ちょっとだけお菓子の由来に詳しくなれたりします。 カクヨム・小説家になろう等にも掲載中。

    読了目安時間:33時間12分

    この作品を読む

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    剣と銃、幻想と科学が織り恋愛ファンタジー

    455,750

    1,900


    2021年7月27日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間34分

    この作品を読む