Märchenica League Baseball ~アルビノ初のメルリーガー~

読了目安時間:11分

エピソード:10 / 48

第8球「内なる敵」

 アイリーンに対して陰口を言った選手たちにブレッドが歩み寄った。  その中でも主犯と言えるのが、黄緑色の短髪、尊大な性格と中性的な顔、女性のように高い声が特徴のリンツァートルテだった。  隣にはエドワード、ウォーリー、丸雄、プレクムルスカの4人が座り、不良のような顔でブレッドを睨み返していた。プレクムルスカは黄土色と茶色の縞模様の短髪を手入れしながら、少年のような顔でグラブを左腕にはめた。 「お前ら、あの超人的なプレイを見てなかったのか?」 「ハハッ、超人的? あれはただのビノーだ。買い被りすぎだよ。なあプレク」 「そうそう。リンツの言う通りだよ」 「オーナーは低迷しているペンギンズの人気を取り戻そうと、奇を衒ってアルビノをメルリーグデビューさせようとしているみたいだけど、やめておいた方がいいと思うぞ。恥をかくだけだ。誰もあいつのことを歓迎してないみたいだし」  丸雄が吐き捨てるように言うと、さっきまで持っていたバットをベンチのバットスタンドにしまってから椅子に腰かけた。 「……お前らが持っているその価値観は先祖から代々受け継がれてきたものだ。自分たちと違う存在に対する偏見を植えつけられ、自分より弱い立場の人間を貶めることでしか喜びを感じられないような可哀想な連中みてえだから、今のは聞き流してやる」  獲物を狙う獣のような声に、レギュラーチームのベンチが凍りついた。  ブレッドは威嚇するようにリンツの右肩に手を置いた。  傍から見れば軽く触れた程度だが、リンツには鉄鎧のように重く感じた。 「だがこれだけは言っておくぞ。アイリーンを公平にきちんと扱うことだな。さもないと解雇ということもある。僕はお前らの心臓を握っている。お前らを生かすも殺すも僕の機嫌次第だ。もしアイリーンとの間に問題を起こすようなら容赦はしない。覚悟しておけ」  そう言い残すと、さっきまで調子に乗っていたリンツたちが逃げるように守備につき、丸雄は固まったままベンチに座っている。  そんな丸雄の緊張を解そうと、ブレッドは丸雄の隣に座りながら微笑みかけた。 「なあ丸雄、DH以外はできないってホントか?」 「ああ、俺の得意分野は打点を挙げることだ。守備なんてクソくらえだ」 「チャンスに強いのは本当のようだが、さっきは惜しかったな」 「全くだ。先制したと思ったのに」 「6年連続150打点と、打点王3回の記録を持っているんだってな」 「まあな。俺がペンギンズに入った頃は、地区優勝できるほど打線が強かったから、ランナーもよく溜まるし、それなりに充実してた。でもオーナーが事業に失敗してからは状況が変わった」 「事業に失敗? エステルが?」 「知らないのか? オーナーは高級な化粧品を売ることを目的としたグループ企業、『コズメティックバロン』の社長だ。元々は旧式カメラをアンティーク商品として売る冴えない企業だったけど、プリューゲルクラプフェン家がコマンドフォンに全自動浮遊撮影機能を導入してからは更に業績が下がった。でもしばらくしてフィルムを作る技術を化粧品に応用したことで生き延びた」 「じゃあ何で今のエステルは資金難に陥ってるわけ?」 「コズメティックバロンが『ソーラーガード』っていう、日光を完全にシャットアウトできる画期的な魔法科学商品を開発した。だが12年前、ライバルのグループ企業に、ソーラーガードがアルビノ相手に売られているという噂を広められて、そこまでして儲けたいのかと言わんばかりに、不買運動が始まったんだよ」  事情を知っていた丸雄がベンチから空を眺めながら言った。 「あぁ~、そういうことかぁ~」  ブレッドが大きく口を開けながらゆっくりと何度も頷いた。  どこか腑に落ちないところもあり、ブレッドはエステルに対して不信感すら抱いていたが、アイリーンがこうして日光に晒されながらもいつも平気でいられる理由をようやく理解した。  エステルがグループ企業を抱えながらも、球団の予算を確保する手段がないことが分かった今、ブレッドの決意はますます固いものとなった。 「それでまた経営難になったせいで、球団に回すはずだった予算を確保しきれず、多くの有力選手やプロスペクトに年俸を払えず、他球団に売り渡す結果になった」 「どうりで選手層が薄いわけだ」 「監督がそれを言っちゃお終いだろ。1つ忠告しておいてやる。うちのオーナーは根っからの拝金主義者だ。ソーラーガードを開発したのも、アルビノをメルリーグに参加させようとしているのも、結局は金のためだ」 「……」  目を半開きにさせながら下を向くブレッド。 「監督はエステルに利用されてるだけだよ。ちょっと水飲んでくるわ」 「いってらっしゃい」  ブレッドが力なく答えると、丸雄がベンチ裏の階段を降りていった。  全員が全員アイリーンのことを嫌っているわけじゃなく、中には仕方なく嫌いなふりをしている選手たちもいることをブレッドは思い知った。  アルビノと関わった者も迫害の対象となる。エステルとて例外ではなかった。  ――そうか……みんなアイリーンと関わるのが怖いんだ。  そう気づきながらも、ブレッドは心の中で呟くことしかできなかった。  3回裏、0対0のまま、2アウトランナーなしの場面で再びアイリーンの打席を迎えた。  観客席からは帰れの大合唱と共にブーイングの嵐となる。 「ビノー! 帰れー!」 「おいビノー! お前がベースボールやんのかー!?」  ルドルフはまだ3回も投げていないが、既に肩で息をしている。ルドルフはランナーを1人出しながらも、ストレートとカットボールを駆使して抑えていたが、球速に勢いがなくなり、2回以降は三振1つ取れないままであった。  アイリーンは1回裏にルドルフのカットボールにバットをへし折られ、ショートにボールが転がったが、葵の矢のような送球を前にあっさりと打ち取られてしまった。  ルドルフは疲労から制球が定まらず、ストライクゾーンから大きく離れた位置に何度もボールを投げてしまっている。 『ボール』 「ちょっと、まだ3回よ。何へばってんのよ」 「うるせえ。さっさと構えろ」  キャッチャーを務めるワッフルの言葉を全く聞こうとしないルドルフ。  ワッフルが呆れながら再びサインを出し、キャッチャーミットを構えると、ルドルフはまたしても地面に向かって暴投してしまい、途中でワンバウントした球がアイリーンのストライクゾーンのど真ん中に入った。  見逃せばフォアボールだが、それに構わずアイリーンが一塁線近くに鋭い当たりを打つと、アイリーンは俊足を飛ばして一塁ベースを踏み、ライト前ヒットになった。 「あいつ、ワンバンした球を打ち返しやがった!」 「さっきのバックホームといい、まるでウィッチ・ロウだなー!」 「おいおい、あんな奴ウィッチ・ロウの足元にも及ばねえぞ」 「でも見ただろ。あいつのプレイおもしれえじゃん」  観客たちがかつての大打者の1人、ウィッチ・ロウの名を口にしている。  ウィッチ・ロウは400年ほど前のリードオフマン時代に活躍したメルリーガーである。シーズン打率4割2分8厘、通算打率3割8分5厘、シーズン安打数302本、通算安打数6062本はいずれもメルリーグ記録である。  人々はフォアボールをもぎ取るよりも安打に拘り、無理矢理にでもヒットを量産するかつての大打者の姿に、アイリーンを無意識の内に重ねているのだ。  マカロンが打席に入ると、アイリーンがさも当然のように一塁ベースから離れ、両足を大きく横へと広げた。  ここにきてアイリーンは最も得意なプレイを発揮する機会を得た。  相手バッテリーを揺さぶるように細かい動きを見せ、度々牽制を受けるが、平然とした顔で一塁ベースへと頭から素早く戻り、ファーストのエドワードがルドルフにボールを投げ返すと、懲りずに再びリードを取った。痺れを切らしたルドルフが腕を振りかぶったところでアイリーンが走った。  すかさず投球を受けたワッフルが二塁に向かってボールを投げたが、ボールが届く頃には既にアイリーンがスライディングを決めている。 『セーフ』  ロボット塁審が両腕を横に広げた瞬間、観客からの歓声がエルナン島の空へと響いた。 「結構足早いのね」 「足には自信があるわ。これが私の生きる道だから」 「あんたならきっと――ウィッチ・ロウのようになれるかもね」  アリアが笑顔でそう言い残すと、再びセカンドの定位置に就いた。  再びアイリーンがリードを取るが、二塁には誰もベースカバーに入ろうとはしなかった。  ルドルフが腕を振りかぶる少し前にアイリーンが三塁に向かって走った。さっきよりもリードが大きい上に早い反応であったためか、今度はサードスチールであるにもかかわらず、ワッフルはボールを投げることさえできなかった。  完璧なまでに投手の癖を見抜き、モーションを盗んだアイリーンに、ルドルフもワッフルも思わず舌を巻いた。すると、今度は三塁から離れ、ルドルフを挑発するように小刻みに足を動かした。  ルドルフは投球に集中しようとするも、何度もアイリーンと目線を合わせてしまい、ペースを乱されている。ホームスチールの素振りを見せるアイリーンを前に緊張の糸が切れたルドルフは外角高めにストレートを投げた。  木製バットが大きな音でボールを打ちつけると、ボールはレフトのフェンスに直撃し、アイリーンは悠々とホームに生還したが、アイリーンとハイタッチをしたのはジャムだけであった。 「見事な走塁でした。よく相手の癖が分かりましたね」 「あのピッチャー、牽制しない時は何度も首をこっちに向けてきた。だから2回以上目が合った時は、もう牽制しない人だって分かったの。思った通りだったわ」 「ベースボールプレイヤーの心が分かるのは本当みたいですね」 「人の心は必ず癖として表情に出てくる。人の癖を見抜くのは昔から得意なの」 「どうして分かるんですか?」 「私に敵意を向けてくる人は、必ず私を見た直後に一瞬だけ目を細めるの。敵意があるかどうかはそれで分かる。何度も見てきた表情だから」 「……そうですか。でもブレッドさんも私もアイリーンの味方ですから、安心してください」 「それはもう出会った時に分かったわ」  ――私と出会った時、2人とも私に微笑んでくれた。()()は私を歓迎してはくれなかったけど。  アイリーンはそんなことを考え、相手ベンチにいるブレッドを見つめた。  ブレッドは選手たちの動きを見ている内に、段々と選手たちの動きを掴んできたようであった。  クラップがセンター前に安打を放つと、二塁打を打っていたマカロンが俊足を飛ばし、ホームへと帰ってくる。 「よしっ、これで2点目ね」 「良い二塁打でしたね」 「ありがとう。でもこの球場広すぎるのよねー。ウィザーズの球場だったら文句なしのホームランだったのにぃ~。あれ、フェンスまで150メートルくらいあるわよ」 「元々は設計ミスが原因で広くなりすぎた球場ですから、それで練習用の球場になったんですよ」 「レギュラーチームには葵とアリアがいるのよねー。FAでペンギンズの様子を見にきたのはいいけど、あれじゃ二遊間は取れそうにないわね」 「うちには葵以外に有力なスラッガーがいないので、ファーストかサードであれば、簡単にレギュラーを取れると思いますよ。ちょうど空きが出たので」 「ホントにっ!?」  マカロンが目をキラキラと輝かせながらジャムに詰め寄った。 「ええ、ホントですよ。今のペンギンズはパワー不足ですし、マカロンはピッチャーとキャッチャー以外ならどこでもこなせると聞きました。あのパワーとスピードなら大丈夫ですよ」 「あたしはFAの招待選手だから、まだどこのチームに入るかは決めてないんだけど、そういうことなら喜んでペンギンズに貢献するわ。面白いし」 「それは心強いですね。私からもブレッドさんに言っておきますよ」  5回表、アリアがライト前ヒットで出塁すると、2アウトになったところでプレクの打席を迎え、ラーナが外角へ逃げるスライダーを投げた。 『ボール』 「ちょっと待つのデス! 今のは入ったはずデス! どこを見ているのデスカ!?」  ラーナがピリピリとした顔のまま目くじらを立て、球審ロボットに詰め寄った。 『外角高めから僅かに外れています。間違いありません』 「ラーナ、ストライクゾーンはバッターの身長で変わることを忘れたのか?」 「ちっ、子供なら仕方がないデス」 「お前なぁ~」  プレクが悪態をつくようにラーナの顔を睨みつけた。プレクは1600人のメルリーガーの中でも特に身長が低く、148センチという子供のような低身長であるため、他の選手よりもストライクゾーンが小さいのだ。  他の選手であればストライクになっていたはずの球にボール判定を取られ、動揺しながらもストライクゾーンギリギリに変化球を投げ込んだ。 『ボール』 「ちいっ!」  プレクが一度もバットを振らないままスリーノーとなり、今度は真ん中やや高めに渾身のストレートを投げた。すると、チャンスボールと言わんばかりにボールを一塁線へと流し打ち、ボールは一二塁間を鮮やかに抜けていく。  ボールがライト線を転がっている内にプレクは二塁を回り、ジャスティンがようやくボールを拾い上げ、アリアに投げた時には既に三塁に到達していた。 「な、なかなかすばしっこいデス」 「小さいからって馬鹿にするからだよ」  プレクが三塁からラーナに向かって言った。  だがラーナにはプレクを気にする余裕などなかった。

 昔こそオールマイティな選手が多かったが、投手も野手も分業化が進んでからは必要部分だけを磨く選手が増えた。特に指名打者はそれが顕著に表れており、守備負担の少ないポジションの選手もまた、指名打者の資質に近づいている。もはや打って守って走ってが基本であったベースボールはなくなってしまったのだろうか。  歴代ベースボール評論家たちの著書『ベースペディア』より

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界に転生して性転換したけどとりあえず生きてる

    書きながら考えた結果

    1,500

    0


    2022年8月14日更新

    小説家になろうで公開している物をこちらでも公開してみたいと思います。 異世界に性転換して転生した主人公が転生した先で生活する話です。 貴族の家に生まれるも魔力が無いために捨てられてしまい、捨てられた先で龍と出会ってなんだかんだでくっついてしまう。 それからもいろんなものとくっつくがそれでも人として日常生活を営んでいく話。

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む

  • 異世界に行って転生者を助ける仕事に就きました

    いろんな世界を書いてみたかった

    2,500

    0


    2022年8月14日更新

    異世界に転生した人は星の数ほどある、しかしその転生者たちは全員がチートを使えるわけでもなく、運命的な出会いがある訳でもない、ただ単純に日本で生活していた記憶があるだけでその記憶が異世界の生活に役に立つ訳でもない。 主人公はそんな転生者達を手助けする仕事についている、時には直接介入したり先に脅威を潰したりしてしる。 以下なろうからコピペ 若くして死ぬと異世界転生するらしい。 まさか自分がそうなるとは思わなかった。 しかしチートはもらえなかった。 特殊な環境に生まれる事もなく、そこそこ大きな街の平民として生まれ、特殊な能力や膨大な魔力を持つことも無かった。 地球で生きた記憶のおかげで普通び人よりかは魔法は上手く使えるし特に大きな苦労はしていない。 学校こそ身分の関係で行けなかったが平凡にくらしていた。 そんなある日、初めて同じ日本の記憶がある人と出会った。 なんでもその人は異世界に転生した日本人の手助けをする仕事についているそうだ。 自分もその職につけるようで参加してみた。 すると好感度が振り切った嫁をもらった。 それから自分も転生した人たちを助ける仕事を始めることになりました。

    読了目安時間:3時間35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る