恋愛/ラブコメ 短編 完結済

前世がカマキリの僕の切ない恋の話

作者からの一言コメント

気軽にどうぞ

読了目安時間:6分

五分もあれば読める作品です。 複雑な心境を書いてみました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 前世がカマキリの僕の切ない恋の話
作者名 大蒜檸檬
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 恋愛 悲恋 優しさ 社会人
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月14日 9時51分
最終投稿日 2020年5月14日 9時52分
完結日 2020年5月14日 9時52分
文字数 3,053文字
読了目安時間 6分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【第二章完結】『記憶=魔力』の世界に現れた男が記憶喪失だったのでひたすら記憶を詰め込んでみたら、とんでもない事になりました。~この世界には私が眠っている。~

    記憶=魔力の世界で男が一人、目を覚ます。

    52,300

    300


    2021年5月13日更新

    ※第二章完結済。一章だけでも綺麗に終わります。 【あらすじ】 「ここはどこだ? 私は、誰だ……?」 記憶喪失の男シキは、見知らぬ宿屋で目が覚めた。 助けてくれたという少女ネオンから話を聞こうとするが、何を問いかけても彼女は何一つ喋らなかった。 「…………」 シキは諦めて街へと出る。すると、ここは『エーテル』と呼ばれる魔術が盛んな異世界であった。 混乱するシキの前に、賞金稼ぎを名乗る少女アイヴィが現れ、彼女はある噂を伝えた。 「記憶を奪う通り魔って、知ってる?」 シキの記憶を奪ったのは誰か、そして彼の記憶の行方は。 これはある男の、過去を知り、世界を手に入れるまでの物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間46分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    693,820

    3,668


    2021年5月9日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間44分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ○○に誘いたかった

    初めて書く作品です。

    300

    0


    2021年5月14日更新

    放課後、教室に忘れ物を取りに行くと鍵を閉めたはずの教室が開いていた、教室に入るとうちの学校とは違う制服を着た女子高生が長い髪をなびかせてながら窓の外を眺めていた、そして彼女は僕に気付き後ろを振り返った、すると彼女は僕に…

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 君がダイヤモンドなら僕はそれを輝かせる太陽になりたい

    「君だい」と略してください

    3,700

    0


    2021年5月14日更新

    僕自身が経験した今の彼女とのラブストーリー。 実話を基にしてるので共感できる部分もあるんじゃないかと。 彼女と出会ってから今日までの話になります。 完結するまでの時間お付き合いくださいませ。

    読了目安時間:26分

    この作品を読む