童話/絵本/その他 短編集 連載中

トゥーリとヌーッティ・短編集2

作者からの一言コメント

トゥーリとヌーッティのドタバタ日常劇!

読了目安時間:14分

総エピソード数:5話

北欧フィンランドの首都ヘルシンキを舞台に繰り広げられる、トントゥの女の子トゥーリと小熊の妖精ヌーッティのドタバタ日常劇。 ほのぼのあり、ほっこりあり、ときどき涙あり?の短編集第2弾です。 「トゥーリとヌーッティ・短編集1」の続きです。前作のキャラも出てきます。 トゥーリとヌーッティの相関関係や世界観を知りたい方は、アルファポリス掲載中の『トゥーリとヌーッティ』読後に短編集を読むとわかりやすいかと思います。 短編集から読みたい方は、「トゥーリとヌーッティ・短編集1」の「ヌーッティ危機一髪」「トゥーリとヌーッティ100%」がおすすめです。 *フィンランド語はフィンランド語を母語とする友人の校正済みです。

総エピソード数:5話

作品情報

作品名 トゥーリとヌーッティ・短編集2
作者名 御米恵子
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ コメディ ほのぼの 人外 日常 魔法 動物 フィンランド 児童書 妖精 ハッピーエンド ヨーロッパ 北欧 ドタバタ ヌーッティ
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年1月5日 20時00分
最終投稿日 2022年2月28日 20時00分
完結日 -
文字数 7,017文字
読了目安時間 14分
総エピソード数 5話
ブックマーク登録 2件
コメント 5件
スタンプ 1件
ビビッと 1件
応援ポイント 16,200pt
ノベラポイント 150pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 可愛い女の子から馬鹿にされたり罵倒されたりしたい人向けのまとめ

    もう手遅れな人、集合

    35,950

    0


    2022年9月27日更新

    本作は、あひなり。様の作品“あざと可愛い童顔男子に言ってほしい台詞をまとめてみた。”から着想を得て、創作意欲が漲った結果、執筆した“あざと可愛い女の子から言われたい台詞のまとめ。”の派生作品です。 https://novelup.plus/story/175668718 ←親会社 https://novelup.plus/story/244459921 ←子会社 本家本元が親会社で、其れの女の子Verが子会社としたら、此処は孫会社といった立ち位置でしょう。 悪口/罵倒専門の、独立した別の作品を用意した方が良いかアンケートを取った結果、賛成多数で可決されました。御投票下さった方々、有難う御座いました。 私の創作活動に多大なる貢献を賜りましたあひなり。様、この御恩は一生忘れません。呉々も重複しない様、全警戒に総力を挙げて執筆に着手致します。 尚、リクエスト等御座いましたらコメント欄にどうぞ。勿論、レビューも常に大歓迎です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 佰肆拾字のお話

    140文字以内なお話。(主に会話劇)

    1,555,564

    2,407


    2022年9月26日更新

    Twitterコンテンツ用に作ったお話です。 せっかく作ったのに、Twitterだと短期間で誰の目にも触れなくなってしまい 何か勿体ないので、ここに投稿しています。 全て 独立した個別のお話なので、何処から読んで頂いても大丈夫! ---------- *テーマ別選り抜き版 「相合傘な140文字」 https://novelup.plus/story/768825916 「正義な140文字」 https://novelup.plus/story/555847635 「もののけな140文字」 https://novelup.plus/story/272864122 「恩返しな140文字」 https://novelup.plus/story/592271231 「霊視な140文字」 https://novelup.plus/story/635367455 「雨な140文字」 https://novelup.plus/story/447751405 「運勢な140文字」 https://novelup.plus/story/655033973 「映画な140文字」 https://novelup.plus/story/397006961 「童話な140文字」 https://novelup.plus/story/645826373 「願掛けな140文字」 https://novelup.plus/story/827606500 「同じな140文字」 https://novelup.plus/story/933858150 「怪談な140文字」 https://novelup.plus/story/532197162 「お姫様抱っこな140文字」https://novelup.plus/story/559135391 ---------- 「結果的連作」の お品書き https://novelup.plus/story/770595863

    読了目安時間:2時間27分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む

  • 初めて知る世界を選び、愛そう。

    未来から別次元へ、世界すら選んで愛す答え

    11,000

    120


    2022年2月4日更新

    星錬暦3858年。 現在の地球では、統一された国は『一つ』しか存在しない。 『星錬帝国』のみしかないのが現状でもある。 また全てから、勝ち残った唯一の帝国でもあった。 現在、それを全て纏めるのは『帝王』の『龍星』18歳。 また、『総帥』である『妖華』18歳。 二人は『二卵性の双子』であり『この世界』全ての権力者でもある。 龍星は随分前から、妖華をだった。 妹でもあるが、もう親愛と異なる事。 『愛してる事』にだった… けれど、もうお互い18歳にもなるにも関わらず… 妖華は『恋』すらしない。 更に妖華の場合、『能力』が強過ぎるのも大きく出た事もあった。 他の『異性への愛情』は全く興味すら出さないまま… 妖華が唯一、出すのは双子の龍星に対する『肉親への親愛』だけ。 確かに『愛情』ではあるが『異性への愛』を知る気配すらない妖華。 そんな中で初めて妖華は出会った! 『別次元』に居た、自分より強い相手を… 初めて知った『感情』もだった。 判らない中で別次元の世界に居た者へと興味を初めて出す。 けれど龍星も気付いた。 そして妖華を一切、離す気もない。 更に龍星は、その相手が誰でも同じ『理由』すらある… それを妖華に気付かせるべきでもない。 それだけは許せない。 だが、知らない妖華も初めてだった。 その相手が言う事で知る『感情』に戸惑いながらも… 何が正しいのが、何かも全て判らず、知ろうとする。 妖華は殆どの感情が『欠落』している事でもあった。 それも気付いていない中で知り変わっていくが… 徐々にと妖華の『感情』が出始める事に、すぐ龍星も動き出した。 その妖華の出す答え… 『世界』すらも選ぶ選択を決める事になった。 それは時間や次元、世界すら変わる選択にと。 新たに、また様々な事を知っていく中でだった。 初めて知る愛も、世界も、全て知らないからこそ出す『感情』を。 妖華の『心』が知っていく事で変わる。 そんな妖華が選び出した答え。 『愛する者が居ても、笑えないなら、意味がない。』 『この世界すら愛そう。』 未来型恋愛ファンタジーを。 ※素敵なイラストはマイナー様に作成して頂いたものです。

    読了目安時間:14時間57分

    この作品を読む