恋愛/ラブコメ 長編 連載中

金髪縦ロール令嬢の攻略法 ~学園で『麗氷姫』と呼ばれる塩対応クール系美少女が実は優しくて可愛い件~

作者からの一言コメント

金髪縦ロールお嬢様は世界一ぃぃぃぃぃぃ!

 ある日、親の仕事の都合で霊峰院グループ財閥が管理・運営する偏差値が高いと評判の『私立霊峰院学園』に編入することになった御子柴 渉(みこしば わたる)。彼は同じクラスの『麗氷姫』と呼ばれる"金髪縦ロール"のクール系お嬢様、霊峰院 明日香(れいほういん あすか)から自己紹介後のとある言葉が原因で目を付けられることになる。  学園内では成績トップで優秀な美少女である明日香。そんな凛とした美貌を持つ彼女だが塩対応・高飛車・クールなお嬢様の三拍子が揃っているせいで全校生徒から敬遠されていた。しかし観察眼が優れている渉は、彼女を後ろの席から見つめていたおかげである一つの疑問を抱く。『―――関わらない方が良いという程、本当に彼女の性格は冷たいのだろうか?』と。  そうして渉は、ひょんな出来事から明日香と放課後の時間だけ一緒に過ごす関係となる。 「無い無い尽くしでどこまでも失礼な貴方ですが―――それでも変わることは出来ます。その意思はありますか?」 「……あぁ、俺は変わりたい。上位の成績を維持するだけの力を、身に付けたい!」  始めは冷たい言葉と態度で渉に接していた明日香だったが、渉と一緒の時間を過ごすうちにその態度は次第に柔らかくなっていき……。  この物語はある事情を抱える平凡な男子高校生とクール系お嬢様が、二人だけの放課後を通して歩み寄る内に互いに惹かれていくお話。 ※この作品はギャルゲーをイメージして頂けると分かり易いかと思います。つまり序盤はまだ好感度は低い状態です……。話数を重ねるにつき少しずつデレていきますのでその変化を楽しんで頂ければと思います。 ※この作品はギャルゲーをイメージして頂けると分かり易いかと思います。つまり序盤はまだ好感度は低い状態です……。話数を重ねるにつき少しずつデレていきますのでその変化を楽しんで頂ければと思います。 ※この物語のターニングポイントはおそらく第7話からです。 ※『小説家になろう』『カクヨム』様でも公開しております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 金髪縦ロール令嬢の攻略法 ~学園で『麗氷姫』と呼ばれる塩対応クール系美少女が実は優しくて可愛い件~
作者名 ぽてさら
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 男主人公 金髪縦ロールお嬢様 ハッピーエンド ツンデレ美少女 冷たい→あまあま 学園 じれじれ 高校生 ラブコメ 恋愛
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年9月24日 18時25分
最終投稿日 2020年10月1日 12時06分
文字数 39,226文字
ブックマーク登録 10件
コメント 0件
スタンプ 14件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,900pt
ノベラポイント 150pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 初挑戦のラブコメです('ω')

    ♡34,900

    〇530

    恋愛/ラブコメ・連載中・32話・75,205字 右薙 光介

    2020年10月28日更新

    平和な日本。 何の変哲もないある都市の一角。 そんな、日常のど真ん中で……かつて、異世界を恐怖のどん底に陥れた最凶の魔王が現代に復活する! ……わけもなく。 『青天目 蒼真』として現代に転生を果たした魔王は、高校デビューを狙う冴えない普通の高校生として青春の第一歩を踏み出そうとしていた。 しかして、その初日──憧れの高校生活に胸を躍らせる蒼真の前に現れたのは、かつて自分を討滅せしめた『勇者』の転生者! 偶然の邂逅は二人にいかな青春をもたらすのか!? 女性耐性のない陰キャ系元魔王と、話を聞かないヘッポコ系残念美少女勇者の織り成す、メタあり、笑いあり、シリアスありのヘンテコ青春ラブコメファンタジー、ここに開演ッ!

  • あなたの初恋の人はどんな人ですか?

    ♡3,300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・5話・8,214字 NOV

    2020年10月28日更新

    俺の名前は『五十鈴 隆』 四十九歳、独身だ。 最近、リストラにあい、家で引きこもり生活が続いていた。 ある時、家にお客さんが来たんだ。 その人は俺の小・中学校の時の大先輩の女性なんだが、何故か喪服を着ている。 今から『幼稚園の保母さん』時代の先輩の『告別式』に行くらしい。 で、行く前にその亡くなった先輩が俺の知っている先生かを確認をしに来たそうだ。 でも名前を聞いても俺は昔の事過ぎて全然分からなかった...... しかし、今の苗字じゃなく旧姓を言われて俺は驚いた!! 「つ...つねちゃん......」 亡くなったのは俺の初恋の人『常谷 香織』先生だった...... あくる日、最近、頻繁に起こる頭痛に苦しみながら眠っていた俺の身体に突然、何かが起こった!! そして目を開けた瞬間、俺は驚いた!! 「あれ? 俺ってこんなに背が低かったか? って何で俺は今、駅のプラットホームに居るんだ? そして何故目の前につねちゃんが!?」 俺は夢を見ているのか? それとも......