桜来と和音の島訪問

読了目安時間:3分

第5話 冒険者の手続き

 この島はどれぐらいの広さなのか。桜来も和音もよく知らなかったが、電車が走っていた。つまり電車で移動するぐらいの距離はあるのだろう。 「宮島よりは広そうね」 「そのようね」  和音の言葉に適当な相槌を打つ桜来。  踏切が鳴り終わって上がるのを待ち、二人揃って渡って再び道を歩いていく。  途中の地蔵の前で<各地のスタンプを押そうコース>の判子があったので押して再び道を歩いていき、目指す建物の前に辿り着いた。  車の行き交う太い道路、その向こうにしっかりとした大きな建物があった。 「あれが冒険者ギルドか」 「あそこに看板が出ているわ」  確かに和音の言った通り、建物には看板があって冒険者ギルドと書いてあった。  冒険者ギルドというだけあって、現代日本のような町並みの中にあっても、ちょっとしたファンタジーっぽさがあった。  桜来と和音は信号を待ってから道路を渡って建物に入っていく。入口が勝手に開いたのにちょっと驚いてしまった。 「勝手に開いたぞ」 「ただの自動ドアじゃない。驚き過ぎよ」 「それはそうだけど」  何か冒険者ギルドってイメージと違う。そう思ってしまうのは仕方ない。桜来は気を取り直して歩みを進めた。  中はまるで市役所のような雰囲気だった。 「すみません、ギルドに登録しに来たんですけど」 「新規登録の冒険者さんですね。まずはあちらの紙にご記入ください」  受付嬢に用件を伝えるとそう薦められたので、桜来と和音は離れたテーブルに行って記入を行うことにした。  テーブルの向かいには先に来た少女がいて、その人も冒険者の登録を行うようだった。  ちょうどいい機会なので桜来は参考にその人のやり方を見ておくことにした。手を止めて様子を伺う桜来に気付いて、和音も手を止めて眺めた。ここまで歩いてきたので少し休憩するのも悪くない気分だった。  記入を終えて、ペンをペン立てに戻す少女。紙を持って受付に向かっていく。するとその前に立ちはだかった男がいた。  どう見ても職員には見えない柄の悪い大男だった。彼はびっくりする少女を見下して暴言を吐いた。 「おいおい、今はこんなガキが冒険者になろうってのか? ガキは帰っておままごとでもしてろよ。ギャハハハ!」  助けた方がいいだろうか。動こうとする桜来の袖を和音が引っ張って止めた。その理由はすぐに分かった。少女を庇うように前に立った少年がいたのだ。  彼は普通の凡人のように見えたのに、大男を見上げて全く臆せずに言い放った。 「おいおい、見苦しいぜおっさん。体と態度は大きいのにあそこは小せえんだな」 「なんだとこのガキが! 女の前だからってかっこつけんじゃねえぞ!」  大男が拳を振り下ろす。少年はそれを全く危なげのない動きでさっと避けると、軽く足を引っ掛けただけで大男を転ばせてしまった。  男は屈辱に顔を震わせて、少年を睨んだ。 「やりやがったな、このガキが!」 「まだやるのかい? おっさん。だったら今度は肋骨の一本や二本もらってもいいよな」 「くっ」  余裕ぶる少年。大男は屈辱に唇を噛む。どちらが強いかは明白だった。考え無しの荒くれ者でも懸命な道を選ぶぐらいには。 「覚えていやがれ!」  大男はありふれた冴えない捨て台詞を残して退散し、場には落ち着いた空気が戻ってきた。 「素敵です、ナローシュ様! 暴漢は死ね」 「俺、何か凄いことをしたか? こんなの全然たいしたことないぜ!」  目をキラキラさせてヒーローを見る少女が紙の提出をしそうに無いので、桜来と和音は書き終わった紙を先に受付に提出することにした。  受付嬢がパソコンを打って応対する。 「登録を受理しました。まずはテストを行いますのでこの中から一つのミッションをお選びください。この中の一つをクリアすることで冒険者として認定いたします」  紙にはそれぞれミッションが書かれてある。とは言っても観光地のことなのでどれもアトラクションのようなものだ。  屋敷からの脱出、絶叫マシンの制覇、山の登頂。いろいろある。桜来は和音と相談して決めることにした。 「どれにする?」 「なるべく疲れなさそうでのんびり出来そうなのが良いわね」 「じゃあ、このイチゴ狩りにするか」  そうして桜来はいくつかのミッションの中から一番楽そうでのんびり出来そうな<イチゴ園でイチゴ狩りをして指定の数納品すること>を選んだのだった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 空に偽りのダークネス

    復讐から始まる冒険ファンタジー

    941,172

    38,107


    2021年6月2日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、ある日突如として襲ってきた【白の悪魔】により、家族や仲間を失った。 生き残ったのは自分と幼馴染みのサンドラだけ。 生きる理由を復讐に委ねたシオンは、王国最強と謳われる戦姫アリスの元で四年の修行を経て、冒険の旅に出る。 目指すは【白の悪魔】がいる魔界。 シオン達の行手を阻むのは、1〜10の数字をもつ凶悪な魔物達。 冒険の先で出会った新たな仲間達と共に、魔物達との決戦に挑む。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 年間 異世界3位 総合7位 応援してくださる読者様のお陰です、誠に有難う御座います!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む

  • 【カクヨムコン最終選考進出】 【複数サイトで総合一位等獲得】 追放された主人公フライがその能力を覚醒させ、成り上がりっていく物語 主人公フライ。 仲間たちがスキルを開花させ、パーティーがSランクまで昇華していく中、彼が与えられたスキルは「精霊王」という伝説上の生き物にしか対象にできない使用用途が限られた外れスキルだった。 フライはダンジョンの案内役や、料理、周囲の加護、荷物持ちなど、あらゆる雑用を喜んでこなしていた。 外れスキルの自分でも、仲間達の役に立てるからと。 しかしその奮闘ぶりは、恵まれたスキルを持つ仲間たちからは認められず、毎日のように不当な扱いを受ける日々。 そしてとうとうダンジョンの中でパーティーからの追放を宣告されてしまう。 「お前みたいなゴミの変わりはいくらでもいる」 最後のクエストのダンジョンの主は、今までと比較にならないほど強く、歯が立たない敵だった。 仲間たちは我先に逃亡、残ったのはフライ一人だけ。 そこでダンジョンの主は告げる、あなたのスキルを待っていた。と──。 そして不遇だったスキルがようやく開花し、最強の冒険者へとのし上がっていく。 一方、裏方で支えていたフライがいなくなったパーティーたちが没落していく物語。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間20分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ブレイドマギカ・オンライン

    仮想の世界で繰り広げられる御伽噺。

    11,700

    0


    2021年6月13日更新

    時はそう遠くない未来──────── 大企業"楯無グループ"が独自に開発した "仮想現実没入用ウェアラブル・デバイス" 通称"ダイヴギア"の発売と同時に同企業の 系列企業であるゲーム会社"株式会社NEXUS" と映像技術会社の"夢色ぱれっとすたじお" が共同開発した世界初のVRゲームタイトルが 発表された。 その名は"ブレイドマギカ・オンライン" 公募によって選抜された約500人の テスター達によってβテストが行われ、 その数週間後には"VRMMORPG"という 新たなジャンルで"ダイヴギア"専用の ゲームソフトウェアとして発売された。 "ブレイドマギカ・オンライン"は現実世界と 寸分違わぬリアルな世界観がウリの剣と魔法が 入り乱れるファンタジー世界が舞台の没入型 体感オンラインゲームで発売されるや否や、 世界中で一躍VRゲームブームが巻き起こった。 東京都は星見ヶ原市の星見ヶ原高校に通う 高校生 "詩島 樹"《しじま いつき》は 妹の"詩島 雪菜"《しじま せつな》 の誘いで"ブレイドマギカ・オンライン"の 世界へと飛び込み、最強の剣士を目指して 奮闘する日々を送る。 これは剣と魔法の存在するゲーム世界で 少年と少女達が織り成す"もう1人の自分"が "もう1つの世界"を駆け抜けた軌跡《あかし》を刻む御伽噺《ものがたり》───────。 ※この作品は筆者の処女作である "おいしい悪夢《ユメ》のたべかた"と 世界観を同じくする物語です!前作の 主人公、夜戸守君が卒業してから少し 経った先の世界を舞台としています! また、一応前作を読まなくても楽しめます ので初見の方もどうぞご安心を!(でも前作 を読んでおくと、もっと面白いかも・・・!?)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間9分

    この作品を読む

  • 水奈が考古学者ランキング1位になった理由(わけ)

    現代を舞台に、でも少しだけ変わった世界

    4,300

    0


    2021年6月13日更新

    日本に住む高校三年生十八歳の水奈は、考古学には無関心にも関わらず、自身が持つ特別な力も評価されたことで、難関である世界で唯一の考古学専門大学に見事合格してしまい、アメリカへと旅立つことになってしまった。両親が考古学者であったことから、必然的に、そして、流れ的に考古学者の道へと踏み出してしまった。入学まで不安と戦う毎日。 そんな折、考古学者である父親から、今のうちから経験を積むようにと、海外への一人旅を勧められる。嫌がる水奈と強引な父親の喧嘩は、互いに一歩も譲らず、その日は終わってしまう。 明くる日の朝、目を覚ました水奈が見た光景は、辺り一面のブドウ畑だった……。 「いっ、いっ、いやああああああ!」 果たして、考古学の世界は水奈を受け入れてくれるのだろうか。 これは、不思議な能力を持つ水奈が一人前の考古学者となり、そして、考古学者ランキング1位になるまでの物語である。

    読了目安時間:5時間4分

    この作品を読む