桜来と和音の島訪問

読了目安時間:5分

第2話 てるてる坊主に願いを込めて

 山の天気は変わりやすいというが、それはこの海上都市でもそうなのだろうか。  海の天気の事まではよく知らないが町を散策しているといきなり雲が出てきて雨が降ってきたので、桜来と和音は慌ててすぐ近くの建物の軒下へと避難した。  大粒の雨がさっきまで乾いていた地面を瞬く間に濡らしていく。  ついさっきまでは青かったのに今では黒い雲の広がった空を見上げて桜来は呟いた。 「いきなり降ってきたなあ」 「ゲリラ豪雨ね」  隣で和音も同じ空を見上げて呟く。二人は雨が上がるまでの束の間、話をした。 「なんかゲリラ豪雨って久しぶりに聞いたな」 「夏が来ればまた聞くようになるでしょうね」 「夏か」  今はまだゴールデンウィークが終わったばかりの時期だが、この海上都市は夏の気候に近いのだろうか。  少し暑い気はするが桜来にはよく分からなかった。何せ初めて来た島なので。 「こんな時はパンフレットでも見るか」 「そうね。ただネタを探すのでも目的を決めた方がいいかもしれない」  二人してそれぞれにパンフレットを広げて見る。この島にはクリエイターやキャラクター達がいろいろいて、楽しいアトラクションや観光地や施設がいろいろあるようだ。  それと巻末にはスタンプを集めるページが付いていた。 「お、集めると何か良い物がもらえるのかな」 「広島の宮島に行った時はおいしいお饅頭がもらえたわ」 「いいね。それ」  桜来は食欲に目を煌めかせ、さらにやる気になってページを見た。スタンプラリーには複数のコースがあった。 「三大脅威のサインを三つ全て集めよう、冒険者ギルドの依頼を指定の回数クリアしよう、島の各地にあるスタンプを集めようか……三大脅威って何?」 「知らないわよ、そんなの。あなたと一緒にこの島に来たんだから、わたしが知ってるわけないでしょ」 「それもそうか」  二人ともこの島に来たのは初めてだ。二人の知識は似たようなものだった。桜来は冷静な思考をしようとさらにパンフレットを注意深く見る。  和音も同じように考えた。静かに見つめる。 「冒険者ギルドの依頼はまずギルドに行って登録しないといけないようね。ギルドの場所は地図に載っているわ」 「島の各地のスタンプを集めようは地道に歩いて集めるしかないね。早く晴れないかな」 「通り雨みたいだからすぐに上がると思うけど」  二人してパンフレットから視線を上げて空を見上げる。黒い雲は空一面を覆っていていつ晴れるのか二人に全く推測させることをさせなかった。  それでも諦め悪く空を見上げていると、不意に横から桜来は袖を引かれた。  和音とは違う方向だ。誰だろうと振り向いてみるとそこにいたのは小学生ぐらいの幼い少女だった。  背が低いので桜来からは見下ろす形になる。幼いあどけなさのある少女は旅行に来たのが楽しいのだろう人懐こい満面の笑みを浮かべていた。 「大丈夫、雨はすぐに上がるよ。てるてる坊主を作ったから」 「てるてる坊主?」  嬉しそうに笑う幼い彼女の手には紙を切って作ったてるてる坊主があった。少女はその中の一体を差し出してきた。 「てる太郎はわたしの物だから、お姉さんにはこのてる次をあげる。一緒に雨が上がるように祈って」 「うん」  少女の純粋な願いを断るほど桜来も子供ではない。これでもマグネットマクロリンクで多くの読者達の思いを見てきているのだ。  ここは素直にてる次を受け取って、少女の願いを聞いてやった。  少女はくるりと空の方を振り返って、雨雲に向かっててるてる坊主を掲げた。 「じゃあ、こうやって祈って。雨雲なんかどこか行っちゃえー」 「雨雲なんかどこか行っちゃえー」  少女に続いて桜来は言った。和音は嘆息したように息を吐いた。 「あなたも子供好きねえ」 「ほら、そっちのお姉さんも」  「え? わたしも!?」  てるてる坊主は和音の分までは無かった。だから他人事を決め込んでいたのだが。  少女の純粋な瞳からは逃げられそうに無かった。桜来も見ている。その桜来の手からてる次を受け取って、和音はちょっと迷ってから仕方なく空に向けて言った。 「雨雲なんかどこか行っちゃえー」 「声が小さいよ。もっとちゃんと願って」 「雨雲なんかどこか行っちゃえーーー」  さっきよりちょっと声を張り上げると周囲から拍手が上がった。いつの間にか周囲の雨宿り仲間達から注目を集めていた。  和音は恥ずかしい思いを誤魔化すように咳払いしてから、持っていたてる次を桜来に返した。 「これで雨はどこかに行くのよね?」 「うん、願いは届いたようだよ」  少女に言われて空を見上げてみると、雨雲が薄くなってきて空には晴れ間が戻ってきていた。  元から通り雨だったのですぐに上がったのだろうが、それは本当に願いが叶ったかのようだった。そう思える綺麗な日差しが差し込んできていた。  少女はぴょこんと跳ねてお礼を言った。 「千夏と祈ってくれてありがとう。てる次も喜んでいるよ」 「まあ、これぐらいはね」 「お安い御用だわ」 「千夏、そろそろ行くぞ」 「はあい」  千夏の両親だろう、父親と母親が呼んでいる。雨は上がったのだからもう軒下にいる必要はない。周囲の雨宿り仲間達もそれぞれの活動に乗り出していた。  立ち去る間際、千夏は振り返って教えてくれた。 「千夏達はピクニックに行くんだけど、お姉ちゃん達はスタンプに挑戦するんだよね? 三大脅威はミザリオル、イルヴァーナ、カオスギャラクシアンって名前らしいよ」 「それって人なの?」 「そこまでは分からない。近くの人が話していた名前を聞いただけだから」 「そうなんだ。教えてくれてありがとう」 「バイバイ」  そうして少女は両親と一緒に雨の上がった道を歩いていった。本当に楽しそうな休日の家族の姿だった。  ちょっと羨ましく思いながら、桜来と和音も自分達の行動を再開することにする。 「まずはどこへ行く?」 「冒険者ギルドに行ってみましょう。何か情報があるかもしれないし、スタンプするのにもまずは登録しなくちゃ」 「おっけー、決まりだね」  そうして二人は自分達の道を歩いていった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 黒き魔人のサルバシオン

    人ならざる者は自身の存在価値を求める

    9,800

    800


    2021年6月10日更新

    万物の根源たる六属性の魔素が織りなす世界、ヴェルトモンドには人間や動物などの有機生命体とは別に、魔物と称される魔素生命体が存在する。 古き時代より人間は、自分たちを脅かす魔物を徹底的に排除することで安寧を享受していたが、魔物至上主義団体、アマルティアの台頭が原因で世界の平穏は崩れ去ってしまう。 そんな折、ひょんな理由で人間としての生活を送っていた人型の魔物、魔人と呼ばれる存在であるエルキュール。そんな彼の日常も、アマルティアとの遭遇により捻じ曲げられることに。 自身の矛盾した在り方に苦悩しながらも、エルキュールは世界を壊すアマルティアとの戦いに身を投じることを選んだ。 小説家になろう様・カクヨム様にて同時掲載しております。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間43分

    この作品を読む

  • 【カクヨムコン最終選考進出】 【複数サイトで総合一位等獲得】 追放された主人公フライがその能力を覚醒させ、成り上がりっていく物語 主人公フライ。 仲間たちがスキルを開花させ、パーティーがSランクまで昇華していく中、彼が与えられたスキルは「精霊王」という伝説上の生き物にしか対象にできない使用用途が限られた外れスキルだった。 フライはダンジョンの案内役や、料理、周囲の加護、荷物持ちなど、あらゆる雑用を喜んでこなしていた。 外れスキルの自分でも、仲間達の役に立てるからと。 しかしその奮闘ぶりは、恵まれたスキルを持つ仲間たちからは認められず、毎日のように不当な扱いを受ける日々。 そしてとうとうダンジョンの中でパーティーからの追放を宣告されてしまう。 「お前みたいなゴミの変わりはいくらでもいる」 最後のクエストのダンジョンの主は、今までと比較にならないほど強く、歯が立たない敵だった。 仲間たちは我先に逃亡、残ったのはフライ一人だけ。 そこでダンジョンの主は告げる、あなたのスキルを待っていた。と──。 そして不遇だったスキルがようやく開花し、最強の冒険者へとのし上がっていく。 一方、裏方で支えていたフライがいなくなったパーティーたちが没落していく物語。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間20分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 鏡の世界

    よく似た異なる世界で帰り道を探す少女の話

    6,600

    0


    2021年6月13日更新

    高校生活が始まる前の穏やかな時間を過ごしていた花房羽衣。ある朝、ふと洗面所の鏡に手を伸ばすと、鏡の中に入り込んでしまう。そこは同じような風景なのに見知った人のいない世界。羽衣はその世界で日常生活を送りつつ、様々な出来事に巻き込まれつつ、帰り道を探していく。 小説家になろうにも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:27時間25分

    この作品を読む

  • サード ガーデン

    今作でガーデンは終わる予定…です。

    3,150

    0


    2021年6月13日更新

    ある日、サルディニスにあるシィアの国で目覚めた記憶をなくした少年テッド。 彼には物凄い数の才能、そして強さがあった。 自身が何者なのか、何故自分には才能があるのかそれを聞く為にテッドは半神半人の女神に会う。 《ノベルアップ+と小説家になろうとカクヨムの多重投稿です》 ※本編完結部分、おまけ完結部分まで書ききっておりますのでご安心してお読みください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25時間48分

    この作品を読む