桜来と和音の島訪問

読了目安時間:6分

第10話 夜はヴァンパイア 昼は普通の眼鏡っ子

 最初の依頼を無事に達成した桜来と和音。次の依頼を探そうと再びギルドの掲示板の前までやってきた。  前の依頼はPCで検索して見つけたので、今度は壁に貼ってある依頼書から見つけようと思った。そう桜来から和音に提案した。  二人で壁に張られた依頼書を見つめていく。和音がある一枚に目を付けた。 「あれならすぐ出来そう。こんな簡単な依頼もあるのね」 「どれどれ」  そう言って和音が指した依頼書を桜来は読んだ。それにはこう書いてあった。 『眼鏡っ子を連れてきてください。依頼者、受付のお姉さん』   「……受付嬢が眼鏡っ子を探している?」  それも不思議な話だが、もう一つ不思議な事があった。 「この依頼って簡単なの?」  和音が眼鏡っ子を連れて来るのが簡単だと言ったことだ。  桜来の見たところ、ギルド内に眼鏡っ子はいなかった。眼鏡おじさんや眼鏡おばさんならいるけど。(言ったら殴られそうなので言わない分別ぐらいは桜来にもあった)  探すなら外に出ないと行けないだろう。どこにいるのか本当にいるかも分からない眼鏡っ子を。何せギルドの依頼だ。簡単には行かない気がした。  桜来の疑問に和音は自慢げに胸を張ってドヤ顔で答えた。 「簡単な理由はここにあるのよ」  そう言って、和音は服のポケットから何かを取り出して顔に掛けた。それは眼鏡だった。読みにくい文字を読む時とかに使っている和音の眼鏡だ。そして、ここに眼鏡っ子が爆誕したのだ。  眼鏡っ子となった和音は不敵に笑んだ。 「ね? 簡単でしょ?」 「簡単だね」 「じゃあ、行きましょう」  受付嬢がなぜ眼鏡っ子を探しているのか。その理由は分からないが一先ずは依頼の達成である。  桜来と和音は依頼書の紙を取るとすぐに受付嬢の元へと向かった。だが、認められなかった。受付嬢はきっぱりと断ってきた。 「駄目よ。認められません」 「何で? 眼鏡掛けてるでしょ? ほらここに。見えないの? あなたの目は節穴でござるか!」 「黙れ!」(ドン!) 「ひいっ!」  つっかかる和音に受付嬢は怒ったが、やり過ぎたと思ったのか深くため息を吐いてから言った。 「あのね、眼鏡っ子は一朝一夕に出来る物じゃないのよ。そんな付け焼刃で眼鏡っ子だなんて、おこがましい」 「一朝一夕に出来る物じゃない!? おこがましいと!?」  和音は大層ショックを受けてしまった。桜来は見ているしか無かった。受付嬢は物を知らない愚かな子供に教え諭すように言った。 「あなたはいつも普段から眼鏡を掛けているわけじゃないでしょう? そういうのはファッション眼鏡というの」 「ファッション眼鏡!」 「和音はファッション眼鏡だったのか」 「眼鏡っ子とはもっと高貴な存在。普段から眼鏡を掛けていて眼鏡が顔の一部になっている子のことよ」 「眼鏡が顔の一部」 「いえ、もう眼鏡が本体と言っても過言では無いわね」 「眼鏡が本体!」 「なんてこと。わたしはとてもその領域までは辿り着けていなかった……」  和音はヘナヘナとその場に頽れてしまった。受付嬢の言葉に責める物は無く、彼女はただ親身に優しく言った。 「だからこれで依頼の達成とは認められないの。どうする? この依頼は降りる?」  桜来の答えは決まっていた。打ちひしがれて膝をつく和音を見ては答えられる言葉は一つしか無かった。 「いいえ、やります。わたしは和音の為にも生粋の眼鏡っ子を見つけてみせる!」 「そう。なら受理しておくわね。期限は今日の日が沈むまでよ。頑張って」 「期限があるの?」 「うん、こちらの都合でね。今夜には眼鏡っ子が必要なの」 「???」  よく分からないが、それが依頼だというなら受けるしかない。桜来は元気を振り絞って和音を誘った。 「行こう、和音。日が沈むまでに!」 「うん」  和音が立ち上がる。そして、二人でギルドの外に出て行った。  人の往来する観光地。人の数は結構多いが眼鏡っ子は見当たらなかった。いつもの冷静な態度を取り戻した和音が呟く。 「これが物欲センサーというものかしら」 「物欲センサー?」 「探している時に限って見つからないということよ」  何とも身に覚えのある言葉だった。ともかくじっとしていても始まらない。 「探しに行こう」 「ええ」  桜来と和音はギルド前を離れて眼鏡っ子を探しに行くことにした。  眼鏡っ子と言えば子供だろう。子供のいそうな場所を探してみた。    図書館、いなかった。児童公園、いなかった。商店街、いなかった。ゲームセンター、いなかった。お城の前、いなかった。大きな交差点、いなかった。  桜来と和音はヘトヘトになって通りのベンチに腰掛けた。 「どうしていないの?」 「これが物欲センサー、恐るべし」 「もう止める?」 「いいえ。でも、せっかくだから観光しながら探しましょ」 「観光いいね」  あちこち回っていたら桜来も観光がしたくなってしまった。思えば自分達は観光地に来ているのだ。このまま観光せずに帰るのはもったいないと思った。 「じゃあ、目的は観光に切り替えて」 「ついでに眼鏡っ子を見つけたらギルドに連れていきましょう」 「決定」  そう決めた時だった。二人の目の前を眼鏡っ子が横切った。桜来と和音はしばらくポカンとして見送って、 「眼鏡っ子ーーー!」 「早く追うのよ!」  慌てて立ち上がって後を追いかけた。これは物欲センサーの切れた効果なのだろうか。考える暇は無かった。  幸いにも見失わずに声を掛けることが出来た。桜来は活発なのだ。和音は疲れていたけど。 「そこの眼鏡っ子。ちょっと待ってー」 「はい? わたし?」  彼女が振り返る。その顔には確かに眼鏡があった。とても馴染んでいた。  それは確かにただファッションで掛けただけといった和音とは全く違う存在感があった。  和音も気づいたようだ。打ち震えていた。 「これが眼鏡っ子……」  少女は中学二年生ぐらいのようだが、あまり物怖じした様子は見せなかった。何か陰キャそうなのに度胸があるなと桜来は思った。  少女が訊ねてくる。 「何かわたしに用ですか?」 「用ってほどのことじゃないんだけど」 「一緒にギルドについてきて欲しいの」 「ギルド。異世界の本ではよく目にする名前ですよね」 「この島にも実在するのよ」 「知ってます」 「知ってるか」 「当然っちゃ当然ね」  ギルドのことはパンフレットに書いてあるので、見ていれば分かる知識だった。  少女は探るようにこちらを見つめてくる。桜来と和音は答えを待った。彼女の足元に猫が歩いてきた。黒い猫だった。  不吉だなと思っていたら、猫が喋った。流暢な日本語で。 「ひかり様、怪しい者に声を掛けられてもついていってはいけませんよ」 「「猫が喋った!!」」 「こら、クロ。人前で喋らないで」 「ニャー」  猫は一声鳴いて引っ込んだ。少女が改めて言う。 「もうバレたから言いますけど、彼はわたしの使い魔なんです」 「使い魔!」 「そんな物までこの地を訪れているのね」 「わたしは夜森ひかりといいます。ギルドについていけばいいんですよね?」 「来てくれるの?」 「はい、わたしこれでも学校では委員長をしているんです。人にはよく頼られてるんですよ」 「ありがたい。ぜひ来て」  少女が前向きなのは助かった。桜来と和音はひかりちゃんを連れてギルドの受付嬢のところへと戻っていった。  結果はとても満足してもらえたようで、サービスで加点までしてもらった。  受付嬢は眼鏡っ子をどうするのだろうと思っていたら、何か夜のパレードの警備をして欲しいとか耳に聞こえてきた。  それが中学生の眼鏡っ子に頼むことなのだろうか。桜来は疑問に思ったが、それはもう自分達の問題とは関係が無い。  眼鏡っ子に出会えて依頼を達成することが出来たのだから。 「夜にパレードがあるなら見ていきたいわね」 「うん、夜になったら見に行こう」  そう桜来と和音は約束をしてギルドを後にした。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • この悪辣な天秤を心に宿して

    高校生百合×心理戦×ファンタジーです!

    20,800

    2,750


    2021年6月12日更新

    ■はじめに 高校を舞台に個性的な女の子たちが登場する 【百合 × 心理戦 × 現代ファンタジー小説】です。 女の子たちの仕草や会話に力を入れています! ■あらすじ 高校二年生の高野凛子はクラス男子たちの会話から、 衝撃の情報を掴んでしまう。 クラスのイケメンが一ヶ月後の夏祭りで、 親友の蘭奈ちゃんに告白するらしい――! 親友としての蘭奈ちゃんには、彼氏ができてほしい! でも恋心の相手としての蘭奈ちゃんには、 彼氏ができてほしくない! 相反する感情の狭間で葛藤する凛子。 私はどっちの気持ちに従うべきなの? そんな中、自らを魔女と名乗る 謎の女の子が凛子に声をかけてくる。 「だったら、その二つの感情どうしを 争わせてみればいいじゃない! 勝ったほうが貴女の選ぶ道ってことで!」 魔女の少女の提案に従って、友情と恋心を 完全に分離した人格とする魔法を受けた凛子。 どちらの人格が出てくるかは、 毎朝の魔女のコイントス次第。 夏祭り当日に向けて、 ある日は親友に彼氏が出来るように背中を押し、 別の日には親友に彼氏が出来ないよう妨害する、 という矛盾に満ちた、凛子の日々が始まる――! ♪♭♪♭♪♭ 毎週 火、木、土、日の19:30頃 更新予定です!

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 【カクヨムコン最終選考進出】 【複数サイトで総合一位等獲得】 追放された主人公フライがその能力を覚醒させ、成り上がりっていく物語 主人公フライ。 仲間たちがスキルを開花させ、パーティーがSランクまで昇華していく中、彼が与えられたスキルは「精霊王」という伝説上の生き物にしか対象にできない使用用途が限られた外れスキルだった。 フライはダンジョンの案内役や、料理、周囲の加護、荷物持ちなど、あらゆる雑用を喜んでこなしていた。 外れスキルの自分でも、仲間達の役に立てるからと。 しかしその奮闘ぶりは、恵まれたスキルを持つ仲間たちからは認められず、毎日のように不当な扱いを受ける日々。 そしてとうとうダンジョンの中でパーティーからの追放を宣告されてしまう。 「お前みたいなゴミの変わりはいくらでもいる」 最後のクエストのダンジョンの主は、今までと比較にならないほど強く、歯が立たない敵だった。 仲間たちは我先に逃亡、残ったのはフライ一人だけ。 そこでダンジョンの主は告げる、あなたのスキルを待っていた。と──。 そして不遇だったスキルがようやく開花し、最強の冒険者へとのし上がっていく。 一方、裏方で支えていたフライがいなくなったパーティーたちが没落していく物語。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間20分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ブレイドマギカ・オンライン

    仮想の世界で繰り広げられる御伽噺。

    11,700

    0


    2021年6月13日更新

    時はそう遠くない未来──────── 大企業"楯無グループ"が独自に開発した "仮想現実没入用ウェアラブル・デバイス" 通称"ダイヴギア"の発売と同時に同企業の 系列企業であるゲーム会社"株式会社NEXUS" と映像技術会社の"夢色ぱれっとすたじお" が共同開発した世界初のVRゲームタイトルが 発表された。 その名は"ブレイドマギカ・オンライン" 公募によって選抜された約500人の テスター達によってβテストが行われ、 その数週間後には"VRMMORPG"という 新たなジャンルで"ダイヴギア"専用の ゲームソフトウェアとして発売された。 "ブレイドマギカ・オンライン"は現実世界と 寸分違わぬリアルな世界観がウリの剣と魔法が 入り乱れるファンタジー世界が舞台の没入型 体感オンラインゲームで発売されるや否や、 世界中で一躍VRゲームブームが巻き起こった。 東京都は星見ヶ原市の星見ヶ原高校に通う 高校生 "詩島 樹"《しじま いつき》は 妹の"詩島 雪菜"《しじま せつな》 の誘いで"ブレイドマギカ・オンライン"の 世界へと飛び込み、最強の剣士を目指して 奮闘する日々を送る。 これは剣と魔法の存在するゲーム世界で 少年と少女達が織り成す"もう1人の自分"が "もう1つの世界"を駆け抜けた軌跡《あかし》を刻む御伽噺《ものがたり》───────。 ※この作品は筆者の処女作である "おいしい悪夢《ユメ》のたべかた"と 世界観を同じくする物語です!前作の 主人公、夜戸守君が卒業してから少し 経った先の世界を舞台としています! また、一応前作を読まなくても楽しめます ので初見の方もどうぞご安心を!(でも前作 を読んでおくと、もっと面白いかも・・・!?)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間9分

    この作品を読む

  • 水奈が考古学者ランキング1位になった理由(わけ)

    現代を舞台に、でも少しだけ変わった世界

    4,300

    0


    2021年6月13日更新

    日本に住む高校三年生十八歳の水奈は、考古学には無関心にも関わらず、自身が持つ特別な力も評価されたことで、難関である世界で唯一の考古学専門大学に見事合格してしまい、アメリカへと旅立つことになってしまった。両親が考古学者であったことから、必然的に、そして、流れ的に考古学者の道へと踏み出してしまった。入学まで不安と戦う毎日。 そんな折、考古学者である父親から、今のうちから経験を積むようにと、海外への一人旅を勧められる。嫌がる水奈と強引な父親の喧嘩は、互いに一歩も譲らず、その日は終わってしまう。 明くる日の朝、目を覚ました水奈が見た光景は、辺り一面のブドウ畑だった……。 「いっ、いっ、いやああああああ!」 果たして、考古学の世界は水奈を受け入れてくれるのだろうか。 これは、不思議な能力を持つ水奈が一人前の考古学者となり、そして、考古学者ランキング1位になるまでの物語である。

    読了目安時間:5時間4分

    この作品を読む