ホラー 短編 完結済

恐怖のチョコレート 三題噺短編コンテスト 書き下ろし 犬の散歩

作者からの一言コメント

本当に短編しか書けないです。

読了目安時間:1分

犬の散歩中に出会った人。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 恐怖のチョコレート 三題噺短編コンテスト 書き下ろし 犬の散歩
作者名 葛葉幸一
ジャンル ホラー
タグ 恐怖のチョコ三題噺 犬の散歩 チョコレート 不審者
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年2月14日 17時34分
最終投稿日 2021年2月14日 17時35分
完結日 2021年2月14日 17時33分
文字数 611文字
読了目安時間 1分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 静心にて、花の散るらむ: 歌姫による戦争継続のメソッド

    とてもやさしい終わりを作ろう。

    33,500

    0


    2021年6月18日更新

    二〇八八年六月十二日——「歌姫」が戦場に現れたこの日を境にして、世界は確実に変わってしまった。圧倒的な戦闘力を有する「歌姫」たちは、たったの二人で戦争を変えてしまった。当時私は八歳だったけど、その時に聞こえた「歌」に得体の知れない恐怖を感じたのを覚えている。 「歌姫」のことはその前から知っていた。あの人たちは私たちにとって絶対的なアイドルだったから。だから、まさかその二人が、あんな巨大な——「戦艦」に乗っていると知った時には、本当に言葉を失った。 時は過ぎ、私が十五の時、軍の人たちが私の住んでいた施設にやってきた。そして士官学校の「歌姫養成科」を案内された。その時にはすでに、私の「歌姫」としての能力は発現していたらしい。軍の人たちは何らかの方法でそれを知って、だからわざわざ訪ねてきたのだ。同期のみんなもそうだって――。 そして同時に、その頃には、この忌々しい「歌姫計画」が――戦争継続のメソッドが、動き始めていたのだろうと思う。歌姫計画――セイレネス・シーケンス。多くの人を狂わせる歌。当事者である私たちですら、その流れには抗えなかったんだ……。 ----- 作者注:途中で使われているイラストは全て作者(=一式鍵)が描いたものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間23分

    この作品を読む

  • 憂鬱チルアウト

    くたびれた社会性のクールダウン逃避行

    9,100

    0


    2021年6月18日更新

    詩というものに初挑戦してみました。誰かの心に何か残せたら嬉しいです。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ヴァンパイア オブ デッド Vampire of dead

    多数サイトに投稿しております。宜しくです

    5,800

    325


    2021年6月18日更新

    ある日、世界各国の大都市にてZゾンビが発生し、北米でも東海岸中心に被害が拡大しつつあった。 発生から1週間経った頃、アメリカ東海岸の北端の州、メイン州ポートランドにて、湧き出るゾンビに悪戦苦闘しながら生存方法を模索するエリア最大の避難所があった。その近隣の一つの小さな避難所から数十名の女子供が拉致される事件が発生、そして拉致犯の吸血鬼達はポートランド避難所を襲う。 奪われた家族を取り戻そうとする3人の若い男女がゾンビと盗賊と吸血鬼が跋扈する世界を旅をしながら様々な事件、人、敵と遭遇する……………… ためになる?ガチで実在する情報とニヤリとするネタを多数散りばめてあり、作者に聞くと「あれは……」と返してくるか天然ボケかますかのどちらかです。それもこの作品のネタの1つであります。 設定と会話のノリと豆知識、ストーリー展開を楽しんでいただければ幸いで御座います。 ☆小説家になろうさん、カクヨムさん、ツギクルさん、アルファポリスさん、pixivさんにも掲載中です☆

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間39分

    この作品を読む

  • 緒方隆の廻愁奇譚4

    緒方隆は帰って来た。一人の少女を救う為に

    400

    0


    2021年6月18日更新

    死んで人生を全うした緒方隆は、天界にて修行をしていた。 そこに現れたのは、かつての親友。そして、その後の話を聞く事が出来た。 その中に、自分自身も体験した地獄、無間地獄に堕ちた者が居ると言う。 ならば緒方は立ち上がる。 救えるのなら、助けられるのなら、何度だって立ち上がる。 そして緒方は再び歩き出す。 無間地獄に捕らわれた、かつて自分に好意を寄せてくれた者の為に、自分から堕ちる事を躊躇う事は無かった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間44分

    この作品を読む