完結済 長編

Blood〜ブラッド〜 このまま地獄に落ちようか。

作者からの一言コメント

「後悔しないで下さい……ね?」

『Blue blood』正統なる血を継ぐ者。それは、善と悪を操る力を持つ者である。たった一人の肉親である姉を殺された椎名蓮は、失意と絶望の中、Blue bloodであった姉の声に導かれるように、琴平流という一人の男と出会う。 流もBlue bloodだという。彼は、蓮に二つの顔を見せる。それは、蓮に救いの手を差し伸べる『神』か、それとも復讐へと導く『悪魔』か。 流は言う。『僕は、善も悪も叶えます。あなたは、何をお望みですか?』奪われた『願い』を取り戻す為、蓮は流と共に姉を殺した男へと闘いを挑むが、闘いの苦悩の中で知っていく父と母の死の真相。蓮は、父の遺骨に残った、血が染み込んだような跡がずっと気になっていた。 善と悪、生と死の境界。その血の意味を知っていくうちに、流に何故か父の面影を見るようになる。 与えられた自分の名の意味と父の思い。 蓮は、その思いを抱え、意を決する。 『僕の願いが叶うなら、このまま地獄に落ちようか』

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 Blood〜ブラッド〜 このまま地獄に落ちようか。
作者名 英 藤花(あや とうか)
ジャンル ホラー
タグ シリアス ダーク 現代日本 復讐 バトル 悲運 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年7月28日 22時39分
最終投稿日 2020年3月5日 17時17分
文字数 122,909文字
ブックマーク登録 21件
コメント/スタンプ 357件
応援ポイント 170,960pt
ノベラポイント 1,660pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る