エッセイ/評論/コラム 短編集 連載中

トホホの雑記 パーキンソン病の事 執筆活動の事 連ドラの事 音楽の事

作者からの一言コメント

毎日18:00投稿します。

読了目安時間:2時間33分

2021年9月に還暦を迎えるトホホです。持病3重奏で、ままならない日々ですが、楽しく生きていきたいです。 パーキンソン病の闘病情報を継続したものは、ネット上で見つからなかったので、ガチな闘病記ではありませんが、参考にしてもらえたら幸いです。 また、病気の話ばかりでは、気が滅入るので、執筆活動の事 連ドラの事 音楽の事を適宜挿入します。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 トホホの雑記 パーキンソン病の事 執筆活動の事 連ドラの事 音楽の事
作者名 ホシシンイチの弟子になりたかったトホホ男
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ パーキンソン病
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年5月5日 18時00分
最終投稿日 2021年9月21日 18時00分
完結日 -
文字数 76,526文字
読了目安時間 2時間33分
ブックマーク登録 18件
コメント 464件
スタンプ 506件
ビビッと 31件
応援ポイント 380,400pt
ノベラポイント 58pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 贄の王座と侍るもの

    尽くす。世界と戦うとしても。

    230,000

    7,350


    2021年8月27日更新

    【贄の王の呪い】。太陽は陰り、大地は腐り、人々は病魔に侵される。火は絶え、水は淀み、風は病み、土は膿み、雷は欠ける。 呪いを祓う術はただ一つ。贄を捧げることのみ。 とある人の都にて、一人の姫が贄となり、一人の少女が命を絶った。 人の踏み入らぬ魔の大地にて、死んだ筈の少女が目を覚ます。そのとき少女の目の前にいたのは、大地を呪う悪魔【贄の王】だった。 世界の敵たる悪魔に対し、少女が忠誠を誓うとき。孤独な二人が誓いによって結ばれるとき。 遥かなる太古より続く世界の仕組み、その壮大で下らない悲劇が揺るがされる。 ※「小説家になろう」様で投稿している物のリメイク作品です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間17分

    この作品を読む

  • 終焉の幼女エルルと死なずのライザ

    命の限り、死なずの終焉を。

    2,154,497

    47,663


    2021年9月6日更新

    魔法が失われ、前文明の遺産から『機械』を模倣し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』——『ライザ・テオドール』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしているロリコンであり、幼女となったエルルに一目惚れしてしまう。 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす『機械』と『魔法』のファンタジー! そして至る、世界の真実。 終焉の運命と向き合い、エルルが手にするモノとは——? 【お知らせ】 ・異世界ファンタジージャンル、年間2位! ・2020年HJ小説大賞後期二次選考通過! ・★マークが付いた話には美麗な挿絵があります! ・全てのイラストは、最後にもまとめて掲載しています!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間41分

    この作品を読む