ホラー 短編 完結済

日陰を探して

作者からの一言コメント

平和を託されたら、あなたはどうしますか?

読了目安時間:7分

総エピソード数:1話

「平和のためのお話をしていただけませんか」 墓参りの為に故郷へ帰ってきた私は、小学校の校長を名乗る男性にそう頼まれた。案内された墓石のように灰色の教室では、サングラスをかけた生徒達が待っていた。光が怖い子達なのだと言う。気味が悪くなった私が辞退を申し出ると、校長の体が炎に包まれて崩れ去った……。

総エピソード数:1話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 日陰を探して
作者名 泊脊令
ジャンル ホラー
タグ 夏の夜の怪談コン お盆 墓参り 帰郷 終戦 鎮魂 学校
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2022年8月10日 15時01分
最終投稿日 2022年8月13日 19時59分
完結日 2022年8月10日 14時56分
文字数 3,251文字
読了目安時間 7分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 3件
コメント 3件
スタンプ 5件
ビビッと 3件
応援ポイント 4,700pt
ノベラポイント 46pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 益母の呪神

    死臭香しい最高気温三十五度、十二歳の夏

    22,300

    0


    2022年10月1日更新

    十年前、一つの村が二人の少年によって破滅した、ある夏のこと。 少年は妹の死体を捨てるため、山奥を彷徨い歩いていた。 暑さと飢餓に脳を焼かれた少年は、見知らぬ屋敷に辿り着く。 窓から見えたのは、脳を撒き散らす女の死体。 その死体を見つめて、アイスクリームを頬張るのは、美しい少女だった。 腐肉で詰まったマンホール、傷口に集る蛆、細断される父の半身―――― ――――全てを捧げた少年は、自分だけの神を得られるか? ■狂信の怪異譚シリーズ ⓪益母の呪神:本作 ↓約8年後 ①冷凍された真夢:https://novelup.plus/story/320121132 ↓2年と数か月後 ②夢蟲の母:https://novelup.plus/story/649994066 ※イラスト:自作

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間3分

    この作品を読む

  • こっくりさん! 悩み解決してください!

    見てくれたら嬉しいです。

    2,900

    0


    2022年10月1日更新

    東京の浅草で、喫茶店があった。 そこの喫茶店は古いところに見えて、廃業しているかのように見えた。 誰にも見られていないようなので、おそらく廃業をしているだろうと見えたが、立てかけられた札には『オープン』と書かれてあった。 ここは廃業していないのだ。 迷える人々は、その喫茶店へ足を運ぶ。 そこの喫茶店には三人の業務員がいた。 「ようこそ、狐狗狸の喫茶店へ」 ※転載や誹謗中傷、自作発言はおやめください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る