168cmの日本人サッカー選手が駆け上がるバロンドールへの道

Final その1 National anthem

「よくここまで来た。ひとまずノルマ達成だ。実は、昨日はあまり眠れなかった。プレーするのは実際は君たちなのにな」  山口荒生監督は、決勝前のチームトークに普段はあまり開かない口を潤滑油で湿らしたかのように広げる。 「エース(真吾)を失い、動揺もしているだろう。だが、ここまで来たからには……」 「勝ちたいです!」  続けたのは大吾だった。 「ここまで来たからには絶対に勝ちたい!」 「大吾、おまえが目指すバロンドールにはオリンピックのタイトルは何の影響ももたらさないぞ。気負い込みすぎじゃないか!?」  松葉杖を横に置き、体を椅子に投げ出している真吾が問う。 「俺は人生の半分をこの試合に賭けてるんだ!」 「人生の半分……??」 「これだよ、これ」  利根が小指を突き出して右手を真吾に向って掲げる。 「人生の半分、つまりはパートナーをこの試合で手に入れるってさ!」 「サッカーで金メダルと同時に女も手に入れるってか……」  呆れた失笑を真吾は隠さない。 「負けて振られちまえって、少しは思わんでもないが……ね」 「みんな、金メダルを取ることによって、これから先の人生が変わってくるだろう。そして向島弟は人生のパートナーすら変わってくる。少しは尻に火を付けて、今日の試合やってやろう!」 『おお!!!』  と、選手とスタッフ全員は気合を入れなおす。 「でも、相手はあのルカ・ボバンなんだよな……」  勇也が弱気に切り出す。 「真吾さんも居ない今、勝てる……かな」 「タコ!俺は途中出場でも出るぞ!?」 「兄貴!?」 「痛み止めを飲んででも、打ってでも出てやる。それまでスコアを整えておけ!」  ピッチへと続く選手入場  そこで歌うのは君が代。  準決勝では口ずさまなかったので、はっきりと声を出すのは高校の卒業式以来である。 君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔の蒸すまで  歌う場が違うだけでどうしてこうも、胸が熱くなるのであろう。  これから戦う前にはふさわしくないという人もいる。  だが、なんと心を打つのであろう。  静かな調べは、確かに日本イレブンに闘志を植え付けた。  スタンドに大吾はひとりの赤い眼鏡をかけた女性を発見する。  大吾は右拳を彼女に向って突き上げる。  彼女はそれをみて頷く。  両チームの選手が並列にならび、横へ移動しながら握手を始める。 「準備はできたかい?」  クロアチアの列から唐突な日本語が溢れ出る。 「何の準備だい?」  大吾が返す。 「逃げ帰って土下座をする準備だよ」 「その準備はいらないね」  二人の手が互いを握り合う。 「負けるつもりはないからさ!」  視線がぶつかり、火花が飛び散る。そして両者は手を放す。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • スリーシスターズ激戦中!

    ♡145,251

    〇1,990

    現代/その他ファンタジー・連載中・45話・111,963字 真坂

    2020年9月29日更新

    ウレタンは賢い。ウレタンは姑息で卑怯。ウレタンは最強。 ある日、いじめられっ子から魔法少女になった中学3年の来咲汁子は瞬く間にその特異能力で界隈の戦闘格差をスキップし最強と名高い魔法少女として、あらゆる不正や犯罪を可能としていた。不正で成った声優の芸名、ウレタンから通り名をウレタンとし、とあるきっかけから界隈にその名が知れ渡ることになる。 絶対に捕まらない魔法少女犯罪者ウレタンとして。 犯罪に呪われた犯罪史に残る犯罪系魔法少女。これはその序章である。 世界に迫りくるノヴァの襲来と呼ばれる大災厄に彼女はどう立ち向かうのか。 或いは立ち向かわないのか。逃げるのか。 犯罪系魔法少女ウレタン。 始まります。 文章 真坂 表紙絵 モノクロ狐様 日間総合5位二回程浮上。 ありがとうございます。 イラストいただきました!ありがとうございます!!

  • シスコンが主役のファンタジーです!

    ♡11,000

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・7話・16,272字 桜川凛

    2020年9月29日更新

    わたし、ユーリは考える。 妹というのは可憐。 妹というのはいたいけ。 妹というのは純真。 なぜ妹をそんなにも可愛がるのかと言われれば、そこに妹がいるからと答える。 なぜ妹をそんなに溺愛しているのかと言われれば、姉は妹を可愛がるものだからだ、と答える。 そんな私は「ユリーノ・シスコーン」の生まれ変わりでした。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 私も壺が欲しい。

    ♡1,600

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・1,436字 咲蘭

    2020年9月29日更新

    私は黄昏が嫌い。 だって、辛い夜を連れてくるんだもの──。 大人になるとなかなか大声で泣くのは難しい。 今日も完全防音の箱の中で、私は泣き叫ぶ。 危うい日常は「王さまの耳はロバの耳」と叫ばないことで成り立っている──。 ※プラナリア企画、ファルさまの素材「泣いた理由」イラスト使用。 ※エプリスタにも掲載。ミニコン「隠し事」参加作品。

    タグ:

    プラナリア

  • 好奇心を携えて、本音探しのまわり道。

    ♡17,200

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・11話・15,094字 sandalwood1124

    2020年9月29日更新

    僕は小学生だけど、これでも立派な受験生。 放課後、塾のない日は図書館に通って自習するほどには真面目な子ども……だった。真面目なのはいまも変わらない。でも、去年の秋に謎の男と出会って以降、僕は図書館通いをやめてしまった。 いよいよ試験も間近。準備万端、受かる気満々。四月からの新しい生活を想像して、膨らむ期待。 だけど、これでいいのかな……? 悩める小学生の日常を描いた短編小説。