168cmの日本人サッカー選手が駆け上がるバロンドールへの道

間章 Brothers:ORIGIN その4

真吾のデビュー戦   『ほれっ、アレが』 『へえ、向島博の長男か……』 『二世代Jリーガーを見ることになるなんて、歳を感じるよなあ』 『16歳で183㎝だってよ』  岡山のコア・サポーターたちが喧噪の中、騒ぎ立てる  背番号37の183㎝の16歳は年齢を良い意味で感じさせずに堂々としている。  まるでそこが1年以上も前から自分に用意されていたかのように…… ――当たり前だッ!  背番号37は呟く。 「16()かかっちまったからなあ……」 「向島(・・)、ファーストタッチがゴールになるなんて甘い考えを持つな!」  キャプテンの利根亮平が真吾にそう声をかける。  真吾は静かにうなずく。  だが秘めたる闘志は利根に燃え移り、彼のアフロヘアのチリチリ具合が余計に増しているかのようであった。  アウェイの福岡のキックオフで試合開始。  真吾は笛の音と共に相手ペナルティエリアへと駆け上がる。 「いくらデカイとは言え、プロ初試合のルーキーにゴールなんか許すかよ!」   J2でしのぎを削って来た百戦錬磨のディフェンダーが、真吾を容赦なく削る。  真吾もやられっぱなしではない。肘で小突いてやり返す。  岡山ボールになりカウンターのボールが入るまで、その醜い小競り合いは続く。 「八谷(やたがい)さん!」  利根が左ウイングの八谷へロングフィードを送る。  八谷はそれを受け、メイア・ルア(裏街道)で一気に自慢のスピードを加速させる。  八谷もまだ若く、スピードの衰えを感じることはない。  センタリング・ゾーンまで駆け上がり、左足で真吾へとクロスを上げる。 「いっけね!」  八谷のクロスは著しく精度を欠き、中央で待っている真吾とはあさっての方向へとボールは向かう。  しかし真吾は無理やりな体勢から、それをゴールに背を向けて身体を強制的に捻らせてバイシクル・シュートを左足で放つ。  観客は一瞬、何が起きたのかわからず静まり返る。 ――この試合でプロ・デビューのルーキーがファーストタッチでバイシクル・シュートを決めた!!  起き上がった真吾は左手の人差し指を上空に掲げ、ゆっくりとハーフウェーラインへと戻っていく。 『うぉお、すげえルーキーが出て来たぁ!』『親父そっくりだぜ!』『俺がナンバーワンってことか!』  観客は怒号を取り戻し、一斉に騒ぎ出す。 ――俺を見ろ!俺を見つけろ!!俺を発見しろ!!!家族でなくても良い、誰でも良いから俺という存在に気付いてくれ!!!  真吾の表情にチームメートは鬼気迫るオーラを感じ取り、誰も近寄らない。  5分後  フィールドには、今度は左手でVサインを掲げる真吾が居た。  ルーキーはデビュー戦で2ゴールを決めたのだ。 『マジかよッ!』『あのルーキーが居たらJ1戻れるぞ!』『チャンピオンズリーグも行けるんじゃね!?』  37番は試合開始5分でサポーターの心を鷲掴みにしてしまった。  後半アディショナルタイム  ついにルーキーは掲げる腕が片手では足りなくなっていた。  左手のひらを全開にし、そこへ右手の人差し指を足し、空中へと浮かべる。  真吾はデビュー戦でダブル・ハットトリックを成し遂げた。  真吾はスタンドに見つけた小さい影に向かって、指を広げた両手をこれ見よがしに差し出す。 ――向島家のDNAを受け継ぎ、引き継ぐのは俺だ! ☆☆☆☆☆ 「どうだ、岡山の試合にみんなで観に行ってみないか?」  父が真吾のデビュー戦の朝、家族全員に言った。  その言葉に、向島家の食卓は一瞬凍り付いたかのように刻が止まり、全員が次男の顔色を眼だけで追って窺う。  さすがに息子のデビュー戦を見逃すほど両親も祖父母も無関心ではいられない。 「大ちゃんさえ良ければ……良いですよね、お義父さん、お義母さん?」  母の言葉に祖父母はうなずく。  あとは大吾の返事待ち。 「僕はいい……みんなで行ってきて」  大吾はそう言い残し、自分の部屋に戻るため階段に足をかけた。 「やっぱりもうサッカーと関わりたくないのかしら……」 「私の息子に生まれたこと、そして16歳でJ2ながらデビューを果たす兄を持ってしまった。それが大にとって苦痛、針のむしろだったのかもしれないな……」 「あなた……」 「だが真吾を応援してやらないといけない。チケットは事前に買っておいた。テーブルの上に置いておこう。まだ、その気(・・・)があるなら、電車賃くらい自分で出すだろう」  夫婦は息子たちの関係を良好にしておいてやりたい。  いずれふたりとも羽ばたいていくであろう。 「必ず大吾はまたサッカーを取り戻すさ。きっかけさえ何かあれば良いんだ」  父はふたりの兄弟がいつしか子供時代を振り返ったときに、良い思い出にしておいてやりたいのだ。 「私の息子に生まれてしまったためか、サッカーを愛するということが生きていく上で必要な感情なんだ……あの子は現代の子供に珍しいくらいに真っすぐで優しい子だ。今は身長という壁に当たっただけだ。これから先、もっと大きな壁にぶち当たるだろう。その真っすぐさゆえにときに光を見失い彷徨ってしまう。だがあの子には真吾という光が先を照らしてくれている。大吾が道に迷ったときは真吾が先を照らす。真吾が山を越えられないときは後ろから大吾が押し上げる。あのふたりにとってサッカーとは生きる上で協力して探す道標(みちしるべ)なんだ」  大吾はその言葉を2階に上がる階段の途中でそれを聴き、息を殺して呑んだ。  残りの階段を登るとき、大吾の眼には涙が浮かび、そして心が燻り始めた。  大吾は自室でプレイステーションに興じる。やっているのはサッカーゲーム。 「ははっ、こんなプレイ、実際に出来るわけないのに!!」  ゲームの中でしか出来ないプレー。それは実際にサッカーをやったことのあるものにしかわからないものだ。 『大吾が道に迷ったときは真吾が先を照らす。真吾が山を越えられないときは後ろから大吾が押し上げる。あのふたりにとってサッカーとは生きる上で協力して探す道標(みちしるべ)なんだ』 ――どうすればいい、僕はもうサッカーで上は目指せない。兄が僕を導くというのはわかる。でも、僕が兄を押し上げる存在になどなれるわけがない。この短躯で……今更なにが出来るっていうんだ……  空虚感が大吾を包みこむ。実際のサッカーをせずに、ゲームでその虚しさを晴らそうという自分の魂胆が見え透いていて、涙がにじんでくる。  家のチャイムが鳴る。 ――だれだろう、出たくないな…… 「大吾!居ることはわかっているんだぞ!出て来い!」  勇也がそう叫び、ドアを叩きまくる。  大吾が涙を拭い、不承不承に玄関を開けると、 「おまえなにやってるんだ!今日、真吾さんのデビュー戦だぞ!家に居る場合かよ!」  勇也の檄が飛ぶ。 「……僕はもうサッカーとは……」 「いいから行くんだ!これを見逃したらたぶん、おまえは一生後悔する。おまえに足りないのはあと一歩踏み出す勇気だけなんだから!」 「……でも」 「大吾、俺は転校するんだ」 「えっ」 「おまえといっしょにプレーできる時間はもう少ない。おまえだけが後悔するだけならまだしも、俺もその後悔に巻き込むのか!」 「勇也……」 「おまえはたぶん自分が気付いてないだけで、プロサッカー選手になれる素質があるんだよ!とりあえず真吾さんのデビュー戦を観に行くぞ!」  勇也は大吾の手を引っ張って駅へと奔り出す。  テーブルの上にはチケットは置かれたままだった。  圧巻の試合  真吾の指が掲げられる。  1本、2本、3本、4本、5本  そして片手では数えられなくなり、真吾は両手で6を示す。  それもスタンドで観戦している大吾に向けて、だ。  デビュー戦でダブル・ハットトリック  大吾は乾いた笑いを漏らす。 ――まるでゲームの中じゃないか。こんなふうになれたら良かった…… 「大吾、どうだ感想は。兄貴が活躍して嬉しいだろう?」  勇也が問う。 「やっぱり見に来なければよかった……」 「えっ!?」 「僕は、こんなふうになりたかったんだ……だれからも好かれ、憧れられ、羨望のまなざしを送られる存在に……高さと、パワーと、スピードを兼備した『向島博2世』に……でも、もうなれやしないんだ!」  大吾の悲しみは絶望と化す。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡358,300

    〇2,434

    SF・連載中・67話・376,257字 新星

    2020年9月27日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • ある女子高生の不思議な体験

    ♡100

    〇0

    歴史/時代・連載中・3話・6,047字 八島唯

    2019年8月17日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸菜穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果......

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 私も壺が欲しい。

    ♡1,600

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・1,436字 咲蘭

    2020年9月29日更新

    私は黄昏が嫌い。 だって、辛い夜を連れてくるんだもの──。 大人になるとなかなか大声で泣くのは難しい。 今日も完全防音の箱の中で、私は泣き叫ぶ。 危うい日常は「王さまの耳はロバの耳」と叫ばないことで成り立っている──。 ※プラナリア企画、ファルさまの素材「泣いた理由」イラスト使用。 ※エプリスタにも掲載。ミニコン「隠し事」参加作品。

    タグ:

    プラナリア

  • 好奇心を携えて、本音探しのまわり道。

    ♡17,200

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・11話・15,094字 sandalwood1124

    2020年9月29日更新

    僕は小学生だけど、これでも立派な受験生。 放課後、塾のない日は図書館に通って自習するほどには真面目な子ども……だった。真面目なのはいまも変わらない。でも、去年の秋に謎の男と出会って以降、僕は図書館通いをやめてしまった。 いよいよ試験も間近。準備万端、受かる気満々。四月からの新しい生活を想像して、膨らむ期待。 だけど、これでいいのかな……? 悩める小学生の日常を描いた短編小説。