完結済 長編

賢者ポラトゥーチ博士

作者からの一言コメント

男の心を救えるのは湖面のごとき心の男のみ

 五年かけて戦地から生還した傷心の男は、古寺の火事から逃げ出したモモンガを保護する。それは三百年の劫を経た人語を解する仙鼠ポラトゥーチ博士であった。博士との交流の中で、男は古傷を癒し新たな一歩を歩み始める。  ※カクヨム、小説家になろうへ投稿ずみの作品です。こちらが終わり次第、続編にあたる新作の連載を開始します。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 賢者ポラトゥーチ博士
作者名 泊脊令
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ モモンガ もふもふ 戦争 トラウマ 孤独 治癒 信仰 妖精
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月11日 22時18分
最終投稿日 2019年11月21日 20時37分
文字数 6,597文字
ブックマーク登録 4件
コメント/スタンプ 1件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 熱血全力、ラブ・スペースオペラです!

    ♡349,250

    〇50,740

    SF・連載中・367話 呑竜

    2020年7月6日更新

    多元世界を駆け巡る冒険者になりたかった。 ついでに可愛い女の子と仲良くなれたら最高だなと思ってた。 その夢はどちらも叶った。 ひょんなことから少年は、多元世界すべてを揺るがすような大事変に巻き込まれる。 相棒は妻であるのじゃ系ロリ巫女と、奴隷であるツンデレ眼鏡っ娘と剣道女子。 他にもネコ耳少女やら金髪ボクっ娘やら褐色ネイティブ娘やらレズっ娘メイドやら無口系銀髪っ娘やら、とにかくたくさんの女の子が彼の周りには集ってきて……あ、あれ? ちょっと多すぎない? 「ええーい、こうなりゃヤケだ! 魔女っ娘でも姫騎士でも悪の組織の女幹部でもなんでもいいぞ! ニッチな層もオールカヴァーだ! とにかくどんどん来い! 全員俺が面倒見てやる!」 来る者拒まずのハーレムキングが会社経営やら世界滅亡の危機やらに挑む、全力全開ラブ・スペースオペラ、開幕です! ※この作品には以下のような成分が含まれています。 ・熱血暴走系主人公(極度の女たらし)。 ・濃すぎる武術描写(序盤は薄め。徐々にむせ返るほど濃くなっていきます)。 ・超献身的なヒロインズによる、主人公への全力全開大告白(円満ハーレムを目指します)。 ・フォースみたいな技も使えるようになります。 ・ちょいちょいシリアス成分もありますが、最後はウルトラハッピーエンドです。

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡208,700

    〇1,665

    SF・連載中・55話 新星

    2020年7月5日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 社畜主人公君の運命やいかに!!

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話 鳥皿鳥助

    2020年7月7日更新

    若干社畜の匂いが感じられる主人公。 彼は数年ほど休みもなく毎日働いていた。 とある日の帰り、電車の中でふと眠ってしまい…………

  • ローヴェルト・ヴァルザーに影響されて。

    ♡2,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・7話 八咫鑑

    2020年7月7日更新

    ――私が、木々が、生き物が、いったい何をしたというのか。 「彼女」は赤毛の綺麗な魔女だ。 豊かな渓谷でひそやかに暮らしている。 ただそれだけなのに……。 一体彼女は何者なのか。 何故赤い月が存在するのか。 あの歴史的な疫病はどうして流行ったのか。 もしかすると、裏でこんなことが起こっていたのかもしれません。 また、ドイツの詩人ローヴェルト・ヴァルザーに影響を受けた作品でもあり、文章による森林浴を目指しています。