エッセイ/評論/コラム 短編集 連載中

創作のネタに使える? 歴史小話

作者からの一言コメント

マイナーめの歴史秘話!

創作のネタになりそうな歴史の小話を綴っていきます。 もともと拙作『創作徒然草』用に考えていたネタだったのですが、結構な量になりそうなので独立させました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 創作のネタに使える? 歴史小話
作者名 junhon
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ ノベプラオンリー 歴史 創作ネタ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月8日 21時33分
最終投稿日 2020年12月9日 22時20分
完結日 -
文字数 5,230文字
ブックマーク登録 15件
コメント 18件
スタンプ 27件
ビビッと 0件
応援ポイント 10,600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 今度は夜食じゃないよ

    ♡14,300

    〇15

    エッセイ/評論/コラム・連載中・6話・19,961字 穴の開いたまるい食べ物

    2021年1月26日更新

    俺、中谷はとにかく食べることが好き。 ご時世でリモートワークになってしまい、一人暮らしのアパートで鬱々と仕事をする日々。 ある時、ふと思いついた。 「お家でいるなら、昼飯も夜も好きなものを作って食べればいいじゃない?」 近所のスーパーで売っているような、どこにでもある材料で、誰にでもできる「うまい料理」を作る。 オンラインゲームの仲間に、作った料理を晒す日々。 仲間は彼をこう呼ぶ。「飯テロのミディアム(中)バレー(谷)」と……。 ***空腹時の閲覧はご注意ください*** シリーズ物 ①夜食 https://novelup.plus/story/240711353 エッセイ部門 日間1位 週間9位 ありがとうございます。

  • 入校段階からドタバタだった(ここは必見)

    ♡12,520

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・6話・14,596字 ぽんたしろお

    2021年1月26日更新

    人生五十年経過した時。頑なに拒否していた自動車免許を、世間の流れに逆らってとろうと思ったのには、それなりの理由は当然ある。 夫が地方に転勤になったのがきっかけだった。 バスはそれでも、1時間に2本は走っている都市だった。自分一人で行動するなら、五十年免許なしでやってきたゆえ、自動車運転が必要と感じる強い動機付けにはならなかった。 免許をとる決意を固めたのは、夫だけに長距離を運転させていいのかよ? と思ったからだ。 それまで、車の運転は全て夫に任せていた。 しかし、互いに年をとり、夫一人に運転を任せていいのだろうか?と思うようになったことが、大きい。 若かった時には深く考えなかったが、年をとるにつれ思ったのだ。運転の負担を一人が背負うより、運転をシェアするべきでなかろうか? 結婚する前から、免許を取ることを進められていたのに、頑なに免許取得を拒否していた。それが一転、自動車免許をとろう! と思った時には、高齢者の運転に疑問がでてきたタイミングだった。世間の逆風を思いっきり受けながら、免許をとろうと決意したあまのじゃく。 そんなあまのじゃくが、自動車学校の門を叩いた。 自動車学校の教習内容は時代や地域によって変化している。ウン十年前、自動車学校に通った夫が驚くほど、教習内容は変化している。 ゆえに、この体験談を読むタイミングによっては、体験談と内容が変わっているかもしれない。 その点は、ご了承のうえ読んでいただければ幸いです。ほんじゃ、自動車学校にいってみよう!