連載中 長編

戯言遣いは君という名の奇跡を嫌う

作者からの一言コメント

――戯言葉。それは己と他者を操る描写の力

 約束したんだ。俺が絶対お前を殺すって。  殺してやる。私を裏切ったお前を絶対に。 【あらすじ】  2023年の夏。かつて世界中で大混乱を巻き起こした『世界地震』の余韻を残しながらも、人々は平和に暮らしていた。  だが、新たに開発された東京都24区の中で、とある青年と男性は希望を求めて巨大な陰謀に挑む。  この物語の主人公は二人。駆け出しの小説家である青年と、院長であり精神科医である男性。  似ていないようで似ている二人は、ある日互いに誓い合う。青年はたった一人の妹を、男性はたった一人の妻を、  探し出して、殺すのだと。  青年と男性が追う女性の、ありえない共通点。そして、追われていた“奏”と名乗る少女の存在。【言葉機関 -コトノハキカン-】という存在と、もう一つの組織の影。  青年と男性、そして少女は、全ての真実を掴むために歩き出す。 【追記】  次の更新は10/5です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
戯言遣いは君という名の奇跡を嫌う
作者名
黒駒 愛染
セルフレイティング
残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日
2019年8月14日 19時48分
最終投稿日
2019年10月1日 23時19分
文字数
87,230文字
ブックマーク登録
21件
コメント/スタンプ
34件
応援ポイント
28,700pt
ノベラポイント
105pt
応援レビュー
0件