現代/その他ファンタジー 長編 連載中

ゼロからはじめる島津大河誘致

作者からの一言コメント

宮崎鹿児島を主な舞台に戦国と今を描きます

南九州の架空の自治体、宮之城市(みやのしろ)で島津義弘公を大河ドラマに誘致したいと願う一人の青年(ハンドルネーム 祭り之介)と東京の引きこもりの若者(ハンドルネーム コモロウ)横浜に住む壮年の男(ハンドルネーム フウイ)との会話や議論を通じて目標に向かって進んでいく物語。

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 ゼロからはじめる島津大河誘致
作者名 郭隗の馬の骨
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 都城 宮崎県 鹿児島県 、宮崎 鹿児島 島津義弘 島津義久 祭り インターネット 戦国島津 光栄 現代ファンタジー 戦国武将総選挙 日置 地方創生
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月12日 17時34分
最終投稿日 2020年10月21日 1時00分
文字数 260,930文字
ブックマーク登録 40件
コメント/スタンプ 1,270件
応援ポイント 494,185pt
ノベラポイント 939pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 少女達の異能捕縛劇 くたばれ無敵チート

    ♡142,674

    〇28,255

    現代/その他ファンタジー・連載中・45話・167,500字 兎野熊八

    2020年10月17日更新

    【《チート》とは、卑怯者の意味である 】 大正初期、世界を一変させる事件が片田舎の校舎から始まった。 学び舎に通う少年少女が突如として神の国、異世界へと姿を消し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、神宿し事件『異世界問題』が発生。 たった一人の能力者が国家すら揺るがす程の破格の能力《チート》 これら能力者達を他国に悪用されないためにも誰かが彼ら、彼女らを護る必要があった。 大正九年、異能者による異能者達の、捕獲、保護、管理を旨とする国家運営組織、『国立御影学園生徒会』が発足。 それから100年後、現代、日本。 異世界対策特殊図書委員に所属する、 過去に二つの異世界を救った、 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 獣神の乙女、金髪巨乳の男勝り、『皇之火色《きみのひいろ》』 省エネ主義の守銭奴無口少女、 『ピーシー』 三人の乙女達は異世界へと姿を消した少年少女達を命懸けで救出する日々の中、 この夏、長い片想いの末、ついに意中の彼への告白を決意するメクルだったが……。 告白を目前に異世界へと消えた思い人、それと同時に現れた、異能者『レイズデッド』の帰還により、 前代未聞の夏が始まる。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合 乙女×能力×捕縛劇 これは誰かの現実を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

  • 友情×青春×勝利≒少年◯ャンプ

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・2話・5,591字 緋色

    2020年10月21日更新

    「僕達と同じ、半端者さ」 僕、真白忍はとある才能と感情を失った、半端者である。 これは、そんな僕が無くしたものを取り戻す物語であると同時に、これ以上の被害者を増やさぬべく、奔走する愚者の物語である。 愛されたい、友達が欲しい、勝ちたい。 友情×青春×勝利の物語です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 忘れた頃にやってくる

    ♡1,000

    〇120

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話・84,470字 黒月水羽

    2020年10月21日更新

    高校に入学してからいくつかの事件に遭遇した七海。 いつの間にか謎の部活動まで始めることになった七海たちの元に新たな事件が舞い込む。 幼なじみの様子がおかしいから調べてほしい。内容としては簡単なそれが、いつの間にか山の歴史、彰の過去に関わる問題へと発展していく。

  • 願いを叶える龍を巡る戦い

    ♡1,000

    〇30

    現代/その他ファンタジー・連載中・21話・57,982字 天生 諷(あもう ふう)

    2020年10月21日更新

    『時忘れの龍の存在を抹消しなさい』 いつになく強い口調で、セリスはカルトに告げた。 どんな願いでも叶えると言われる龍。 その龍の復活に合わせ、『妖魔攻撃隊』、『特務隊タカマガハラ』、そして、名無しと名乗る謎の少年が一堂に会する。 過去に飛ばされたカルトは、龍の巫女となる少女、夏美とである。あと二日で散る命。彼女を救いたい、そう思うカルトの前に、白河麟世の兄、白河弥彦が登場する。 封印されたカルトの記憶が甦る。 過去を変えたい。そう思うカルトは、時忘れの龍の前に立つが、その圧倒的な力はカルトを凌駕していた。 妖魔攻撃隊、タカマガハラ、そして白河弥彦。名無しにカルト。あらゆる人物の思いが交錯し、過去から現在へと物語は繋がる。