文芸/純文学 短編 完結済

AIは知っていた

作者からの一言コメント

それはもう少し、未来の話。

「あなたは医者」 「あなたは教師」 「あなたは小説家」  今よりもう少し未来、少年少女の夢は、AIによって決められたいた。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 AIは知っていた
作者名 かぎしっぽ
ジャンル 文芸/純文学
タグ AMG夢コン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月7日 7時06分
最終投稿日 2020年9月7日 7時07分
文字数 1,584文字
ブックマーク登録 4件
コメント 8件
スタンプ 9件
ビビッと 1件
応援ポイント 6,400pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 転生の前に広がる、狭間の世界へようこそ。

    ♡239,250

    〇1,498

    異世界ファンタジー・連載中・29話・78,636字 南方 華(みなかた はる)

    2020年10月28日更新

    少年が目を開けると、そこは、薄暗く狭い「棺」の中だった。 身体を起こすと、白髪に赤い瞳の少女「テンシ」が隣に座り、にこにこと微笑んでいた。 彼女は言う。 「ここは突然の事故や病気などで、不幸にも命を落とした方が稀に流れ着く先であり、再び転生する為の様々な準備が出来る、死と生の狭間にある世界なんです」と。 悲しい死の後に横たわる狭間の世界で、少年と少女は出会い、新たなる生へ向け、不思議な日々を過ごしていく。

  • 少女達の異能捕縛劇 くたばれ無敵チート

    ♡152,074

    〇29,455

    現代/その他ファンタジー・連載中・46話・170,098字 兎野熊八

    2020年10月26日更新

    【《チート》とは、卑怯者の意味である 】 大正初期、世界を一変させる事件が片田舎の校舎から始まった。 学び舎に通う少年少女が突如として神の国、異世界へと姿を消し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、神宿し事件『異世界問題』が発生。 たった一人の能力者が国家すら揺るがす程の破格の能力《チート》 これら能力者達を他国に悪用されないためにも誰かが彼ら、彼女らを護る必要があった。 大正九年、異能者による異能者達の、捕獲、保護、管理を旨とする国家運営組織、『国立御影学園生徒会』が発足。 それから100年後、現代、日本。 異世界対策特殊図書委員に所属する、 過去に二つの異世界を救った、 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 獣神の乙女、金髪巨乳の男勝り、『皇之火色《きみのひいろ》』 省エネ主義の守銭奴無口少女、 『ピーシー』 三人の乙女達は異世界へと姿を消した少年少女達を命懸けで救出する日々の中、 この夏、長い片想いの末、ついに意中の彼への告白を決意するメクルだったが……。 告白を目前に異世界へと消えた思い人、それと同時に現れた、異能者『レイズデッド』の帰還により、 前代未聞の夏が始まる。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合 乙女×能力×捕縛劇 これは誰かの現実を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る