盤面は朦朧

読了目安時間:2分

前へ

目次

次へ

毎日眠くて困ってしまう

 表。裏返して、裏側。それを裏返して、さらに裏返して、限りなく裏返し続けても、目を離すとただの裏側に戻っている。  表に戻らないのだけは温情なのだろう。しかし、限りなく裏側に近付いたと思ったにも関わらず「ただの裏側」に戻ってしまっているのは無慈悲であると思う。  そう。  無慈悲なのだ。  羊は。  夢を見ていたと思ったら現実になり、現実だと思ったら夢になっている。  起きているときは夢の記憶に悩まされ、寝ているときは現実に苦しめられる。  こんなに行き来してほしいなんて誰が頼んだだろうか。少なくとも俺は頼んでいない。羊が勝手にやっている。  だがまあ本当に羊がやっているのかどうかは知らない。羊自身に聞くと案外「私は夢を見せているだけですよ」なんて言うのかも。  けれどもそれ以外にこの事象の原因を求める相手もいないので、便宜上、羊のせい、ということにしているのだ。  しかしそう考えているのだってどの「俺」なんだかわからないし、今の「俺」にできることは「羊にも困ったもんだよ」と頭をかいて見せるぐらいのもの。  それ以上のことをやろうと考えたって実現できないし、考える側から裏側に戻って行ってしまうのでまとまらない。思考を捉えることが不可能になっている。  なのでこうして書いている。紙の上に記したことなら読み返せるし、紙の上にあることならば書いた傍から霧散していったりはしないからだ。  しかしそれだってうまい手なのかはわからない。  夢の中にいるときは紙に文字を書いても書けなかったり、書いても書いても別の文字が記されていったりしてうまくいかなかったりする。それも夢だと気付かずに焦って何度も繰り返す。  ではうまく書けたらそこは夢じゃないのかというとそれも明らかではないのが困りどころ。うまく書ける夢を見ているだけかもしれないからだ。  夢は気まぐれ、羊も気まぐれ。結局のところ、それが表なのか裏なのか裏の裏なのか、もっと奥深くの裏側なのかを判断する方法はないのかもしれない。  とにもかくにも俺は書いている、  が。  視界に捉えきれなくなった文字は思考から消えていく。  最初から読み返そうとしても、今度は後ろの文字がわからなくなっていく。  どうなっているのか、それは俺が一番知りたい。  こんな頭に誰がした?  どうなってるんだ、なあ羊。  けれども俺が頼る先は結局羊しかおらず。  羊のことがわかるのは羊しかいないから。  専門家でもいたならまた違ったのかもしれないが、俺にしか見えない羊を取り扱える者が他にいるとも思えないし実際いなかったので自分でやるよりほかはない。  なのでこうして書いている。  現実なんだか夢なんだかわからない裏側を、はっきりさせる度にひっくり返る世界を、せめて羊と俺にだけは示しておこうと書いている。  今日も。

前へ

目次

次へ

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 阿賀沢隼尾(あがにゃん)140字小説短編集2

    Twitterで呟いた140小説置き場

    1,200

    0


    2021年6月22日更新

    Twitterで呟いた140字小説置き場です。 読者様の琴線に触れたものが少しでもあれば嬉しいです。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 金借りの手紙

    金に困る君と君に困る僕。

    8,101

    0


    2021年6月22日更新

    木浪はある日、小学校時代の親友、名倉から手紙を貰う。頼むから金を貸してくれ、と。怪しんだ木浪は名倉に生活ぶりを訊く。すると文通は始まってゆく・・・ 最初は二話公開、そこから少しづつ連載していきます。 100PV達成しました!大感謝です! 残酷描写が出てこないことを発見しましたので、セルフレイティングは外しました。期待されていたらすみません。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ヨミガラスとフカクジラ

    全てを失った英雄を廻る、奇妙な運命。

    48,600

    50


    2021年6月19日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中連合都市“バラクシア”の首都、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

    読了目安時間:7時間40分

    この作品を読む

  • 境界線上の魔王

    剣と魔法のやや不穏なファンタジーです

    301,450

    12,240


    2021年6月20日更新

    ヒトとヒトならざるモノが息づく大陸、アルティア。 ある日、この大陸を東西に横切る大河が、天を貫く魔法の壁に姿を変えた。 なぜ、何のために産まれたのかはわからない。近づくものの魔力を命ごと飲み込んで佇むその壁は、のちに『境界線』と呼称されるようになり、長きにわたって異種間の交流を断絶した。 境界線を恐れたヒトは、許可なくこの壁に触れることを厳罰化し、この壁の魔力に抵抗しうる才のある者に『聖騎士』の称号を与え、壁の先への渡航と調査を認可した。 ……時は流れ、現代。 行方知らずとなっていた先代聖騎士の捜索のため、聖騎士クリスティアが三度目の渡航を終えたその夜。 凱旋式の喧噪のさなか、彼女はひとりの剣士と対峙することとなる。 ※小説家になろう様にて、同様の内容で掲載させていただいております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間0分

    この作品を読む