連載中 短編

沈黙少年と謎の迷子

作者からの一言コメント

不思議な世界をさ迷うお話。

「本当にごめんね。許してなんて言えないよ。ただ、もし願いを叶えてくれるなら……」 耐えがたい眠気に逆らって僕は目を覚ました。 自分が何者か分からない。ここがどこかも分からない。 目の前には息を呑むほど美しい光景が広がっているだけだった。 立ってるだけじゃ何も変わらない、と僕は一歩踏み出した。 不思議な世界をさ迷う「僕」。 はしゃいだり、驚いたり、感動したり。 「僕」と一緒に旅をしてみませんか。 ※全10話です。 ※第3話以降は月・水・金 午前7時に更新します。 ※感想やスタンプをいただけたら嬉しいです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 沈黙少年と謎の迷子
作者名 径楓
ジャンル 文芸/純文学
タグ ノベプラオンリー 和風 迷子 幻想文学 純文学
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年5月15日 18時00分
最終投稿日 2020年5月29日 7時00分
文字数 13,622文字
ブックマーク登録 6件
コメント/スタンプ 22件
応援ポイント 6,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 不思議な世界に迷い込むお話です

    ♡300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・26話 齋藤月子

    2020年5月31日更新

    ある日、絵を描くのがつまらなくなってしまった。これまでずっと楽しめていたものがつまらなくなってしまった。このまま何もかもつまらなくなってしまったらどうしよう。恋人のユーマ君と話すのは楽しいから、きっと何もかもがつまらなくなってしまったわけではない。 それでもどこか得たいのしれない静けさに、何かしなければならないと思った私は小説を書くことにした。誰にも話したことがないけど小説を書くのもずっと好きで、もしこれが楽しくなくなっていたらそれは一大事だ。 気がついたら、設定も何も考えずに適当に書き始めた物語の世界にいた。 私はどうにかして帰るべく、主人公を追いかけることにした。

    タグ:

    女主人公

  • 他サイトにて投稿した作品です

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話 こま

    2020年5月31日更新

    流星群の夜をテーマに書きました。 ───いつも通りだったら気づかなかったもの、自分と同じように誰かも今必死に頑張っている