ゆうほれ~勇者よ、惚れてしまうとは何事だ

第25話 轟け、我らクレーマー戦隊

 我らがソフィさんは既にブラックモードに突入している。 「何故、リーダーが勇者になったから、ギルドから登録を抹消されなければならないのですか? 懇切丁寧な説明をお願いいたします」 「そっ……それは、昔からそういう決まり事がありまして」 「決まり事? 誰が決めたのですか? 国王ですか?」 「いえ。先々代のギルドマスターから引き継いでおります」 「おや? それは可笑しいですねぇ……パレンザ!」  振られた、パレンザの丸眼鏡がキュピーンと光り出した。 「はい。私はギルド登録の契約内容を全て暗記しておりますが、勇者の称号を与えられると登録が抹消されてしまうとは一文も記載されておりません」  流石、エリュシオンの賢者だ。隅々な所まで無駄に記憶している。 「では、貴方達が勝手に取り決めたことなのですね」  ソフィの華奢な身体から、ゴゴゴゴゴゴと不屈の闘気が充満し湧き溢れ出す。  神の名において裁きの時が迫っている。 「まっ、待ってくれ! 他にもちゃんとした理由があるんだよぉ!」 「聞きましょう」 「そ、それは俺達のような冒険者ギルドが、国王から聖騎士(パラディン)の称号を受けた偉大な勇者様に安々とクエストを依頼できるわけがないじゃありませんかぁ!」 「一理あります。ですが、それはリーダーが自分の意思で決めること。貴方がたが云々いうお話ではありません! ましては、本人の了承なく勝手に登録を抹消するとは何事ですかぁぁぁ!!!」 「ひぃぃぃっ」  ソフィの迫力に、ヴォルドは恐怖で身体がのけぞった。  我がパーティ最強を誇る「ソフィ砲」の炸裂であります。 「登録契約書に記載されてなければ、これは無効ですよ。なんだったら法廷にかけても良いですよ~。但し興味深いことになりますねぇ、ハイ!」  無駄知識のマッドサイエンティスト、パレンザ。 「ひどい! 全然、理由になってない! そんなので、お兄ちゃんから大切な仕事を奪わないでぇ!」  被害者の家族として演出してくれる我が可愛い妹、ヒヨリ。 「パレンザとヒヨリの言う通りです! このような理不尽がまかり通るワケがございません! いまに必ず神の鉄槌が貴方達に下ることでしょう!」  既に自分が鉄槌を下していることに気づかないブラックモード、ソフィ。  ふふ。どうよ、我がパーティ最強の「クレーマー戦隊」の破壊力は……。  まだだ、まだこんなもんじゃ終わらないぜぇ。  俺がトドメの言葉を発したら、それこそヴォルドのおやっさん、あんたは一貫の終わりさ。  せいぜい、足掻き苦しむがいい。  そして後悔するのだ。  (おの)が適当さをなぁ。  おや?  俺って、しばらくぶりに厨二病全開だった頃の「闇属性設定の良雅」に戻っているじゃあないか。  そんなクレーマー戦隊の怒涛の勢いが影響なのか、いつの間にか後ろにいた冒険者達全員が姿を消していいることに気づいた。  あれ? あいつら、確かS~Aランクだったよなぁ。  みんなそれ程、ソフィさんにビビってしまっていたということか……恐るべし、ブラック・ソフィ。  ギルドマスターのヴォルドは祈りを捧げるように両手を組み、ソフィに許しを請っていた。 「もう勘弁してください~!」 「勘弁してほしいと思う気持ちがあるのであれば、今すぐリーダーの登録を戻すべきです。貴方はギルドマスターです。それが可能な筈です」 「そっ、それが一度登録を消された冒険者が再登録した場合は、初めのランクに戻ってしまうことになります……ですが、これは俺が決めた事ではございません! 全国々のギルド連合会で取り決めたことです! 勿論、国王陛下もご存知の決まりごとです!」  ヴォルドの言動に、ソフィはパレンザを一瞥した。  パレンザの丸眼鏡がまたキュピーンと輝いた。 「確かに登録契約書にそのような記載がございました」 「ほっ」 「但し、それは冒険者が一度自分から契約を取り消した場合と、契約内容に反した場合や法を破るなど罪を犯した場合などの理由で一度登録を抹消された者に限られ、そのペナルティーとして再登録した場合によると記載されておりました」 「さて、私達のリーダーはどこに該当されるのでしょう? ヴォルドさん」  ソフィはにっこりと微笑んだ。  うん、やっぱり目が笑ってないぞ。 「自分達で勝手に、お兄ちゃんの登録を抹消しておいて、またゼロからやれっていうの? 酷い! 本当、いい加減!」  その通りだ、ヒヨリ。  こいつ昔っからそういう、ちゃらんぽらんな男なんだよ。  普段はごっつい割には気のいい、ただのおっさんなんだが。 「ヒヨリの言うとおりです。これは重大ですよ! 何せ国王が選んだ勇者を犯罪者として扱ったのと同じなのですから! 貴方個人の反逆罪で済めば宜しいのですが……」 「は、反逆罪!?」 「興味深い。まずこのギルドは終わりですねぇ。従業員も全員取り締まられるかもしれません。ギルドマスターの首だけでは済まないことですからねぇ……いゃぁ、興味深い」 「く、首ぃ!?」 「そう、ちょんぱよ! お兄ちゃんに詫びながらね!」 「ひぃぇぇぇぇっ!!!」    ヴォルドの顔が青ざめ、ごっついおっさんは完全に怯えきっている。  クレームが段々恐喝まがいになってきたので、何か可哀想にも思えてくる。  昔のよしみだ。  少し助け舟を出してやるか。 「おやっさん。俺が勇者になる前までの登録でもいいから戻せないの?」 「もともと勇者という職種自体がギルドには存在しないんだよ、リョーさん。勇者は国王が選抜して決められる称号、いわば名誉職だ。だから、普通は聖騎士(パラディン)として国に仕えたり、そのぅ……」 「あれ、なんで急に黙んまるの? どうして何も言わないの?」 「はっきり言ってください。ヴォルドさん」  急に口を噤むヴォルドに、ソフィは強い語尾で問いただす。  その瞬間、びくんと大男の身体が跳ね上がった。   「は、はい! 勇者とは国王の姫君と婚約して次期国王となり得るお方であるからであります!」 「「「「 な、なっ何ぃーっ!!!? 」」」」  ヴォルドの発言に俺達全員が驚愕した。  何、ぶっちゃけたこと言ってんの、こいつ!? 「お兄ちゃんが、結婚!? あのお姫様と……絶対にあり得ない!」  そうそう、ヒヨリ。あり得ない、無理無理無理無理。 「あのような姫様と……リーダーが……なんて汚らわしい!」  いや、そこまで言わなくてもいいだろ、ソフィ。 「興味深い! 興味深いですよぉ! リーダーとフェリーチェ姫が結婚とは……果たしてどんな夫婦生活を営むんですかねぇ、ハイ!?」  パレンザ! お前は一体どこに興味を示してるんだよぉ!?  しかし俺とあのフェリーチェ姫が結婚だと?  冗談じゃない。俺はそのために勇者になったんじゃねぇや!  第一、俺にはもう、ラミさんというとってもキュートな彼女がいるんだ!  俺とラミさんの「ラブラブ・イチャイチャ・スローライフ生活計画」を邪魔するっていうのなら、昔のよしみでも容赦しないぜ!  リョーさん。全部、言っちゃうね!  トドメの言葉を―― 「もういいよ!」  俺は突然声を張り上げて言った。 「「 リーダー? 」」 「お兄ちゃん?」  仲間達が一斉に俺に視線を送る。 「……もういいよ。みんな……ありがとう」  俺は口元を押さえて嗚咽を漏らした。 「お兄ちゃん、泣かないで!」 「そうです、リーダー! 貴方が泣く必要はありません!」 「だって……だってさぁ。お、俺ぇ、世界を平和にしたくて勇者になって、みんなと一生懸命戦ってクエスト達成したのに……なのに……なのに、あの姫と結婚だなんて……」 「確かにその結果が、そんな仕打ちだったら、誰だって堪ったものじゃないですねぇ、ハイ」  俺の嘘泣きっぷりに仲間達は温情を寄せてくれる。  そうそう、これよこれ……。  俺が欲しかったシチュエーションは。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 大正むすめ

    寿甘(すあま)

    ♡300pt 〇100pt 2019年9月14日 17時51分

    ここまで言われる姫が気になって仕方がない。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    寿甘(すあま)

    2019年9月14日 17時51分

    大正むすめ
  • ステラ

    沙坐麻騎

    2019年9月14日 20時20分

    寿甘様、応援ポイントとノベルポイントありがとうございます!もうすぐ読み進めていただけると登場いたします。ある意味で最強といえる存在ですwいつもありがとうございます~(≧▽≦)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    沙坐麻騎

    2019年9月14日 20時20分

    ステラ
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    ありしうす

    〇50pt 2019年8月23日 23時24分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    頑張ってくださいね

    ありしうす

    2019年8月23日 23時24分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ステラ

    沙坐麻騎

    2019年8月24日 1時47分

    ありしうす様、ノベルポイントありがとうございます! いつも応援嬉しいです!テンション上げて頑張って参ります(≧▽≦)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    沙坐麻騎

    2019年8月24日 1時47分

    ステラ
  • ステラ

    不知火桃

    ♡200pt 2019年8月23日 23時46分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    不知火桃

    2019年8月23日 23時46分

    ステラ
  • ステラ

    沙坐麻騎

    2019年8月24日 1時45分

    不知火桃様、応援ポイントありがとうございます! 頑張って参ります~(≧▽≦)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    沙坐麻騎

    2019年8月24日 1時45分

    ステラ
  • 探偵

    ファル

    ♡100pt 2019年10月5日 0時52分

    俄然姫さまのキャラクターに興味が出てきました( ´∀`)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ファル

    2019年10月5日 0時52分

    探偵
  • ステラ

    沙坐麻騎

    2019年10月5日 5時04分

    ファル様、応援ポイントありがとうございます! ある意味で最強といえる存在です(^^)もうじき登場いたします~(≧▽≦)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    沙坐麻騎

    2019年10月5日 5時04分

    ステラ
  • 土偶

    ヨシコ

    ♡100pt 2019年8月23日 12時20分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    お慕い申し上げます

    ヨシコ

    2019年8月23日 12時20分

    土偶
  • ステラ

    沙坐麻騎

    2019年8月23日 14時51分

    ヨシコ様、応援ポイントありがとうございます! いつも大変感謝しております~(≧▽≦)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    沙坐麻騎

    2019年8月23日 14時51分

    ステラ