完結済 長編

こちら内閣府異世界通行管理局管理一課です

作者からの一言コメント

異世界に渡らない系ファンタジー

二〇二〇年九月、二回目の東京オリンピックが終わったまだ暑い夏の日のことだった。 突如、世界中に異世界との通行ができる魔法陣が出現したのだ。各国は自国内の対応に追われ、特に日本は渋谷のスクランブル交差点に出現した巨大魔法陣、これだけはどうやっても消すことができず、途方に暮れていた。そんな折、異世界から来た一人の『精霊』を名乗る女性が巨大魔法陣を『管理するために』現れる。かくして、ここに特例的に精霊をトップとする内閣府異世界通行管理局が設立された。 それから二年と約半年後。主人公上田稔は内閣府異世界通行管理局に異動となる——。 異世界渡航を管理する公務員、お仕事です! ※「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」にも投稿中

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
こちら内閣府異世界通行管理局管理一課です
作者名
F。
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年5月17日 19時34分
最終投稿日
2019年12月10日 17時21分
文字数
434,233文字
ブックマーク登録
80件
コメント/スタンプ
546件
応援ポイント
281,960pt
ノベラポイント
615pt
応援レビュー
0件